米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
帝人
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
未分類
以前の記事
最新のコメント
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スタートアップ(起業)大競争
~スタートアップ(起業)大競争、変わるかニッポン~


日本経済新聞 2018年8月6日~9日
スタートアップ大競争 変わるかニッポン①~④より

スタートアップの役割は、常識からかけ離れた発想で事業を興す事。

 日本のように成長力が衰えた国にとって、現状維持は衰退を意味する。柔軟な発想でイノベーションを生むスタートアップの裾野の広さが国の浮沈を握る。再チャレンジ支援、一円起業・・・・。政府も支援策を打ち出した。

 トップ大学の優れた人材こそ率先して起業し社会を変える側に回る。こんな傾向は米シリコンバレーのスタンフォード大学が有名だが、最近は米国の専売特許とも言えなくなった。・・・・・

 東大卒業後、都市銀行を経てミドリムシ開発のユーグレナを興した出雲充氏(38)。東大発スタートアップについて問うと、次の答えが返ってきた。「まだ物足りない。日本の埋もれた技術を事業するため東大生はもっと勝負すべきだ」

 六本木ヒルズの起業家らが一世を風靡して10年余り。日本で再びスタートアップの活躍に視線が集まっている。ブームを超えて日本に根付くのか。
c0075701_12375653.jpg
≪起業した方々の苦労と実績≫

<加藤 崇(39)氏・連続起業家>
2012年に研究者とともにヒト型ロボット開発のSCHAFTを創業。
「リスクが高い」「同じような企業が失敗している」と資金調達の交渉で国内投資家から相手にされなかった。

2015年に米フラクタは水道管の劣化を予測する人工知能・AIソフトウエアを開発し、事業は順調に成長した。

<Omiseホールディングス 長谷川 潤CEO(37)>
2013年創業。ネット通販サービスの開発や決済システム事業。
「日本は決断が遅く、大企業のルールで動くガラバゴス市場」。
タイでの起業を選択。ソーシャルメディアでどこでもつながり、起業できる時代。

<テックポイント・インク小里文宏社長(59)>
2017年に東証マザーズに上場。車載カメラ向け半導体事業。
シリコンバレーで3社を起業。大手複写機メーカー時代に新事業を提案するも、取り合ってもらえず、米国で起業。 

c0075701_12470584.jpg

<由紀精密・大坪正人社長(43)>
2013年、家業の金属加工会社の3代目社長に就任。航空・宇宙産業へ参入。
2018年9月期の売上高は前期比2割増の約5億円。10年前の3倍強。
家業を立て直した後、由紀ホールディングスを設立。
後継者不足などで廃業の危機にある中小に出資し、お互いの技術力を融和し再生。大田区の金型工場を取り込み、グループ前12社、売上高は66億円となった。ベトナム、香港、中国・深圳、フランス・・・・。グループ会社の拠点は世界のものづくりの主要地域を網羅する。
 モデルは、高級ブランドを多数抱えるLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン。同社は傘下に入れたブランドの個性を残しながら成長を続ける。

<本多プラス・本多孝充社長(49)>
修正液ボトルの国内シェアトップを誇り、文具の容器に強かったがデザイン拠点事業に転換し、今や化粧品や食品の容器まで手掛け、独自性が評価され受注単価も上昇。従業員数は約200人と社長就任の2011年から5割増え、9人のデザイナーを抱える。


<リチウムイオン電池開発&製造・エリーパワー 吉田博一社長(80)>
 旧住友銀行(現三井住友銀行)で副頭取まで務めた。65歳を迎え、「自分はまだやり切っていない」という思いで、69歳で家族の猛反対を押し切って仲間4人と起業。
 母校・慶應義塾大学の電気自動車開発プロジェクトのネックが安全で安いリチウムイオン電池の開発と知り起業。古巣に頼らず、飛込同然で資金集め。ダイワハウス工業の出資を機に大企業の出資が決まり軌道に乗る。
c0075701_13335294.jpg
<人工知能(AI)開発のシナモン・平野未来社長(34)>
2012年 東南アジア向けの写真共有アプリで創業後、面倒な事務作業を全てAIが肩代わりするソフトを開発。6月にソニー系ファンドなどから総額9億円の調達に成功。
c0075701_13191800.jpg
❖ 人手不足を背景に、シニアや女性の活躍の場が広がる。もう一歩進み、起業家が増えれば日本の風景も変わる。
【2017.8.31】

