米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
桜&若葉
帝人
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:大宰府、宇佐、神社・仏閣( 43 )
ユネスコ世界遺産に「沖ノ島」日本推薦の構成資産すべて登録
~青春の詩碑~

暑さが続いているので、雪の中の青春の詩碑で暑さを凌いで頂きます。
<青春の詩碑> 
c0075701_630034.jpg


 2月25日まで数日間降り続いた雪で今年の最大積雪深さを記録したと思う26日の翌日撮影。
 青春の詩碑の高さま雪が降り積もって見えなくなっている。 
8300:撮影:2013.2.27

【2017.7.9ニュース】

ユネスコ世界遺産に「沖ノ島」日本推薦の構成資産すべて登録

ポーランドで開かれているユネスコの世界遺産委員会で日本が推薦していた福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は8つの構成資産すべてが世界文化遺産に登録されることが決まりました。

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、福岡県宗像市の沖ノ島や宗像大社など8つの構成資産から成る遺産群です。

 今回の登録で国内の世界遺産は文化遺産が17件、自然遺産が4件で、合わせて21件となります。


<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>


【2016.7.9ニュース】

<日本人の8割が利用できるiPS細胞作成へ>

 京都大学のiPS細胞研究所は特殊な免疫を持つ人から細胞を提供してもらう拠点を東京都内に設け、拒絶反応が起きにくく日本人の8割が利用できるiPS細胞を平成34年までに作り出していくことになりました。

これは8日、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授らが会見して明らかにしたものです。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 

【2015.7.9ニュース】

<無戸籍の子ども 学習や経済状況に課題>

 出生届が出されず、戸籍がないまま暮らしている「無戸籍」の子どもおよそ140人について、文部科学省が、初めて実態を調査したところ、今も学校に通えていない子どもがいるほか、家庭の経済状況が厳しい子どもが、35%に上ることが分かりました。

 文部科学省は、学習や生活面の支援を充実させるよう教育委員会に通知しました。
「無戸籍」の人のうち、小中学生に当たる年齢の子どもは、法務省が、ことし3月時点で把握しているだけで142人いて、文部科学省は、初めて実態を調査しました。

 無戸籍」となる背景には、離婚・再婚の増加やDV=ドメスティックバイオレンスの問題があるとされています。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 


【2014.7.9ニュース】

<台風8号北上 土砂災害などに警戒を>

 気象庁の発表によりますと、大型で強い台風8号は、午前6時には奄美地方の西の東シナ海を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の南東側310キロ以内と北西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
沖縄本島地方は台風の外側の発達した雨雲が流れ込み、雷を伴って激しい雨が降り続いています。
<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 

【2013.3.1ニュース】

<北海道で入札不調倍増 全国にも拡大か>

 国が、北海道で入札を行った公共工事で、今年度の3か月間に、入札が成立しない「入札不調」が、去年の同じ時期に比べておよそ2倍に増加していることが、NHKの取材で分かりました。
専門家は、震災の復興事業で、資材や工事を担う人材が不足している影響が、全国の公共工事にも広がってきている可能性があると指摘しています。 


c0075701_13405876.jpg


  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
c0075701_17173480.jpg


 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventureover love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasmwrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the starlike things
andthoughts, the undaunted challenge of events,
theunfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman
 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2017-07-09 21:01 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
昼下がりの林泉寺、2017.3.28
~昼下がりの林泉寺、2017.3.28~

 午後、所用でトータルサポートに出向き、伊佐早会長と暫し懇談する。青木敏美元サクサテクノ社長が来訪されたので片平社長を交えて四方山話をする。町内会長を年明けから急遽引き受けざるを得なくなった話や、米沢薔薇の会会長とし手のお話など、楽しく朗らかに話してくださる。あっという間に時間が空き去ってしまった。

昼下がりの林泉寺風景>
c0075701_21105122.jpg
c0075701_21093494.jpg
c0075701_21092724.jpg
c0075701_21091870.jpg
c0075701_21091298.jpg
 

【3月25日~3月29日(春分 次候) 桜始めて開く】

  桜前線が北上し、各地で桜が咲きます。
満開の桜は美しいというよりも圧倒されるような迫力すら憶えます。その姿にいつも、神が宿ると考えた古の人々の気持ちを見るような気がします。
  
【七十二候】


二十四節気は一年を24にわけたものですが、

一年を5日ごとに区切って、

季節を72に分けたのが「七十二候」です。

七十二候の魅力の一つは、

季節のサイクルが五日ごとに変わり、

展開がとても早いということです。


くらしを楽しむ七十二候

  ー日本には七十二もの豊かな季節がありますー 

                 より「引用

 広田 千悦子 

 発行所:アース・スター・エンターテイメント


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


by ykkyy | 2017-03-28 21:11 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・11

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・11



<西施像・ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 >

c0075701_231218.jpg



c0075701_231014.jpg



c0075701_2305827.jpg



c0075701_2305619.jpg



c0075701_23029100.jpg



c0075701_2302799.jpg



c0075701_2302570.jpg



c0075701_230235.jpg



c0075701_2302028.jpg



c0075701_233020.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:48 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・10

象潟&吹浦海岸を観光する。


象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 10



<芭蕉像・ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 >

c0075701_2240186.jpg



c0075701_22395825.jpg



c0075701_22395634.jpg



c0075701_22395224.jpg



c0075701_22394834.jpg



c0075701_22394547.jpg



c0075701_22394360.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:40 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・9・紫陽花

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 9

<蚶満寺境内の紫陽花>
c0075701_2273964.jpg



c0075701_2273648.jpg



c0075701_2273358.jpg



c0075701_2273064.jpg



c0075701_2272741.jpg



c0075701_2272241.jpg



c0075701_227154.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:33 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・8

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 8

<蚶満寺の境内>
c0075701_2150320.jpg



c0075701_2150018.jpg

<蚶満寺境内の紫陽花>
c0075701_21565871.jpg



c0075701_21565660.jpg



c0075701_21565493.jpg



c0075701_21565298.jpg



c0075701_21565044.jpg



c0075701_21564758.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:28 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・7

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 7


<蚶満寺の境内>
c0075701_213338.jpg



c0075701_2133064.jpg



c0075701_21325970.jpg



c0075701_21325696.jpg



c0075701_21325462.jpg



c0075701_21325298.jpg



c0075701_21324979.jpg



c0075701_2132451.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:21 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦・海岸を観光・6

象潟&吹浦・海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 6


<蚶満寺の境内>
c0075701_2119245.jpg



c0075701_2118599.jpg



c0075701_21185747.jpg



c0075701_21185421.jpg



c0075701_21185224.jpg



c0075701_21185016.jpg





◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:11 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟&吹浦・海岸を観光・5

象潟&吹浦・海岸を観光する。


象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 5

<蚶満寺の境内>
c0075701_2191922.jpg



c0075701_2191647.jpg



c0075701_2191433.jpg



c0075701_2191255.jpg



c0075701_2191048.jpg



c0075701_219848.jpg



c0075701_219625.jpg



c0075701_21942.jpg


◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:01 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
象潟・吹浦海岸を観光・4

象潟・吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 4

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用


<蚶満寺の境内>
c0075701_20561055.jpg



c0075701_2056739.jpg

c0075701_20563697.jpg



c0075701_20563486.jpg



c0075701_20563299.jpg



c0075701_20562831.jpg



c0075701_20561872.jpg



c0075701_20561290.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 08:52 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)