米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
帝人
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 01月 14日 ( 6 )
セレンディピティー:吉田松陰の創造性の教育
~セレンディピティー:吉田松陰の創造性の教育~

◇ 吉田松陰は「師が弟子を生かす教育ではなく、師が弟子の中に生きる教育」を松下村塾で実践させたのである。これこそ、個性を尊重した、人間存在の創造性の教育である。
    
時実利彦著  人間であること 岩波新書より


c0075701_06134991.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 17:30 | セレンディピティーについて | Trackback | Comments(0)
史跡 湯島聖堂・・・2
~史跡 湯島聖堂・・・2~

史跡・湯島聖堂
 

湯島聖堂(ゆしませいどう)は、東京都文京区湯島一丁目にある史跡。江戸時代の元禄3年(1690年)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となった。JR中央線御茶ノ水駅聖橋口からでて、聖橋を渡り右手の森の中にあり、「日本の学校教育発祥の地」の掲示がある。

湯島天満宮(湯島天神)とともに、年間(特に受験シーズン)を通して合格祈願のために、参拝に来る受験生が訪れる。特に、合格祈願の鉛筆を買っていく受験生の姿が多く見受けられる。国の史跡に指定されている。

 湯島聖堂は、もと上野忍ヶ岡にあった幕府儒臣・林羅山の邸内に設けられた孔子廟(先聖殿)を元禄3年(1690)、五代将軍綱吉がここに移し、先聖殿を大成殿と改称して孔子廟の規模を拡大・整頓し、官学の府としたのが始まり。この時からこの大成殿と附属の建造物を総称して「聖堂」と呼ぶようになった。 
ウィキペディア フリー百科事典より

 現在のものは、大正12年(1923)9月1日関東大震災により、罹災、入徳門・水屋を残し全て焼失、これを斯文会が復興計画を立て、昭和10年(1935)に再建したものである。復興聖堂の規模結構すべて寛政9年当時の旧聖堂に拠り、木造であったものを耐震耐火のため鉄筋コンクリート造りとした。祀られる孔子像は、朱舜水亡命時に携えて来たものが大正天皇に献上されていたもを御下賜された御物である。 
昭和10年(1935)工学博士東京帝国大学伊東忠太教授の設計と㈱大林組の施工により、寛政時代の旧制を模し、鉄筋コンクリート造りで再建を果たしました。この建物が現在の湯島聖堂。

また、孔子を祀る祭典である釈奠(セキテン)は、江戸時代には春秋2回、現在では毎年4月の第4日曜日の午前10時より、神田神社神官により執り行っている。

c0075701_20403057.jpg

c0075701_2039259.jpg

c0075701_20385283.jpg

c0075701_20382273.jpg

c0075701_20381377.jpg

c0075701_203854.jpg

c0075701_20373917.jpg

c0075701_2037306.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 15:01 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
史跡 湯島聖堂・・・1
~史跡 湯島聖堂・・・1~

史跡・湯島聖堂
 

湯島聖堂(ゆしませいどう)は、東京都文京区湯島一丁目にある史跡。江戸時代の元禄3年(1690年)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となった。JR中央線御茶ノ水駅聖橋口からでて、聖橋を渡り右手の森の中にあり、「日本の学校教育発祥の地」の掲示がある。

湯島天満宮(湯島天神)とともに、年間(特に受験シーズン)を通して合格祈願のために、参拝に来る受験生が訪れる。特に、合格祈願の鉛筆を買っていく受験生の姿が多く見受けられる。国の史跡に指定されている。

 湯島聖堂は、もと上野忍ヶ岡にあった幕府儒臣・林羅山の邸内に設けられた孔子廟(先聖殿)を元禄3年(1690)、五代将軍綱吉がここに移し、先聖殿を大成殿と改称して孔子廟の規模を拡大・整頓し、官学の府としたのが始まり。この時からこの大成殿と附属の建造物を総称して「聖堂」と呼ぶようになった。 
ウィキペディア フリー百科事典より

 現在のものは、大正12年(1923)9月1日関東大震災により、罹災、入徳門・水屋を残し全て焼失、これを斯文会が復興計画を立て、昭和10年(1935)に再建したものである。復興聖堂の規模結構すべて寛政9年当時の旧聖堂に拠り、木造であったものを耐震耐火のため鉄筋コンクリート造りとした。祀られる孔子像は、朱舜水亡命時に携えて来たものが大正天皇に献上されていたもを御下賜された御物である。 
昭和10年(1935)工学博士東京帝国大学伊東忠太教授の設計と㈱大林組の施工により、寛政時代の旧制を模し、鉄筋コンクリート造りで再建を果たしました。この建物が現在の湯島聖堂。

また、孔子を祀る祭典である釈奠(セキテン)は、江戸時代には春秋2回、現在では毎年4月の第4日曜日の午前10時より、神田神社神官により執り行っている。

c0075701_20293264.jpg

c0075701_20292487.jpg

 
c0075701_202943.jpg

c0075701_20283053.jpg

c0075701_202841.jpg

c0075701_20275328.jpg

c0075701_20273192.jpg

c0075701_20272277.jpg

c0075701_20213696.jpg

c0075701_20205481.jpg

c0075701_20204068.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 14:47 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
忘れていたささやかな喜びを思い出させてくれる正月の3日間
忘れていたささやかな喜びを思い出させてくれる正月の3日間

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2018年1月14日(日)のテーマは、
『正月雑感』

 お正月が来るたびに、あらためて気がつくことがいくつかある。そのひとつは朝、窓を、まいにち開けた時から始まる。
 陽気な鳥たちのさえずりが耳に飛び込んでくる。こんなにたくさんの鳥たちが、毎日朝の訪れを告げているまずなのに、ふだんは気がつかない。
 窓から見える空が広く、大きくなったように感じるのは空気が澄んでいるためだろう。
 夜、空を見上げると星の数の多さに驚く。
 ふだんは隠れている自然が姿をあらわし、忘れていたささやかな喜びを思い出させてくれるのが正月の3日間だ。
 鳥の声を聴いたり、空を見上げたり、星を数えたり、昔の景色を創造する楽しみは、じんわりと心の中に広がって、心を温かくしてくれる。

c0075701_20283957.jpg
c0075701_20281304.jpg

c0075701_15123659.jpg
c0075701_15121093.jpg
【2017.12.24】

片付けの上手な人、下手な人~


毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年12月24日(日)のテーマは、
『年末の大掃除』

 片づけ上手な人とが下手な人がいる。片付けが上手な人は捨てるのも上手な人が多く、済んだもの、使わないもの、自分にとって不要なものを実に上手に、素早く捨てることが出来る人だと思う。
・・・・
 年の暮れ、今年は捨てるのでなく、誰かに使ってもらえるものを仕分けして、家の中を整理しようと思う。思いの込められたものや思い出のがあるもののなかから、その思いだけを心の中にしっかり整理してゆこうと思う。
c0075701_07295507.jpg

【2017.12.17】

クリスマスソング「ささやかなメリークリスマスを」~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年12月17日(日)のテーマは、
クリマスソング

 ジャズのライ ブ活動をしていてクリスマスはディナーライブをする。友人たちに好みの曲を聞くと「have yourself a merry little Christmas 」という曲があった。1944年「若草の頃」というアメリカ映画の中で歌われたヒット曲だ。戦争中で暗い気分が社会に漂う中、戦争に兵士としてかり出された家族や親しい友を想い、人々はこの曲を口ずさんだのだろう、と思う。
・・・・
世界中に何となく不安と疑心暗鬼が渦巻く中で今年のクリスマスライブはこの曲を祈りを込めて歌おうと思う。
c0075701_06193278.jpg
【2017.12.10】

心地よい働き方とは

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年12月10日(日)のテーマは、
『心地よい働き方とは』

<自分自身でしなければ解決しないこと>
≪自分に向いている仕事は何か?を真剣に見つけること

◇ 学生時代に見つける訓練や教育が大切
◇ 成人した後は、仕事を通してスキルや、人とかかわり方、自分と違う考え方の人と共存できる心のゆとりを少しずつ養ってゆくことが不可欠

