人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「はやぶさ2」な数々の成果
~「はやぶさ2」な数々の成果~

NHK NEWS WEB より

 探査機「はやぶさ2」は去年6月、小惑星「リュウグウ」に到着後、数々の成果をあげています。

💛 成果1.:「宇宙探査技術」

① 去年9月と10月には相次いで小型の探査ロボットを小惑星に投下することに成功し観測を実施、岩に覆われる「リュウグウ」の地表の写真を地球に送り届けました。

② 今年2月、「リュウグウ」への最初の着陸を成功させ、小惑星表面の岩石採取に成功したとみられています。今回2回目の着陸は、より難しい小惑星内部の岩石採取を目指しました。

③ 4月に金属の塊を「リュウグウ」に衝突させて作った人工クレーターの近くに再び着陸を成功させ、地下にあるより変質が少ない岩石の採取に成功したとみられます。

💛 成果2.:「科学的成果」

① 赤外線などを使った観測で「リュウグウ」の岩石の組成を調べたところ、中に水が存在する特徴的な反応が出たのです。

水は液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、「含水鉱物」と呼ばれます。こうした岩石が「リュウグウ」にあることがわかったのです。

② さらに「炭素」の存在も見えてきました。人をはじめ、地球上の動植物は「炭素」を成分とした有機物でつくられています。

リュウグウの表面を覆う岩石の色は全体的に黒く、これは有機物には不可欠な「炭素」が多く含まれている証拠とみられています。


💛 成果3.:学説の検証・解明につながる

① こうした成果は、小惑星などの天体が地球にぶつかり、生命のもととなる水や有機物がもたらされたという学説の検証につながるのです。

② また、重力やその形状を詳しく観測した結果、「リュウグウ」の密度は低く、内部は隙間が多いこともわかってきました。

③ こうした構造から「リュウグウ」は天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生した可能性が高いということです。その大もととなった天体は、火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か、「オイラリア」とみられることもわかってきました。

💛💛 地球などの惑星は、小惑星といった小さな天体が集まってできたとみられていて、小惑星の成り立ちを知ることは太陽系誕生の謎の解明にもつながるのです。

「はやぶさ2」な数々の成果_c0075701_15455049.png
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-07-14 15:43 | 科学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ykkyy.exblog.jp/tb/30362768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード