米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
富士山・江の島・鎌倉
桜&若葉
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
AI&頭・脳・心
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:次世代を担う後輩へ( 15 )
若者の理科離れの象徴は工学部の不人気・・・7年前

~、若者の理科離れの象徴は工学部の不人気~

☆ 連載「知が危ない③――学びの今」で
「理科離れ 負の連鎖」が
日本経済新聞、2009.3.4に掲載された。

【工学部の不人気が若者の理科離れを象徴】

◇2007年の工学関連学部の志願者は52万人で10年前と比較して、25万人減少。
◇工学部の3割は2.2倍以下に低迷。我が工学部も今年は2,5倍。(昨年よりコンマ2ポイント減少)※:2010は2.7倍となる。
 
【若者&子供達の理系に対する印象】

◇数学オリンピックの参加者:半数以上が理系は文系より
◆低収入
◆遅い昇進
◆多忙

◇2007年の国際数学・理科教室動向調査(TIMSS):理科の勉強がとても楽しいと答えた中学2年生は
◆18%(国際平均は46%)

【考えられる原因】
◇自然体験の欠如
◇学校の力量不足
◇偏差値教育の弊害
◇学習離れ
◇知的好奇心の低下
◇収入や処遇の不満

【日本の危機】
◇科学者や技術者の質・量の低下
◇科学技術や製造業の根幹が揺らぐ
◇一般市民に科学知識が乏しいと、科学技術の暴走も防げない

【文部科学省の対策】
◇次期学習指導要領で理数系の授業時間を大幅に増やす方針

【現場の学校の実情:負の連鎖が進行中】
◇小学校の担任の5割、教職十年未満の若手六割超が苦手意識を持つ
◆理科嫌いの教員が理科嫌いの子供を育てている。

【危機感を募らせた科学者の行動:若者の理科離れを如何に食い止めるか】

◇放射線医学総合研究所のOBのニルス理科実験クラブでは、毎週千葉市で子供向け観察・実験教室を開催。
◇千葉大の野村純准教授ノグループは、小中高を対象に「未来の科学者養成講座」を開催し、科学の偉人たちの伝記を手掛かりに、科学的思考の育成を狙い実験の追体験などを通し真理を発見する喜びを体験させている。

■ 野球、サッカー、剣道などスポーツでは、市民の方が献身的に小中学生を指導している。指導者はそのスポーツが好きで上手な人。そして保護者も積極的に協力している。

■ 理科好きのサポーターの育成を考えなければならない。サポーター育成プログラムが必要である。

■ 昨年12月に、米沢少年少女発明クラブで「知的創造サイクル啓発事業」指導者研修会の後に「LEDを使って世界で1つのイルミネーションを作ろう」を実施した際に子供達の真剣な眼差しと独創性、創造性に感動したことを思い出す。指導者が如何に大事であるか身をもって体験したことを思い出しました。

以上、2009.3のブログより
c0075701_2155017.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-10-18 07:55 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
企業より学生へのメッセージ《平成24年度版》・・・B-002

~企業より学生へのメッセージ・・・B-002~
【株式会社福島情報処理センター】
c0075701_027819.jpg

≪事業内容≫
■情報処理サービスおよびコンサルティング業務 ■ソフトウェアの開発 ■FKS接続回線サービス
■社会開発のための調査・分析・予測の受託 ■コンピューターシステムの運用管理の受託
■コンピューター及び関連機器消耗品の仲介・販売・貸与 ■インターネットサービスプロバイダ事業[あぶくまネットワーク]
■ハウジングサービス「FICデータセンター」その他、上記に付帯する一切の業務


<募集職種>
【(IT系)コンピュータ・通信・ソフトウェア関連職 】システムエンジニア
【(IT系)コンピュータ・通信・ソフトウェア関連職 】プログラマ

<OB・OG情報>
OB・OG1名在籍 OB(H11)、OG(H21)

<学生へのメッセージ>
お客様の問題解決や新たな価値を生み出すためのIT化のお仕事をしていただきます。みなさんのお仕事が、お客様への貢献につながるだけでなく、サービスを通じて広く住民の方々への貢献につながります。

転載:平成24年度山形大学工学部合同企業説明会冊子および各社HPより

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2013-11-21 06:25 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
知っておきたい酒席のマナー・国内編

~知っておきたい酒席のマナー・国内編~

 日本経済新聞 ≪常識点検≫2013.3・9より抜粋
c0075701_20512458.jpg

【心構え】
 人間関係を深め合う酒席。作法を守って楽しく会話し、相手を尊重して思いやる気持ちも持つ。

【タブー】

◆ 目上の人に手酌をさせる

◆ 相手のグラスを空のままほうっておく

◆ 「今日は無礼講で」を真に受ける

【乾杯の作法】

◆ ジョッキは別だが、グラスは基本的に重ねない。目の高さまで持ち上げ、目礼する

【グラスの持ち方】

◆ ビールグラス:指を揃え、グラスの下のほうを持つ

◆ ワイングラス:脚の向こう側に人さし指と中指を添え、手前側に親指を合わせて支える


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
by ykkyy | 2013-03-09 21:39 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
大学生・高校生の自国に対する意識

~大学生・高校生の自国に対する意識~

 日本経済新聞 2012.3・11より抜粋
 大震災から1年、復興はおろか復旧も遅々として進まないなか、大学生・高校生の意識調査を日本経済新聞が行った。

【震災を機に、どんな日本にしたいか】
1.省エネなど環境技術で世界をリードする国・・・・53.6%
2.低成長でも文化などを大事にする国・・・・24.7%
3.経済成長を追及し、世界でも繁栄が際立つ国・・・・16.7%

【震災後、なにか被災地のために活動したか】
・「助け合いの心が復興に寄与する」との回答が大半を占めた。
・約80%近くの若者が何らかの被災地支援に参加している。

【震災は将来の進路について考え方に影響を与えたか】
1.人のために役に立ちたい思った・・・・74.4%
2.国のために役に立ちたいと思った・・・・6.6%
3.日本に幻滅し海外に出ようと思った・・・6.6%
4.がんばっても仕方がない、好きなように生きようと思った・・・・4.1%

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
by ykkyy | 2012-03-12 05:24 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
日本製造業の再生のために!

~日本製造業の再生のために!「仕組みづくり」の遺伝子を蘇させよ!~

 製造業の強さは、ものを生かす仕組みが決め手となる。優れた仕組みは「もの」の価値を何倍にも引き上げる。

≪日本の製造業が再び躍動するために「見えない資産を磨け」≫ 
例1.【内視鏡を「売る仕組み」】
・M&Aで高い評価を受けているオリンパス
◆ サービス力:各国のサービス拠点のサービス要員が全地域を駆け廻り、医師の細かい要望に応える。拠点は扱い方を教えるトレーニング施設の役割を兼ねる。

例2.【携帯音楽端末「iPod」の「アイチューンズ」仕組みを構築】
◆ アップルは端末の開発と共に楽曲のネット配信を実現

例3.【スポーツ中継や映画、ニュース番組を配信する「新しい仕組み」】
・アップル&グーグルがビジネスモデルを開発中
◆ テレビの米3大ネットワークなどと番組配信の条件を交渉中

例4.【ソニーが開発したCDの普及】
◆ 大賀社長がカラヤンの協力を得、レコード業界の協力を得る

例5.【コマツの建機稼動管理システム「KOMTRAX」】
◆ GPSの通信機能を使ったシステム。世界で25万台が稼動し、稼働中の台数や地域、燃費をオンラインで把握し、需要予測とする


   日本経済新聞 2012.1.20(金) ニッポン企業力 第3部 製造業の明日4より

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
by ykkyy | 2012-01-23 19:02 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
人間は、自分自身の「実力」を正確に知らない

~人間は、自分自身の「実力」を正確に知らない~

c0075701_121234100.jpg


 昨年開催された、中村修二カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の特別講演会:「チャレンジ精神」~技術者魂VSベンチャーマインド~および講演後のパネルディスカッションにて、「誰に何と言われようとも、好きなことを追求せよ、後悔するな」と興譲館高校生に教示される。

 作家・塩野七生氏も、若い人へ次の言葉を贈られている。 

ほんとうのところ人間は、自分自身の「実力」を正確に知らないからである。他人が言うから、スポーツの世界ならば評論家のあげる数字、社会では学校の成績や上司の下す評価あたりで。まあこの程度だろう、と思い込んでいるだけなのだ。ところがそれが、思いもかけなかったことによってぐっと上がる。そうすると人は、ひょっとすると自分には力があるかも、と思うようになる。それが生身の人間の面白いところだが、以前は思いもしなかった力までも発揮できるようになるのだ。・・・・・・・・

要するに「実力」には、客観性などはないのである。「ヤレル!」と思った瞬間に、「実力」のほうも上がってくる。

・・・・・・

だから若い人たちも、簡単にシラケないで悪あがきしてほしい。マキャベリの次の一句を贈ります。

「やらないで後悔するよりも、やって後悔する方がずっとよい」

文芸春秋 2010年9月号 塩野七生氏記 日本人へ・八十八 より

■ 中村修二カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の特別講演会のテーマは「チャレンジ精神」でした。

by ykkyy | 2011-10-21 09:43 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
文明の発展の歴史は素材の歴史である
~文明の発展の歴史は素材の歴史である~

◆ 前田 勝之助・東レ名誉会長の私の履歴書を読むのが楽しみだ。
c0075701_2245522.jpg

◆ 小学校5年生の時、終戦後の日本復興のためには産業の再建が急務だ。そして自分は将来必ず、技術者として生産の現場に立つ。「姿なき鎧を着て、我が信じる道を進もうではないか」。と誓いを立てる。

◆ 氏はアクリルを焼成して炭素繊維を製造し、世界初めて量産技術を確立される。

◆ 氏は言われる。「文明の発展の歴史は素材の歴史である。木材、石材、青銅、鉄、高分子材料などを経て、人類は炭素繊維を手に入れた。いわゆる材料革命だ。」

以上、日本経済新聞 私の履歴書 2011.10.1(土)及び10.18(火)より引用

■ 氏はノーベル賞を数年内に受賞されるのではないでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2011-10-20 17:46 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
「原爆の日」・・・1

~昨日は「原爆の日」・・・1~

 広島は今日2011.8.6、原爆投下から66年となる「原爆の日」を迎えました。
7月始め、雨が降る中を原爆ドームへ。

 7月3日(日)、朝食前に、駅近くのホテルから30分ぐらい雨の中を散歩して、原爆ドームを訪れる。
動画を撮るも怒りで手が震えて旨く撮れませんでした。
<昨日は原爆の日・原爆ドーム(1)>

<昨日は原爆の日・原爆ドーム(2)>
(1)が失敗なので再チャレンジ

<昨日は原爆の日、相生橋から原爆ドーム(3)>


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村</font>
            <br class=
by ykkyy | 2011-08-06 09:39 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
大学生活にとって何が一番大事か、講義か?読書か?

~大学生活にとって何が一番大事か、講義か?読書か?~

c0075701_1714694.jpg


●講義の聴講と読書のバランスを如何にとるかにある。

●講義は、元来受身的であり基礎的知識を与えるもので、

読書の方は積極的であるがその焦点が散乱する危険がある。

すなわち講義の聴講と読書とは、長所短所が入れ違って、

互いに相補い合う関係にある。 



20世紀最後の哲学者といわれる森 信三氏 
講話録「真理は現実のただ中にあり」 致知出版社発行より

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2011-07-22 20:03 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)
3年前、平成20年度「企業を担う先輩達」第10回授業に出席する
~3年前、平成20年度「企業を担う先輩達」第10回授業に出席する~

日 時:平成20年度6月26日(木)16:00~17:30
講 師:株式会社YCC情報システム 代表取締役社長 兼 
社団法人 山形県情報産業協会 会長 津志田 光弘氏(A42)
《授業の前に小林邦勝情報科学工学科教授・米沢工業会副理事長と歓談》
c0075701_717880.jpg