<私にとって、心地よく働ける、心地よく生きる究極>
自分の仕事が大きな利益を生むものでなくとも、世間的な評価を受けるものでなくとも、
・誰かの役に立った時や
・書いたり、話したりした内容を
誰かが「ほっとした」と言ってくれた時である。
c0075701_08171539.jpg
【2017.12.10】

~異業種交流? 異人生交流で幸せを!~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年12月3日(日)のテーマは、
「タテ」か「ヨコ」か

ガス管整備、水道管整備などヨコの連携をとらずに工事がされている。

著者が所属する日本ポシティブサイコロジー医学会は幸せに生きる、ウェルビーイングについて研究する学会だ。医学者だけでなく物理学や環境学、心理学、社会学などの研究者はじめ、経済・経営の実務に携わっている方も参加している。11月末に「男女が共に心地よく働ける社会のために」というテーマでシンポジュウムを開き著者が調査報告をした後、全く異なる分野で活躍中の方々のパネルディスカッションを行った。・・・・
 興味を持ってくれる人が少なく、広報も思うとおりにゆかない。
 たまには「関係ない」と思われる分野に首を突っ込んだり、違う現場の人と語り合う機会をもったりすることが、視野と心を広げる手がかりにもなる。
c0075701_07144451.jpg


【2017.11.19】
~「早めの準備」とは?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年11月19日(日)のテーマは、
核シェルター』

<プールもある
核シェルター
c0075701_16391729.jpg
 アメリカでは、
核シェルターが売れているという。販売している企業の経営者は「何事も早めに対処して備えておくことが大事」という趣旨の発言をしており、それを聴きながら強烈な違和感を覚えた。
 「早めの準備」というのはシェルターを造ったり売ったりすることでなく、核による争いが起こらないよう働きかけをすることなのだろう。

【2017.11.12】
~体や心にかけている過剰な負担に気づこう!~
c0075701_07292277.png
毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年11月12日(日)のテーマは、
目に見えない借金』

 目に見えない借金、つまり体や心にかけている過剰な負担というのは、気がつくのが遅れることがしばしばなので要注意である。忙しい時やつらい時は、負担を感じないようにおさえているいるものなのだ。そうした時はいくつかのサインを目安にするといい。
・イライラして腹立たしい
・人はみんな楽をしているように見える
・食べていないのに空腹を感じない
・人と話したくない、うんざりした気分
 少々体や心に負担をかけすぎたなと感じたら、その負担を返すことを考える
◇ 美味しい食事を食べる機会をつくる
◇ 音楽を聴く
◇ ストレッチやマッサージをうける
 のように、体と心に手入れをする。


【2017.11.5】

~細分化している医療のように、社会の様々な場で起こっているのでは?~


c0075701_13375045.jpg
毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年11月5日(日)のテーマは、
右耳専門の耳鼻科?進む縦割り』


知人が昨年脳梗塞で入院した。頭部のMRIや血液検査はしたが尿検査はしない。血圧が高く、高脂血症がある人なので、基本的な全身状態を見る検尿などはしておかないとと思うのだが。
 細分化され、より専門的になっているのはいいが、全体として人を捉えて診ることができないのは問題だ。
 細分化した医療だからこそ専門家同士が横の関係をとっていかないと、今後怖いことになりそうだ。こうした傾向は医療だけでなく、社会の様々な場で起こっているようにも思える。

【2017.10.29】

~癌は「慢性疾患のひとつ」として捉えよう!~


c0075701_09514679.png

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年10月29日(日)のテーマは、
闘病中でも生活を楽しめたら』

 今月中旬は日本肺癌学会と世界肺癌学会が横浜で開催され、研究者やサバイバーの方、ご家族の方々などが世界中から集まった。私は、アドボカシー(権利擁護)関連のセッションでお話をさせて頂いた。その中でサバイバーの方々からの言葉を紹介しつつ「がん」のなかでいかに心と生活の質を心地よく過ごすかについて考えた。
 
癌は「慢性疾患のひとつ」として捉えることが必要である。

治療を受けながら仕事を続けることは十分可能だし、むしろ生活のすべてを癌にゆずるより、できることで社会参加している方が心身の健康に役立つ。 

【2017.10.22】
~食物は器で味が変わる!~

c0075701_10202696.jpg

c0075701_10210524.jpg

 毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年10月22日(日)のテーマは

コスパな「イート・イン」?』


 スーパーマーケットの「イートイン」コーナーが大人気で売り上げが伸びているという報道があった。「イート・イン」コーナーで食べている人たちはインタビューで
「ゴミまで捨てて帰ることができつから食器を洗わなくてよい」
「家まで持って帰ると冷めるから」などと語っていた。それがコストパフォーマンスと言う。

 食物は器で味が味が変わる。肉を焼いてのせる皿、サラダを入れる皿、焼き魚用の皿でお気に入りのものがある。高価なものでないが、この皿にのせるのが一番美味しい、と感じるものだ。

 食べる、ということは胃にものを入れる、ということではないはずだ。
そのひとときを楽しみ、食物を最大限に美味しくする工夫をしながらす過ごすのが心の安らぎにもつながる。
 
【2015.10.15】
~「手をきちんと洗う」は、思い遣りとマナー~

 毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年10月15日(日)のテーマは

目に見える汚れ、見えない汚れ』

 手には沢山の菌が付着している。その手で触れたもの、例えばスマホや手すりは汚れる。見た目はきれいでも、また健康な人には問題のない程度の汚染でも投薬によって免疫機能が低下している方にとっては重大な感染源となる。免疫機能が十分ではない子どもにとっても同様である。
 免疫機能が低下している人にとっては命の危険がある感染症を防ぐには、ごく基本的な人に対する思いやりとマナーが不可欠なのである。手をきちんと洗う。咳やくしゃみをする時は、マスクをしたりして飛沫を周囲にとばさない。自分のためでなく、人のために目に見えない汚れに気を配ってほしいと思う。
c0075701_07010488.jpg
【2017.10.8】

~袋小路で出口を見つけるには、ものの見方を変え、方向を変える~

 毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2017年10月8日(日)のテーマは

赤とんぼの羽音』

 ベランダに飛んできた赤とんぼが窓と網戸の間に入りもがいている。観察すると行きどまりの方向しか出口がないと信じ込み別の方向を見向きもしない。一夜を明かし、羽音をたてて困惑した姿を見て、人間も同じと思ったりする。アメリカと北朝鮮の間で交わされる激しい非難の応酬は、袋小路に入り込んだ政治の世界の羽音に思える。
 視点を変え、方向性を変えるすべと知恵をこの二つの国の最高責任者に伝えることができるなら、と思いつつ歯ぎしりする。
c0075701_11011092.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 10:48 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
一生涯をとおして、行動する際に 心すべきこと ❝恕❞

子貢問いて曰わく、一言にして以て

終身之を行うべき者有りや、と

子曰わく、其れ恕か、

己の欲せざる所、

人に施すこと勿かれ、と

❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。


≪学校門をバックに及第証を掲げる孫≫
足利学校 全国論語研究会の素読吟味(※)にて及第
※:論語の暗唱テスト
2014年 小学1年生 1回目及第
2015年 
小学2年生 富士山登頂
2016年 小学3年生 2回目及第(下記写真)
2017年 小学4年生 3回目及第により論語博士を受領

c0075701_2302537.jpg


c0075701_2302086.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

c0075701_20122397.jpg
 孔子の門人の子貢が訪ねて言った。

たったひと言で、一生涯をとおして、行動する際に

心すべきこと、といったら何だろう、と。

 孔子が答えて言った。

それは「思いやり」と言うことだ。

 自分が欲しくないものを、他人に与えてはいけない、

と言うことだ。

(自分の心を通して、他人の心を思い遣ることだ)と。


論語抄 史跡足利学校より


≪松下幸之助 語録≫

 人情の機微を知ることは、

人生でいちばん大事なことである。


≪チャ-リーチャップリン語録≫

 人生に必要なのは、頭の良さより

親切と思いやりである。


≪素読吟味(論語の暗唱テスト)を

孫が受験≫
c0075701_2283837.jpg
史跡足利学校発行の『論語抄』の中から5章を暗唱していただきます。できた方には「及第証」を差し上げます。
また、素読吟味を3度以上及第(合格)した方には、「論語素読博士」の称号を授与します。
1.実施日:平成28年8月11日(木)午前10時~
2.会 場:史跡足利学校 書院
3.対 象:小学生・中学生

≪孫が暗唱した『論語抄』の中からの5章≫

平成29年論語素読博士を受領した際の暗唱テストで選んだ5章。

c0075701_2222244.jpg


c0075701_2239227.jpg

c0075701_22384852.jpg

c0075701_22381223.jpg

c0075701_22374419.jpg

c0075701_2237947.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 08:01 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
青春の詩碑
~青春の詩碑~

<青春の詩碑> 
c0075701_9285338.jpg


撮影:2017.1.13
c0075701_715545.jpg


撮影:2013.1.12
<センター試験初日・1.13の米沢駅の朝>
今日・1.14朝は薄っすらと雪が積もっている。曇り空
c0075701_20185986.jpg
【2018.1.14ニュース】

センター試験2日目「寒さ対策しっかりと」

大学入試センター試験は、13日から全国695か所の会場で始まりました。13日は、大雪などで交通機関に遅れが出たため、全国24の会場で試験の開始が繰り下げられましたが、試験に間に合わなかった受験生など5人が次の土日に行われる再試験の対象となりました。センター試験2日目の14日は、理科と数学の試験が行われます。

14日もほぼ全国的に厳しい冷え込みが続くため、大学入試センターは寒さ対策をしっかりとして早めに試験会場に向かうことや、交通機関の乱れで、試験開始に間に合わない場合は、受験票に書かれた電話番号に連絡してほしいと呼びかけています

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2017.1.14ニュース】

<きょうから大学入試センター 交通機関の乱れに備えを>

 ことしの大学入試センター試験は14日から2日間行われ、全国691か所の会場で、57万人余りが受験する予定です。

 気象庁によりますと、14日は、東日本と西日本の太平洋側の平地でもところによって雪が積もるおそれがあります。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2016.1.14ニュース】

<日経平均 一時700円超下落 NY市場の大幅安影響>

 東京株式市場では、中国経済の先行きへの懸念が強まったことなどから、年明けから6営業日連続で株価が下落し、13日にようやく上昇に転じたばかりでした。

 しかし、14日は再び大幅に下落し、市場関係者は、「13日のニューヨーク市場で株価が大幅に値下がりした流れを受けた展開となっている。投資家の間ではリスクを避けようという動きが強まっていて、外国為替市場では比較的安全な資産とされる円を買う動きが広がって、円高ドル安が進んでいる。注目の中国・上海の株式市場も値下がりして取り引きが始まっていて、世界的な株安の連鎖が再び生じている」と話しています。

【2015.1.14ニュース】

<中間貯蔵施設 双葉町が受け入れ表明>

 政府は、福島県の双葉町と大熊町のおよそ16平方キロメートルの土地に、福島県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設を建設する計画で、今月からの搬入開始を目指しています。
双葉町によりますと、避難先のいわき市で開かれた双葉町議会の全員協議会で、伊澤町長がこれまで対応を明らかにしていなかった中間貯蔵施設の建設の受け入れを決め、町議会に対して方針を説明をしたということです。
これに対し、議会側も建設の受け入れを了承したということです。
もう1つの候補地の大熊町は、先月、建設の受け入れを表明していて、今回、双葉町の表明で中間貯蔵施設の建設が前進することになります。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2014.1.14ニュース】

<呼べば立体模型作る最新機器 盲学校で授業>
 この装置は、インターネット検索大手の「ヤフー」が開発し、調べたいものの名前を呼びかけるとインターネットでデータを探し、3Dプリンターを使って樹脂で立体の模型を作り出します。
1か月間、横浜市神奈川区の盲学校に貸し出されることになり、14日は初めて装置を使った特別授業が行われました。
子どもたちは、「ハート」などをかたどった模型が出来上がると歓声を上げ、興味深そうに形や構造を確かめていました。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

c0075701_13405876.jpg


  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
c0075701_17173480.jpg


 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the star like things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman
             
     
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ykkyy | 2018-01-14 07:24 | 青春 | Trackback | Comments(0)