米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
富士山・江の島・鎌倉・下田
桜&若葉
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
AI&頭・脳・心
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:この世を生きる言葉の旅( 145 )
105歳でお亡くなりになられた日野原 重明氏を偲ぶ
~2017.7.18に105歳でお亡くなりになられた日野原 重明氏を偲ぶ~

≪2017.8.19 日経新聞 春秋 より≫

 きのうお亡くなりになった日野原 重明さんは、社会に向けた「声」のひときわ力強い医師だった。聖路加病院の現役ドクターとして発し続けた言葉の数々は」超高齢化社会を生きるシニアにも若者にも勇気を与え、夢を抱かせた。
「75歳を超えて第3の人生が始まる」とこの人に言われれば、胸に新たな灯がともる。

 オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件のとき、日野原さんは蛮勇をふるった。運ばれてきた被害者の苦悶を目のあたりにし、病院の外来をすべて中止して次々と患者を受け入れる。そのなかに投げかける声を持つ医師は、その声を聴く力も優れていたのである。

≪宇津沢わらび園の景色≫

 仙台から来られた米沢ご出身の83歳の方としばし、懇談する。聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生様に100歳まで元気に生きたいとお話される。今日で宇津沢わらび園へは6回目で、昨夜は白川荘にお泊り。

<わらび園の景色> 2012.6.24
c0075701_2035862.jpg



c0075701_2035524.jpg



c0075701_2035283.jpg



c0075701_2034916.jpg



c0075701_2034742.jpg



c0075701_2034449.jpg



c0075701_2034143.jpg
撮影:2012.6.24


≪幸福について≫ 2009.5.21

◇幸福について、日野原重明さんはどのように考えているのだろうか?

【時の歩みを意識しよう:あるがまま行く】

「時の歩みは三重である

未来はためらいつつ近づき

現在は矢のように早く飛び去り

過去は永久に静かに立っている」


ドイツの作家 シラー(1759~1805)の言葉

2004-1-12(土曜日) 朝日新聞 朝刊
92歳私の証 あるがまま行く 日野原重明

c0075701_1891968.jpg


≪幸福について≫ 2009.2.14

◇幸福について、日野原重明さんはどのように考えているのだろうか?

【時の歩みを意識しよう:あるがまま行く】

「時の歩みは三重である

未来はためらいつつ近づき

現在は矢のように早く飛び去り

過去は永久に静かに立っている」


ドイツの作家 シラー(1759~1805)の言葉

2004-1-12(土曜日) 朝日新聞 朝刊
92歳私の証 あるがまま行く 日野原重明
c0075701_114746.jpg


≪幸福について≫    2009.2.8

◇幸福について、日野原重明さんはどのように考えているのだろうか?

【幸福とは:同題の日野原重明さんの詩】

幸福とは
幸福感を持つこと
幸福とは
心が満たされて
幸福だと感じる主観的な感覚
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
幸福とは
そうだ、上を向いて歩く人が
めいめいの胸に持つ
幸福感のことなのだ


私の幸福論 日野原重明著 大和書房発行 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-07-20 08:09 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その2
~働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その2~

 古事記には天照大神は機織りをしていたと言う記述がある。日本では古来より神様も働いていたのである。
c0075701_20572665.jpg
 「お天道様に申し訳ない」という、これまで多くの日本人の根底を支えていた言葉と意識は、おそらく、この天照大神の逸話と無縁ではない。

 江戸初期、武士から出家し禅僧になった鈴木正三は、仕事に追われて仏道修行が出来ない人々に、わざわざ仏行などしなくていい、自分の仕事に精を出すことが、そのまま仏行になる、と説いた。

 仕事を単なる苦役として捉えるのではなく、仕事に勤め勤しむことを通じて、自分を磨き高めてゆく、そして『はたを楽にしていく』という考えである。

 世界に誇るべきこの勤勉の哲学の美風を伝えたい。


勤勉の哲学 山本七平著 より
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2017-06-06 20:58 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その1
~働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その1~

c0075701_20393588.jpg
◇アダムとイブは神が創ったエデンの園で、あらゆる果実の木を与えられ、何不自由なく暮らしていた。その中に、この木の実だけは絶対に食べてはいけないと言われていた禁断の身があった。それを二人が食べて、エデンの園を追放される。

◇ そのとき、神は二人に、「お前たちは一生苦しんで、地から食べ物をとり、額に汗してパンを食べ、ついに土に帰るだろう」と宣告する。

◇旧約聖書にあるこの有名な話は、西洋人の仕事に対する考え方を如実に物語っている。
 働くことは彼らにとって、罪を犯したことの罰なのである。
 
◇「労働」のことを英語で「labor」,フランス語では「travail」。辞書を引くと、「苦役」「拷問の時に使う道具」の意がある。
 ひるがえって、日本はどうか。

 勤勉の哲学 山本七平著 より


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2017-06-06 20:40 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
人生を紡いだ4つのキーワード
~人生を紡いだ4つのキーワード~


c0075701_9265971.jpg


≪人生を紡いだ4つのキーワード≫

「変化」し続けていくしか道はない。
「夢」を見失わず、「夢に日付を」を合言葉に社員全員が不退転の気持ちで高い目標に「挑戦」し、やり遂げ、大きな「感動」を皆で共有した。努力と知恵の汗を一緒にかいた仲間にも感謝したい。

◆ 変 化 

◆ 夢 

◆ 挑 戦 

◆ 感 動 
 

日本経済新聞 2011.5.30(月)私の履歴書・瀬戸雄三氏より

■ 変化に対応する生き方でなく、自ら変化を作り出す生き方が我が琴線に触れる。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-05-12 22:52 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
「諸行無常の世を現在完了形で生きる」
~「諸行無常の世を現在完了形で生きる」~

平成29年度 山形大学T世をH会新年会講話より


  講師:
T46 東 秋雄(釋 恵秋)
c0075701_22045283.jpg
c0075701_22061350.jpg
c0075701_22222274.jpg
1.諸行無常の世を生きる

  諸行無常というと平家物語を思い浮かべ
盛者必衰のようなマイナーな意味にとらえがちです。しかし、その反対に「栄える」のも諸行無常なるがゆえんなのです。

 私たちの健康も、無常なるが故に健康なのです。食べたものが消化されず、そのままの形で出て来たら大変です。消化され、エネルギーに転換されて身体を動かすことが出来るのです。このようにして全てが動いている、留まることなく変化しているからこそ私たちは生かされ生きて、いろんなことができるのです。

 さて、「
諸行無常」はお釈迦様の教えである「全ての存在するものは、多くの条件の調和によって成り立っている」(無自性)という、「縁起の法則」の根本となるものです。

2.現在完了形で生きるとは

 苦しみは、自分の思い通りにならないときにおこります。しかし思いどおりになったその一瞬は満しますが、足やがてモットモットと不満の原因となり、苦しみとなるのです。
 駒沢大学(元)学長の奈良康明先生は、「この生き苦しい世は現在完了形で生きなさい。」といわれています。
例えば、蝶よ花よと育てた娘が、ある日突然彼氏を連れてきて、「彼と結婚します」と言います。どこの馬の骨かわかりませんおで、猛反対します。しかし、しばらくして「お父さん赤ちゃんができちゃった!!」と言われると、どうすることもできず、結婚を認めざるを得なくなるのです。そしてやがて孫が生まれると、好々爺になるのです。
 癌の告知やリストラ指名等も同じです。「何々されちゃった、しちゃった、なっちゃった」と、まず現実を真正面から受け止め、それにたいする対応を考えることが大切なのです。
 「諸行無常なるがゆえに諸法無我なのだ」と。
これからの林住期と遊行期は現在完了形の「ちゃった、チヤッタ」で生きたいものです。

3.人生の千秋楽を迎えるにあたって

 本日のお集りの皆さんは70歳台が中心かと思います。よって約20年後のはこの世とあおさらばする身です。今まで親兄弟をはじめ多くの愛する方々を見送り、
「人は生まれたならば必ず死ぬものだ」ということを見てきました。しかし、この「人」は、ともすれば自分を除く人であり。、どこか他人ごとのにおいがするのです。「私が鋳ぬ」のです。
 「終活」を具現化したものがエンディングノートです。