~今日の勝者が明日の敗者になる世界のスタートアップ競争・2~

スタートアップ(起業)大競争  ここまで来た! ④ 国を鍛える
 日本経済新聞 2017.8.
31より


≪新しい発想で事業を生み出すスタートアップ企業こそが次世代のインフラの担い手≫

 21世紀は人材への投資こそが国の成長を左右し、世界各国が教育や医療などのインフラ整備を整備を急ぐ。

<英クイッパ―(ロンドン):スマホなどで視聴できるオンライン講義システムを開発>

DeNA創業メンバーの渡辺雅之最高戦略責任者(CSO)が2010年に設立。
 教育は国の成長を支える礎となる。スタートアップの発想と行動力が時代を担う若者の教育改革を支える。

◆ フィリピン、インドネシアなど6カ国で、3000万人以上がが利用。メキシコの教育委員会は4月に200校・役3万人で導入することを決めた。

<米ジップライン:世界初となるドローンによる商用物流の実験に乗り出す>

◆ アフリカのルワンダで交通が不便な離村などにある約50か所の医院に輸血パックや医薬品をドローンが届ける。

<インドネシアのゴジェック:街中で無数に走る個人商売のバイクタクシーから最も早く荷物を届けられる運転手を手配>

◆ 平日の午後、」インターネット通販で注文し、受取場所をオフィスに指定すると、約2時間半後にはバイクに乗った運転手が商品を届けた。
  迅速な配達を実現したのが、バイク乗りのシェアサービスを手掛けるゴジェックだ。
◆ 新興国でもネット通販や宅配が生活のインフラとして定着。政府は消費者や低所得者層の雇用促進策としてゴジェックに期待。

c0075701_22342082.jpg


【2017.8.30】

~今日の勝者が明日の敗者になる世界のスタートアップ競争・1~

スタートアップ(起業)大競争  ここまで来た! ③ 4億人サバイバル
 日本経済新聞 2017.8.
30より

≪競合と摸倣しのぎを削る≫

 スタートアップ企業が設立後10年で生き残れる確率は「1割」。
世界で4億人の起業家がしのぎを削り、新製品が1年もたずにコモディティ(汎用)化する。ビジネスモデルを改善し続けなければ、競争で埋没してしまう。

<サービス開始から1年で世界1億人の会員を獲得したシェア自転車・モバイク>

◆ チューブをなくしたタイヤでパンクを防ぐ
◆ GPSで違法な放置を防いだりする自転車を開発

<動画共有アプリの米スナップ>

 送った動画が相手の閲覧後に消える機能を米フェイスブックに真似られ利用者が伸び悩む。
スタートアップ企業が開発した商品、サービスを模倣して稼ぐビジネスモデル・トロール(怪物)手ぐすね引く。

誰が最初にやったかでない。
ビジネスを理解し柔軟に振る舞うことが重要だ!

<介護世界最大手・仏コリアングループ>

 あらゆるモノがネットに繋がる「Iot」を使った介護が始まった。高齢者の下腹部に付けたセンサーで体内の尿を測り、排尿のタイミングを知らせる。介護士の負担が減り、高齢者の自尊心も保たれる。
 
<世界初の排尿予知センサー>

 開発したのは、トリプル・ダブリュー・ジャパン。起業から2年半で日本国内約150施設に導入し、海外展開を急ぐ。世界初でいられる期間は短い。

c0075701_01070495.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-08-11 16:15 | AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ykkyy.exblog.jp/tb/29681968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード