米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
帝人
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 01月 03日 ( 17 )
米沢駅&周辺の雪景色:2018.1.3 午後・・・2
~米沢駅&周辺の雪景色:2018.1.3 午後・・・2~

2018年1月3日20時の積雪深さ:77㎝
           累積積雪量:230㎝
c0075701_21430610.jpg
c0075701_21425540.jpg
c0075701_21424352.jpg
c0075701_21422915.jpg
c0075701_21422065.jpg
c0075701_21420653.jpg
c0075701_21403245.jpg
c0075701_21400228.jpg
c0075701_21394030.jpg
c0075701_21392744.jpg
c0075701_21392744.jpg
c0075701_21391345.jpg
c0075701_21385646.jpg
c0075701_21383100.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 21:40 | 米沢賛美 | Trackback | Comments(0)
米沢駅&周辺の雪景色:2018.1.3 午後・・・1
~米沢駅&周辺の雪景色:2018.1.3 午後・・・1~

2018年1月3日20時の積雪深さ:77㎝
           累積積雪量:230㎝

c0075701_21341102.jpg
c0075701_21335711.jpg
c0075701_21334950.jpg
c0075701_21334098.jpg
c0075701_21332356.jpg
c0075701_21325234.jpg
c0075701_21324126.jpg
c0075701_21322045.jpg
c0075701_21321191.jpg
c0075701_21315455.jpg
c0075701_21314755.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 21:35 | 米沢賛美 | Trackback | Comments(0)
米沢スキー場へ・2
~米沢スキー場へ・2~

2017.1.2 米沢スキー場へ。
先発スキー組の長男と次男はそれぞれ長女と長男を連れて米沢スキー場へ。
8時~14時までの半日リフト券でスキーを楽しむ。
後発そり組の長男の嫁さんと次女は、映画。妖怪ウォッチ シャドウサイド鬼王復活を観て、昼食を食べてから出発。私は後発そり組。

<米沢スキー場風景>
青空が顔を出し、リフトは待ち時間がなく、絶好のスキー日和。
そり遊びの見守り後、スキー組の滑走を撮影しようとするも、なかなか見つけられず、
滑走後に即、リフト乗り場に直行するのでチャッターチャンスがない。
c0075701_15123659.jpg
c0075701_15121093.jpg
c0075701_15150851.jpg
c0075701_15144029.jpg
c0075701_15160584.jpg
c0075701_15154858.jpg
c0075701_15171489.jpg
c0075701_15170026.jpg
c0075701_15164859.jpg
c0075701_15182789.jpg
c0075701_15134246.jpg
c0075701_15195519.jpg
c0075701_15133432.jpg
c0075701_15221111.jpg
c0075701_15213470.jpg
c0075701_15211925.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 15:24 | 孫育て・子育て | Trackback | Comments(0)
米沢スキー場へ・1
~米沢スキー場へ・1~

2017.1.2 米沢スキー場へ。
先発スキー組の長男と次男はそれぞれ長女と長男を連れて米沢スキー場へ。
8時~14時までの半日リフト券でスキーを楽しむ。
後発そり組の長男の嫁さんと次女は、映画。妖怪ウォッチ シャドウサイド鬼王復活を観て、昼食を食べてから出発。私は後発そり組。

<米沢スキー場風景>
青空が顔を出し、リフトは待ち時間がなく、絶好のスキー日和。
私は長男の嫁さんと一緒に姪がそりに乗るのの見守りも、姪は1回しか乗らず。昨年は数えられないほど乗ったというのに。映画鑑賞?の疲れか。
c0075701_15002814.jpg
c0075701_15005515.jpg
c0075701_15013864.jpg
c0075701_15003847.jpg
c0075701_15001928.jpg
c0075701_15000580.jpg
c0075701_14595512.jpg
c0075701_14593493.jpg
c0075701_15041506.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 15:06 | 孫育て・子育て | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・13
あけましておめでとうございます

