米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
桜&若葉
帝人
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 05月 05日 ( 17 )
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・36
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・36~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<亀甲町広場の露店・りんご直売所から駐車場へ>

c0075701_1393113.jpg


<青森りんご美人>
c0075701_1393673.jpg




c0075701_1393489.jpg


<公園周辺の市役所から岩木山を望む>
c0075701_1392835.jpg




c0075701_1392521.jpg


<さらば弘前、郊外のガソリンスタンドから岩木山に別れを惜しむ>
c0075701_1392358.jpg




c0075701_1392078.jpg




c0075701_1391873.jpg


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:22 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・35
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・35~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<北門・亀甲門から公園の外へ>

c0075701_129756.jpg




c0075701_12958.jpg




c0075701_1285930.jpg




c0075701_1285555.jpg




c0075701_1285243.jpg




c0075701_1285076.jpg

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:19 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園 ・・・・34
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園 ・・・・34~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<北の郭から四の丸へ、天守を望む>

c0075701_1192973.jpg




c0075701_1192616.jpg




c0075701_1192385.jpg




c0075701_1192152.jpg




c0075701_1191935.jpg




c0075701_1191663.jpg

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

願わくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:17 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・33
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・33~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<北の郭から四の丸へ、天守を望む>

c0075701_0551171.jpg




c0075701_055938.jpg




c0075701_05575.jpg




c0075701_055565.jpg




c0075701_055241.jpg




c0075701_055012.jpg


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:14 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・32
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・32~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<北の郭>

c0075701_0405743.jpg




c0075701_0403060.jpg




c0075701_0402732.jpg




c0075701_040255.jpg




c0075701_0402259.jpg




c0075701_0401964.jpg


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:11 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・31

~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・31~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<北の郭>

c0075701_0255091.jpg




c0075701_0254831.jpg




c0075701_0254792.jpg




c0075701_0254451.jpg




c0075701_0254170.jpg




c0075701_0253919.jpg


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:07 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・30

~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・30~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<鷹丘橋から北の郭へ>

c0075701_017102.jpg




c0075701_017688.jpg




c0075701_017362.jpg




c0075701_017125.jpg




c0075701_0165842.jpg




c0075701_0162694.jpg

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:05 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・29
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・29~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<本丸から鷹丘橋>

c0075701_00885.jpg




c0075701_00427.jpg




c0075701_00026.jpg




c0075701_2359569.jpg




c0075701_2359533.jpg




c0075701_23595096.jpg




<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:02 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・28
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・28~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<本丸>

c0075701_2257418.jpg




c0075701_22565795.jpg




c0075701_23482643.jpg




c0075701_22564289.jpg




c0075701_22472379.jpg




c0075701_22464855.jpg

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規


≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 21:00 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・27
~桜花爛漫、さくらまつりの史跡・弘前公園・・・27~

 青空と桜、残雪の岩木山と桜、天守と下乗橋と桜。桜は相手を引き立て、自分が耀く。
さくらまつりの史跡・弘前公園は今年見る最後の桜。あまりの美しさに息を呑み、暫し動けず。
時期、天候、健康に恵まれただけでなく、この美しい桜を見ることができたのは、いろんな方のお陰と心より感謝する。

<本丸から岩木山をバックに写す>
c0075701_22253160.jpg



c0075701_22252740.jpg




c0075701_22252371.jpg




c0075701_22251992.jpg



c0075701_22251992.jpg





c0075701_22251431.jpg





c0075701_2225993.jpg


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」


<弘前城の桜を詠む 1.>

さくら狩り

弘前城址

風光る


<弘前城の桜を詠む 2.>


弘前や

さくらに染まる

わが心

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-05 20:56 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)