 しかし、最も大切なことが忘れられています。それは命が終わるその時、すなわち臨命終時その時の心がまえをしておくことなのです。
家族や医療福祉関係者に見送られての臨終や、一人天井を眺めての孤独死など、そのいずれにあっても感謝の合掌ををし、今生との御別れを心掛けたいものです。

されど易言難行なり。


【人生年代】
古代インドでは、理想的な人生観として四住期という考え方がある

「学生期」:学問、技術、教養などを身につける時期

「家住期」:職業を持ち家庭を営む時期

「林
住期」:自分自身の人生を静かに見つめる時期

「遊行期」:死に場所を求める放浪と祈りの余生の時間

「ゆうゆう人生応援団」より引用

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2017-02-07 21:31 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
オバマ米大統領広島訪問に際して、安倍首相の演説:2016.5.27・・・3

~オバマ米大統領広島訪問に際して、安倍首相の演説:2016.5.27・・・3~


 安倍晋三首相は27日午後、広島市の平和記念公園で演説した。首相はオバマ米大統領の広島訪問について「核なき世界を信じてやまない世界中の人々に 大きな希望を与えてくれた」と高く評価。核なき世界の実現に向け「日本と米国が力を合わせて世界の人々に希望を生み出すともしびとなる」との決意を表明し た。
演説の詳細は以下の通り。

【日米が希望を生み出すともしび(灯火)になる・3】

 世界中のどこであろうとも、再びこのような悲惨な経験を決して繰り返させてはならない。この痛切な思いをしっかりと受け継いでいくことが今を生きる私たちの責任であります。

 核兵器のない世界を必ず実現する。その道のりがいかに長く、いかに困難な者であろうとも、絶え間なく努力を積み重ねていくことが今を生きる私たちの責任であります。

 そして、あの忘れえぬ日に生まれた子供たちが恒久平和を願ってともしたあの灯火に誓って、世界の平和と繁栄に力を尽くす。それが今を生きる私たちの責任であります。

  必ずやその責任を果たしていく。日本と米国が力を合わせて、世界の人々に希望を生み出すともしびとなる。この地に立ち、オバマ大統領とともに改めて固く決 意しています。そのことが、広島、長崎の原子爆弾の犠牲となった数多の御霊の思いに応える唯一の道である。私はそう確信しています。

産経ニュースを転載

≪原爆犠牲ヒロシマの碑≫

原爆の熱線で溶けた瓦をはめ込む。
c0075701_20264198.jpg



c0075701_20264667.jpg


≪嵐の中の母子像≫

母親の愛情を示す像に平和の願いを託す。
◇ 後方の建物は、「広島平和記念資料館」
◇ 噴水は、「祈りの泉」で、犠牲者に捧げる恵みの水を噴水で表現
c0075701_20174457.jpg



c0075701_2018263.jpg



c0075701_20175142.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2016-05-31 17:33 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
バマ米大統領広島訪問に際して、安倍首相の演説:2016.5.27・・・1

~オバマ米大統領広島訪問に際して、安倍首相の演説:2016.5.27・・・1~


 安倍晋三首相は27日午後、広島市の平和記念公園で演説した。首相はオバマ米大統領の広島訪問について「核なき世界を信じてやまない世界中の人々に 大きな希望を与えてくれた」と高く評価。核なき世界の実現に向け「日本と米国が力を合わせて世界の人々に希望を生み出すともしびとなる」との決意を表明し た。
演説の詳細は以下の通り。

【日米が希望を生み出すともしび(灯火)になる・1】

 昨年、戦後70年の節目にあた り、私は米国を訪問し、米国の上下両院の合同会議において日本の内閣総理大臣としてスピーチを行いました。この戦争によって多くの米国の若者たちの夢が失 われ、未来が失われました。その苛烈な歴史に改めて思いをいたし、先の戦争で倒れた米国の全ての人々の魂にとこしえの哀悼をささげました。

  そして、この70年間、和解のために力を尽くしてくれた日米両国全ての人々に感謝と尊敬の念を表しました。熾烈に戦いあった敵は70年の時を経て心の紐帯 を結ぶ友となり、深い信頼と友情によって結ばれる同盟国となりました。そうして生まれた日米同盟は世界に希望を生み出す同盟でなければならない。私はス ピーチでそう訴えました。
 

産経ニュースを転載

≪平和の灯≫

核兵器廃絶の願いが叶うまで灯る。
c0075701_17184985.jpg



c0075701_17191363.jpg



c0075701_1719175.jpg



c0075701_17192110.jpg



≪原爆の子の像≫

千羽鶴が年中沢山捧げられる。
c0075701_17143147.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2016-05-31 16:59 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・10

~オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・10~

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.


 だからこそ、われわれは広島に来たのだ。われわれが愛する人々のことを考えられるように。朝起きた子供たちの笑顔をまず考えられるように。食卓越しに、夫婦が優しく触れ合うことを考えられるように。両親の温かい抱擁を考えられるように。

 われわれがこうしたことを考えるとき71年前にもここで同じように貴重な時間があったことを思い起こすことができる。亡くなった人々はわれわれと同じ人たちだ。

 普通の人々はこれを理解すると私は思う。彼らは、さらなる戦争を望んでいない。彼らは、科学は生活をより良いものにすることに集中すべきで、生活を台無しにすることに集中してはならないと考えるだろう。

 各国の選択が、あるいは指導者たちの選択がこの単純な分別を反映すれば、広島の教訓は生かされる。

 世界はここ広島で永久に変わってしまったが、この街の子供たちは平和に日常を過ごしている。なんと貴重なことであろうか。これは守るに値し、すべての子供たちに広げていくに値する。これはわれわれが選択できる未来なのだ。

 広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る。(了)

以上、産経ニュースより転載

≪平和の灯≫

核兵器廃絶の願いが叶うまで灯る。
c0075701_17184985.jpg



c0075701_17191363.jpg



c0075701_1719175.jpg



c0075701_17192110.jpg



≪原爆の子の像≫

千羽鶴が年中沢山捧げられる。
c0075701_17143147.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2016-05-31 09:24 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・9

~オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・9~

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

 わが国は単純な言葉で始まった。「人類は全て、創造主によって平等につくられ、生きること、自由、そして幸福を希求することを含む、奪うことのできない権利を与えられている」

 理想は、自分たちの国内においてさえ、自国の市民の間においてさえ、決して容易ではない。しかし誠実であることには、努力に値する。追求すべき理想であり、大陸と海をまたぐ理想だ。

 全ての人にとってかけがえのない価値、全ての命が大切であるという主張、われわれは人類という一つの家族の仲間であるという根本的で必要な概念。われわれはこれら全ての話を伝えなければならない。

産経ニュースより転載


≪原爆ドーム≫
c0075701_16591295.jpg



c0075701_1659877.jpg



c0075701_16585391.jpg



c0075701_16584784.jpg



c0075701_1658429.jpg


≪平和の鐘≫
平和を祈り願う誰でも撞ける。
c0075701_1711438.jpg



c0075701_17114661.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2016-05-31 09:17 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)
オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・8

~オバマ米大統領広島演説:2016.5.27・・・8~

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the women who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

 われわれは過去の過ちを繰り返す遺伝子によって縛られてはいない。われわれは学ぶことができる。われわれは選択することができる。われわれは子供た ちに違う話をすることができ、それは共通の人間性を描き出すことであり、戦争を今より少なくなるようにすること、残酷さをたやすく受け入れることを今より も少なくすることである。

 われわれはこれらの話をヒバクシャ(被爆者)の中に見ることができる。ある女性は、原爆を投下した飛行機の操縦 士を許した。本当に憎むべきは戦争そのものであることに気付いたからだ。ある男性は、ここで死亡した米国人の家族を探し出した。その家族の失ったものは、 自分自身が失ったものと同じであることに気付いたからだ。


産経ニュースより転載

≪原爆犠牲ヒロシマの碑≫

原爆の熱線で溶けた瓦をはめ込む。
c0075701_20264198.jpg



c0075701_20264667.jpg


≪嵐の中の母子像≫

母親の愛情を示す像に平和の願いを託す。
◇ 後方の建物は、「広島平和記念資料館」
◇ 噴水は、「祈りの泉」で、犠牲者に捧げる恵みの水を噴水で表現
c0075701_20174457.jpg



c0075701_2018263.jpg



c0075701_20175142.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2016-05-31 09:09 | この世を生きる言葉の旅 | Comments(0)