《講師紹介:田村安孝情報科学工学プログラム長》
c0075701_7173678.jpg

テーマ:【生きる、働く、悔いの少ない人生】
内 容:
1.株式会社YCC情報システム:地域の情報化を推進し、地域社会の発展に貢献することを目的に、1966年(昭和41年)創業 
2.3つの「C」がお客様と目指すYCCの姿です。
◇Change(変革):変化に素早く、グローバルに対応。
◇Challenge(挑戦):チャンスを的確にとらえ、挑戦。
◇Create(創造):あらゆるニーズに、多角的な視点で創造。
3.業務内容
・システムインテグレーション:コンサルテーションからハードウエア・ソフトウエア
・システムエンジニアリング:システム構築、ソウトウエア開発、組込みソフト開発
・アウトソーシングサービス:ホスティング・ハウジング、ネットワーク構築
・パッケージソリューション:業種別パッケージ、業務別パッケージ
・人材派遣
4.情報サービス産業について
(1)世界のICT(情報通信技術)市場:31,552億米ドル(米国:36.5%、日本:10.9%)。優秀な頭脳と努力があれば比較的少ない投資でICTを身につけることが可能。
(2)情報産業
①コンピュータ:ハードウェア、周辺機器(電子部品、サーバ、PC)
②情報通信:ネットワーク(インターネット、無線⇒通信回線等の構築・運用)
③情報サービス:ソフトウウェア、ITサービス
(3)情報サービス(2006年)
①売上高:167,293億円、従業員:820,723人
②業務種類別売上構成(受注ソフトウェア:54.1%、情報処理サービス:10.4%)
③職種別従業者構成(SE:42.8%、PG:20.4%)
(4)年齢別従業者構成
・29歳以下:33.5%、30歳~39歳:36.7%、40歳~49歳:20.2%
5.「問題」とは何か
《ご講演の津志田社長》
c0075701_7184945.jpg

(1)問題発見力:問題を自分で創り出せるか
(2)問題とは「あるべき姿」と「現状」の「ギャップ」である
(3)戦略的『問題発見の4P』
  ① Purpose:「何のために」、大前提の「目的軸」を捉え直す
② Position:「誰にとって」の問題か、「立場軸」を明確にする 
③ Perspective:問題を俯瞰する。「空間軸」(世界、日本、地域などフォーカスを変えて考える)を考える
  ④ Period:「どの時点」での問題とするか、「時間軸」(歴史・事例・経験などに学び活かす)を明らかにする
《心を込めてのご講演の津志田社長》
c0075701_7191774.jpg

5.成功のための方程式:『人生の成果=考え方×熱意×能力』
・能力:才能                    ⇒  0点~100点
・熱意:強い思い                  ⇒  0点~100点
・考え方:どういう心構えで人生を送り仕事をするのか⇒▲100点~100点
            <稲盛和夫著「成功への情熱PASSION」>
(1)人とは何か?人生とは何か?自分は何をしたいのか?:人間としての倫理・哲学を明確にせよ
  ★ 夢 ⇒ 目的 ⇒ 目標
(2)働くとは何か?何のために働くのか?自分は何故働くのか?:倫理・哲学
(3)自分の将来を予測 ⇒ 自分で考え自分で実践
★25歳、30歳、50歳の時「自分はどのようになっていたいのか?」「描いたようになるには、今、何をすればよいか?」
★早い年齢でよい習慣を身に付ける:「継続は力なり」
6.指導者に求められる資質
【カエサルだけが、指導者に求められる資質のすべてを持っていた】
< 塩野七生著「ローマ人の物語」>
☆ 知 性:創造性を伴う現実認識力(※1)
☆ 説得力:「何を伝えるか」「どう伝えるか」を明確にして初めて効力を持つ(※2)
☆ 肉体上の耐久力
☆ 自己制御の能力(自制力)
☆ 持続する意志
7.学生のうちに行った方が良い事
  ① 先生との、先輩とのコミュニケーションをとること。クラブ活動等を通して、先輩方と付き合う。
  ②「大きな夢・良い夢を持て!」
③同じ失敗をしないように習慣付けよ
※1:知性:知性とは、知識だけでなく教養だけでなく、多くの人が見たいと欲する現実しか見えない中で、見たくない現実まで見据える才能であると思うが、見据えるだけで充分でない。見透した後で、それがどの方向に向かうのが最善の道であるかも理解してこそ、真の知性と言えるのだと思う。
※2:説得力とは、文章によろうが演説によろうが、自分の考えを他者に伝え、それを他者に説得させる能力である。言ってみれば、言語のみを武器にして敵を味方に変えてしまう能力だ。それは、何を伝えるか、に、どう伝えるか、もプラスされて、はじめて効力をもつ。

■ 高校、大学を過ごした1960~1970の時代背景の説明を懐かしく思いながら聴講しました。苦労された津志田社長の人生のエッセンスを知る事ができた学生は何を感じ、何を思い、自分が生きて行くこれからの人生、そして今学生時代にやるべき事を掴んだ事と思う。
   

by ykkyy | 2011-06-27 13:09 | 次世代を担う後輩へ | Comments(0)