米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
富士山・江の島・鎌倉
桜&若葉
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
AI&頭・脳・心
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
未分類
以前の記事
最新のコメント
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
5月25日に、山崎理事長..
by 見次史郎 at 14:44
一昨日は、ご多忙の中、い..
by 高橋毅 at 11:12
ご指摘を有難うございまし..
by ykkyy at 09:15
宮根じゃなくて西根の間違..
by 名無し at 21:44
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:大宰府、宇佐、神社・仏閣( 42 )
昼下がりの林泉寺、2017.3.28
~昼下がりの林泉寺、2017.3.28~

 午後、所用でトータルサポートに出向き、伊佐早会長と暫し懇談する。青木敏美元サクサテクノ社長が来訪されたので片平社長を交えて四方山話をする。町内会長を年明けから急遽引き受けざるを得なくなった話や、米沢薔薇の会会長とし手のお話など、楽しく朗らかに話してくださる。あっという間に時間が空き去ってしまった。

昼下がりの林泉寺風景>
c0075701_21105122.jpg
c0075701_21093494.jpg
c0075701_21092724.jpg
c0075701_21091870.jpg
c0075701_21091298.jpg
 

【3月25日~3月29日(春分 次候) 桜始めて開く】

  桜前線が北上し、各地で桜が咲きます。
満開の桜は美しいというよりも圧倒されるような迫力すら憶えます。その姿にいつも、神が宿ると考えた古の人々の気持ちを見るような気がします。
  
【七十二候】


二十四節気は一年を24にわけたものですが、

一年を5日ごとに区切って、

季節を72に分けたのが「七十二候」です。

七十二候の魅力の一つは、

季節のサイクルが五日ごとに変わり、

展開がとても早いということです。


くらしを楽しむ七十二候

  ー日本には七十二もの豊かな季節がありますー 

                 より「引用

 広田 千悦子 

 発行所:アース・スター・エンターテイメント


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


by ykkyy | 2017-03-28 21:11 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・11

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・11



<西施像・ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 >

c0075701_231218.jpg



c0075701_231014.jpg



c0075701_2305827.jpg



c0075701_2305619.jpg



c0075701_23029100.jpg



c0075701_2302799.jpg



c0075701_2302570.jpg



c0075701_230235.jpg



c0075701_2302028.jpg



c0075701_233020.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:48 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・10

象潟&吹浦海岸を観光する。


象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 10



<芭蕉像・ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 >

c0075701_2240186.jpg



c0075701_22395825.jpg



c0075701_22395634.jpg



c0075701_22395224.jpg



c0075701_22394834.jpg



c0075701_22394547.jpg



c0075701_22394360.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:40 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・9・紫陽花

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 9

<蚶満寺境内の紫陽花>
c0075701_2273964.jpg



c0075701_2273648.jpg



c0075701_2273358.jpg



c0075701_2273064.jpg



c0075701_2272741.jpg



c0075701_2272241.jpg



c0075701_227154.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:33 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・8

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 8

<蚶満寺の境内>
c0075701_2150320.jpg



c0075701_2150018.jpg

<蚶満寺境内の紫陽花>
c0075701_21565871.jpg



c0075701_21565660.jpg



c0075701_21565493.jpg



c0075701_21565298.jpg



c0075701_21565044.jpg



c0075701_21564758.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:28 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦海岸を観光・7

象潟&吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 7


<蚶満寺の境内>
c0075701_213338.jpg



c0075701_2133064.jpg



c0075701_21325970.jpg



c0075701_21325696.jpg



c0075701_21325462.jpg



c0075701_21325298.jpg



c0075701_21324979.jpg



c0075701_2132451.jpg

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:21 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦・海岸を観光・6

象潟&吹浦・海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 6


<蚶満寺の境内>
c0075701_2119245.jpg



c0075701_2118599.jpg



c0075701_21185747.jpg



c0075701_21185421.jpg



c0075701_21185224.jpg



c0075701_21185016.jpg





◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:11 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟&吹浦・海岸を観光・5

象潟&吹浦・海岸を観光する。


象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 5

<蚶満寺の境内>
c0075701_2191922.jpg



c0075701_2191647.jpg



c0075701_2191433.jpg



c0075701_2191255.jpg



c0075701_2191048.jpg



c0075701_219848.jpg



c0075701_219625.jpg



c0075701_21942.jpg


◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 09:01 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟・吹浦海岸を観光・4

象潟・吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 4

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用


<蚶満寺の境内>
c0075701_20561055.jpg



c0075701_2056739.jpg

c0075701_20563697.jpg



c0075701_20563486.jpg



c0075701_20563299.jpg



c0075701_20562831.jpg



c0075701_20561872.jpg



c0075701_20561290.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 08:52 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)
象潟・吹浦海岸を観光・3

象潟・吹浦海岸を観光する。

象潟蚶満寺(きさかたかんまんじ)・・・ 3

◇ 象潟は「九十九島、八十八潟」、あるいは「東の松島、西の象潟」と呼ばれたように、かつては松島同様無数の小島が浮かぶ入り江だったが、文化元年(1804年)の大地震で干潟に変わった。陸地化した土地問題で本荘藩と紛争となったが、二十四世全栄覚林(生年不詳-1822年、仙北郡角館生まれ)は、命がけで九十九島の保存を主張した。

◇ 元禄2年6月、俳聖松尾芭蕉が訪れて『奥の細道』のなかで、「九十九島(つくもじま)」と呼ばれた当時の象潟の景観を絶賛している。『奥の細道』最北の地、ここで芭蕉は、中国の悲劇の美女西施を思い浮かべ、「ねぶ」を「ねむの花」と「眠る」にかけて、

“ 象潟や 雨に西施が ねぶの花 ”

(雨にけむる象潟は、あたかもまぶたを閉じた西施のように美しい)
と詠んでいる。
芭蕉はまた松島(宮城県松島町)の景観との比較もおこなっている。このなかで「干満珠寺」として登場するのが蚶満寺である。
ウィキペディア・フリー百科事典より引用

<蚶満寺の境内>
c0075701_2050547.jpg



c0075701_2050230.jpg



c0075701_2050018.jpg



c0075701_20495879.jpg



c0075701_20495697.jpg



c0075701_20495494.jpg



c0075701_20495175.jpg


c0075701_20494968.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-07-22 08:47 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Comments(0)