             2018年 元旦


~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・13~


<神武天皇聖蹟菟狭顕彰碑>

c0075701_1764736.jpg

c0075701_1764176.jpg



<種田山頭火の石碑>

 種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。
c0075701_17205047.jpg

c0075701_17204570.jpg

c0075701_17204296.jpg

c0075701_17203724.jpg

c0075701_17202737.jpg

c0075701_1720598.jpg


【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

   「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

   「息長帯姫命」

≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親しまれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。

       「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 10:49 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・12
あけましておめでとうございます
        2018年 元旦


~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・12~

<神宮を後に>

c0075701_16524557.jpg


c0075701_16532519.jpg

c0075701_16523754.jpg

c0075701_16531710.jpg

c0075701_1652287.jpg

c0075701_16531022.jpg

c0075701_16522468.jpg

c0075701_16521852.jpg

c0075701_16521050.jpg

c0075701_1652655.jpg


【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

   「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

   「息長帯姫命」


≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示

顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年

(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日

本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬され

てきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造

は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂

(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第

二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親し

まれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道

を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、

宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に

指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。
         「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 10:34 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・11
あけましておめでとうございます

          2018年 元旦

~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・11~

<外宮を後に>
c0075701_14405936.jpg


c0075701_14405464.jpg


c0075701_14405061.jpg


c0075701_14404724.jpg


c0075701_14404328.jpg


c0075701_14403780.jpg


c0075701_14403479.jpg



【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

   「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

   「息長帯姫命」

≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親しまれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。

     「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 10:26 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・10
あけましておめでとうございます

       2018年 元旦


~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・10~

<外宮を参拝する>

c0075701_14352226.jpg



c0075701_14351932.jpg


c0075701_14351494.jpg


c0075701_14351131.jpg


c0075701_1435984.jpg


c0075701_1435521.jpg


c0075701_1435265.jpg


c0075701_14345870.jpg


 


【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

       「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

       「息長帯姫命」

≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親しまれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。
     「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 10:02 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・9
あけましておめでとうございます

             2018年 元旦

~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・9~

<外宮へ>
c0075701_14113411.jpg


c0075701_14112773.jpg


c0075701_14112079.jpg


c0075701_1411475.jpg


c0075701_14105641.jpg


c0075701_14104344.jpg



【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

   「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

   「息長帯姫命」

≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親しまれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。

   「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 09:58 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・8
あけましておめでとうございます

        2018年 元旦


~八幡総本宮・宇佐神宮を参拝する・・・8~

<内宮・本殿を参拝後、外宮へ>
c0075701_1425854.jpg


c0075701_1425727.jpg


c0075701_1425129.jpg


c0075701_1425261.jpg


c0075701_1424543.jpg


c0075701_1424681.jpg


c0075701_1423951.jpg


c0075701_1423447.jpg



【宇佐神宮の由緒】


≪御祭神≫ 

一之御殿 八幡大神 

   「誉田別尊(応神天皇)」

二之御殿 比売大神 

   「多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命」

三之御殿 神功皇后 

   「息長帯姫命」

≪八幡さまの総本宮≫

 八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

≪創 建≫

 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

これが宇佐神宮の創建です。 

≪二之御殿の造立≫

 宇佐の地は畿内や出雲と同様に早くから開けたところで、神代に比売大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。比売大神様は八幡さまが現われる以前の古い神、地主神として祀られ崇敬されてきました。八幡神が祀られた6年後の731年(天平3年)に神託により二之御殿が造立され、宇佐の国造は、比売大神をお祀りしました。

≪三之御殿の建立≫

三之御殿は神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。神功皇后は母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされており、そのご威徳が高くあらわれています。

≪皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬≫

 八幡大神の御神徳は強く顕現し、三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏建立の協力や、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで特に有名です。皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。また、一般の人々にも鎮守の神として広く親しまれてきました。
 
≪本殿は国宝≫

 八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称(たた)え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。千古斧(おの)を入れない深緑の杜(もり)に映える美しい本殿は国宝に指定されており、総本宮にふさわしい威容を誇っています。

     「宇佐神宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-03 09:55 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)