人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 09月 10日 ( 8 )
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース
~朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース


≪朝:食パン&コーヒー

≪昼:青源の焼き餃子、味噌味≫
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20465480.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20464905.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20463527.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20461333.jpg

≪夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース≫
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20483890.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20482573.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20491516.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20481657.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20480926.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20480462.jpg
朝:食パン&コーヒー 昼:青源の焼き餃子、味噌味 夜:茄子味噌炒め、紫蘇添え茹で茄子、キュウリの朝漬け、かまぼこ、トウモロコシ、枝豆&野菜ジュース_c0075701_20475978.jpg



【ヨーロッパの格言】

💛 朝食は金
💛 昼食は銀
💛 夕食は銅

あるいは、
💛 朝は王様のように
💛 昼は貴族のように
💛 夜は貧者のように
食べよ

食:夏目漱石】

💛 夜は朝食を思い、
💛 朝は昼食を思い、
💛 昼は夕食を思う。

 命は食にありと。この諺の適切なる、余の上に若くなし。

 自然はよく人間を作れり。

 余は今、食事のことのみ考えて生きている。


※:若(し)くなし:及ぶものはない(『日記』明治43年10月4日)
 文春新書 漱石「こころ」の言葉 夏目漱石 矢島裕紀彦編より
 明治43年(1910年)に旧米沢高等工業学校が創立。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-09-10 20:53 | 朝食、昼食、夕食 | Trackback | Comments(0)
先住民の人たちには、うつも自殺も寝たきりもない
~先住民の人たちには、うつも自殺も寝たきりもない~

毎週楽しみにしている毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大の特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新・心のサプリ」・令和元年・2019.9.8のテーマは「日本とアマゾン」
先住民の人たちには、うつも自殺も寝たきりもない_c0075701_20362537.jpg
南米アマゾンの熱帯雨林で次々と森林火災が発生している報道をみた。
10年近く前だが、このアマゾンの熱帯雨林地域に住む先住民族と森林をサポートするお仕事に20年以上携わっている女性の講演を聞いたことがある。森林の話と同時に非常に興味深かったのは、
❖「先住民の人たちには、うつも自殺も寝たきりもない」という言葉だった。
❖ また人々の間に無用な争いのようなものがなく、全員で話し合うようなシステムがあることも知った。
❖ 成人になる前に、はっきりした通過儀礼があり、たしか、女性の場合は1年間家族や仲間と離れた場所で住み自分と向き合い孤独を乗り越えるのだとも伺った。日々生命の危険にさらされるという。だから、「アマゾンでは一日が小さな一生なの」ということの重みと命の価値を頭だけでなく身体全体で感じ取っている人々が暮らすアマゾンを想像した。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-09-10 20:33 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
青春の詩碑
~青春の詩碑~

<青春の詩碑>
青春の詩碑_c0075701_20092664.jpg

【2019.9.10ニュース】

台風15号 市民の声「水がない。千葉の実情伝わっていない」

台風15号で大きな被害を受けた千葉県館山市に暮らす20代の女性が今、一番つらいのは水がないことだと話しています。

女性は、自宅に水を備蓄していましたが9日の昼頃には底をついてしまったといいます。

近くのスーパーやコンビニに行きましたが、店舗のガラスが散乱し、閉店していました。車で足をのばし、コンビニなどを探しましたが、水や食料はほとんど売り切れて、購入できなかったといいます。

9日夜は、自宅で食べられるものを調理し、タオルを残った水を浸して涼をとり暑い夜をしのぎました。

10日、気温が30度を超える中、女性はSNSにメッセージを書きました。「コンビニも今日はみんなやってないので、食料もないです」「いま出先で飲み水がなくなったので熱中症になりそう」この投稿のあと、自分が勤める隣の市の会社に出向き、同僚から炭酸入りの飲料水を分けてもらったと言います。

女性は今、千葉県の被害の実情が伝わっていないのでないかと、不安を感じています。

「避難所は台風が過ぎ去った後に閉鎖してしまいました。お年寄りは、ご自宅に帰ったと思いますが停電、断水してるため暑い部屋で水も浴びれず、使えない冷蔵庫に入った食料を食べるしかないと思います。千葉県南部で誰か倒れても、誰も気づいてくれないんじゃないか。被害の実情が伝わらなければ支援も届きません。ほんとに助けてほしいです」



<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2018.9.10ニュース】

目黒のさんま祭り 秋の味覚に大勢の家族連れ

旬のサンマが無料でふるまわれる恒例の「目黒のさんま祭り」が、東京のJR目黒駅前で開かれ、多くの人たちでにぎわっています。

この催しは、古典落語の「目黒のさんま」にちなんで、地元の商店街が毎年、この時期に開いています。

会場には、岩手県宮古市で水揚げされたサンマ、およそ7000匹が用意され、炭火焼きの香りが漂う中、列を作って待っていた家族連れなどが秋の味覚を味わっていました。

ここ数年、高値が続いたサンマは、今シーズンの出だしは水揚げ量が伸びて価格が下がっていますが、今月に入ってやや漁獲量が落ち込んでいるということです。

横浜市から家族と来た40代の女性は「とてもおいしかったです。毎年、楽しみに来ていますが、ことしは涼しく、秋が来たなと感じます」と話していました。

サンマを提供した「宮古水産物商業協同組合」の島香尚組合長は「ことしのサンマは大きく脂ものっています。宮古のおいしいサンマを味わってほしいです」と話していました。


<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2017.9.10ニュース】

富士山の登山道閉鎖 夏山シーズン終わる

富士山はこれから雪が本格的に降る季節を迎えるため、10日で登山道が閉鎖となり、ことしの夏山シーズンが終わりました。

初めて富士山に登ったという大阪の73歳の男性は「けさ、ご来光を見てお鉢巡りもしてきました。閉山前に登ることができてよかったです。80歳になったら再びチャレンジしようと思います」と話していました。
また、30年ぶりに登ったという神奈川の男性は「山頂付近は景色もよく、きょう登ることができてよかったです」と話していました。


【2016.9.10ニュース】

<厚労省 「36協定」のあり方見直し検討開始>

 長時間労働を防ぐため、厚生労働省は、労使の合意があれば上限なく時間外労働が認められる、いわゆる「36協定」のあり方を見直すための検討を始めました。
 
 「36協定」現状は

 労働基準法では、「36協定」を届け出れば、上限なく時間外労働が認められるため、長時間労働への歯止めがないという指摘があります。
厚生労働省が平成25年度に行った調査によりますと、「36協定」を結んでいる事業所のうち、月45時間を超える時間外労働を認める特別条項をつけている事業所は40.5%に上っていました。
このうち2割以上の事業所が、いわゆる過労死ラインと呼ばれる月80時間を超える時間外労働を認めていて、中には月100時間を超える事業所もありました。
 

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 



【2015.9.10ニュース】

<栃木県に大雨特別警報 最大級の警戒を>

気象庁によりますと、台風18号から変わった低気圧の影響で、湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、関東から東北南部にかけてきのう午後から帯状の発達した雨雲が南北にかかり続けています。
午前6時までの1時間には茨城県のつくば市で38.5ミリ、筑西市門井で38ミリ、栃木県真岡市で37ミリの激しい雨が降りました。

栃木県では10日の明け方にかけて非常に激しい雨が降り続き、この24時間の雨量が多いところで500ミリを超えて、平年の9月1か月の雨量の2倍に達するなど、各地で記録的な大雨となっています。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 
 

【2014.9.10ニュース】

<アップル 腕時計型の情報端末を発表>

 アップルは9日、本社があるカリフォルニア州のクパチーノで新製品の発表会を開きました。
このうち、腕時計型の情報端末「アップルウオッチ」は、アップルにとって初めての身に付けて操作するウエアラブル端末で、スマートフォンのiPhoneと連携して通話やメールのやり取り、それに音楽を聞くことができます。
また、心拍数の測定や運動やカロリーの消費などの情報を記録することができ、端末を読み取り器に近づけるだけで支払いができるサービスも導入しています。

【2013.9.10ニュース】


<イプシロン 14日打ち上げへ>
 予定時刻の直前になって打ち上げを中止した新型の国産ロケット、イプシロンについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、次の打ち上げ日を今月14日とすることを決めました。
 

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 
 
  
青春の詩碑_c0075701_13405876.jpg

  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
青春の詩碑_c0075701_17173480.jpg

 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the star like things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-09-10 19:52 | 青春 | Trackback | Comments(0)
君子は言に訥にして・・・里仁第四、論語抄・26
曰わく、

君子は言に訥にして、

行いに敏ならんことを欲す。


<入徳門>

足利学校に入る最初の門で、寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。
 
君子は言に訥にして・・・里仁第四、論語抄・26_c0075701_20113836.jpg


君子は言に訥にして・・・里仁第四、論語抄・26_c0075701_20113959.jpg

 <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。




c0075701_2302537.jpg


c0075701_2302086.jpg


<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

c0075701_20122397.jpg
 

孔子は言った。

君子は、口べたであるが、行動の実践には、

すばやく対応しようと心がけるものだ。



論語抄 史跡足利学校より

c0075701_2222244.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-09-10 06:51 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
咲いている川西ダリヤ園・・・106
~咲いている川西ダリヤ園・・・106~

650種、10万本のダリヤが咲いてます!
咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6475696.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6475074.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6474373.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6473757.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6473246.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・106_c0075701_6472415.jpg


0096

かなしさは 日光のもと ダアリヤの

   紅色ふかく くろぐろと咲く

                      茂吉

いにしへの クレオパトラを 飾りたる

    玉の色して めでたきダリヤ
                      
                      晶子

君と見て 一期の別れ する時も

    ダリヤは紅し ダリヤは紅し 

                      白秋

放たれし 女のごとき わが妻の

    振る舞う日なり  ダリヤを見入る

                      啄木


ただ一つ のこるダリヤの 花見れば

      くづるるに近し  紅の色

                        赤彦



  散歩をしていると、道端の花や草花が目に留まる。志村ふくみさんの随筆「語りかける花」(※)で藤田千恵子さんが解説されている文にある・・・・山かげの道で「語りかけてくる草や花」・・・をお借りしてタイトルとする。
※:ちくま文庫(発行所:株式会社 筑摩書房)

 散歩が楽しい。歩くと頭が冴える。五感が研ぎ澄まされてくる。第六感も目覚める。行きかう人との挨拶も楽しい。何よりも楽しいのが道端の草木や花が語りかけてくるののが分かる。此処まで到達するまで何十年?
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-09-10 06:28 | 語りかける花・はな・ハナ | Trackback | Comments(0)
咲いている川西ダリヤ園・・・105
~咲いている川西ダリヤ園・・・105~

650種、10万本のダリヤが咲いてます!
咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_735711.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_734875.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_733460.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_733526.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_732223.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_731983.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・105_c0075701_731237.jpg



0090

かなしさは 日光のもと ダアリヤの

   紅色ふかく くろぐろと咲く

                      茂吉

いにしへの クレオパトラを 飾りたる

    玉の色して めでたきダリヤ
                      
                      晶子

君と見て 一期の別れ する時も

    ダリヤは紅し ダリヤは紅し 

                      白秋

放たれし 女のごとき わが妻の

    振る舞う日なり  ダリヤを見入る

                      啄木


ただ一つ のこるダリヤの 花見れば

      くづるるに近し  紅の色

                        赤彦



  散歩をしていると、道端の花や草花が目に留まる。志村ふくみさんの随筆「語りかける花」(※)で藤田千恵子さんが解説されている文にある・・・・山かげの道で「語りかけてくる草や花」・・・をお借りしてタイトルとする。
※:ちくま文庫(発行所:株式会社 筑摩書房)

 散歩が楽しい。歩くと頭が冴える。五感が研ぎ澄まされてくる。第六感も目覚める。行きかう人との挨拶も楽しい。何よりも楽しいのが道端の草木や花が語りかけてくるののが分かる。此処まで到達するまで何十年?
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-09-10 06:25 | 語りかける花・はな・ハナ | Trackback | Comments(0)
咲いている川西ダリヤ園・・・104
~咲いている川西ダリヤ園・・・104~

650種、10万本のダリヤが咲いてます!
咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_6564457.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_6563439.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_6562685.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_656207.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_656948.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_656029.jpg

咲いている川西ダリヤ園・・・104_c0075701_655533.jpg


0083

かなしさは 日光のもと ダアリヤの

   紅色ふかく くろぐろと咲く

                      茂吉

いにしへの クレオパトラを 飾りたる

    玉の色して めでたきダリヤ
                      
                      晶子

君と見て 一期の別れ する時も

    ダリヤは紅し ダリヤは紅し 

                      白秋

放たれし 女のごとき わが妻の

    振る舞う日なり  ダリヤを見入る

                      啄木


ただ一つ のこるダリヤの 花見れば

      くづるるに近し  紅の色

                        赤彦



  散歩をしていると、道端の花や草花が目に留まる。志村ふくみさんの随筆「語りかける花」(※)で藤田千恵子さんが解説されている文にある・・・・山かげの道で「語りかけてくる草や花」・・・をお借りしてタイトルとする。
※:ちくま文庫(発行所:株式会社 筑摩書房)

 散歩が楽しい。歩くと頭が冴える。五感が研ぎ澄まされてくる。第六感も目覚める。行きかう人との挨拶も楽しい。何よりも楽しいのが道端の草木や花が語りかけてくるののが分かる。此処まで到達するまで何十年?
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-09-10 06:19 | 語りかける花・はな・ハナ | Trackback | Comments(0)
青春の詩碑
~青春の詩碑~

<青春の詩碑>
青春の詩碑_c0075701_20092664.jpg

【2019.9.10ニュース】

ブラームス国際コンクール ピアノ部門で日本人が1~3位独占

若手音楽家の登竜門として知られるオーストリアの「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」で、日本の三原未紗子さんがピアノ部門で優勝したほか、2位と3位も日本人が受賞するなど上位を独占する活躍を見せました。

「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」は、19世紀の作曲家、ブラームスにちなんで、毎年この時期、オーストリア南部のペルチャッハで開かれ、ヨーロッパの権威あるコンクールの1つで、若手音楽家の登竜門としても知られています。

26回目となる、ことしのコンクールでは7日夜、ピアノ部門の決勝が行われ、神奈川県藤沢市出身で、オーストリアのザルツブルクの音楽大学などを卒業し、現在日本で活動している三原未紗子さん(30)が優勝しました。

三原さんは、NHKの取材に対して「結果に驚いています。決勝で演奏したブラームスのピアノ協奏曲1番は、長年演奏したかった曲であり、リハーサルのときから夢がかなった気分でした。今後も演奏を通じて、音楽のよさを伝えていきたい」と喜びを語っていました。

さらに2位には東京出身の尾島紫穂さん、3位には神奈川出身の石井楓子さんが入り、日本の音楽家が上位を独占する活躍を見せました。

また、声楽の部門では、東京都出身のソプラノ歌手、櫻井愛子さんが2位に入賞し、「自分の歌が伝わるか心配だったが、2位に入ってびっくりした。今後、海外で挑戦したい」と話していました。

8日夜には、ことしの優勝者の三原さんらの演奏会が開かれるということです。



<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2018.9.10ニュース】

目黒のさんま祭り 秋の味覚に大勢の家族連れ

旬のサンマが無料でふるまわれる恒例の「目黒のさんま祭り」が、東京のJR目黒駅前で開かれ、多くの人たちでにぎわっています。

この催しは、古典落語の「目黒のさんま」にちなんで、地元の商店街が毎年、この時期に開いています。

会場には、岩手県宮古市で水揚げされたサンマ、およそ7000匹が用意され、炭火焼きの香りが漂う中、列を作って待っていた家族連れなどが秋の味覚を味わっていました。

ここ数年、高値が続いたサンマは、今シーズンの出だしは水揚げ量が伸びて価格が下がっていますが、今月に入ってやや漁獲量が落ち込んでいるということです。

横浜市から家族と来た40代の女性は「とてもおいしかったです。毎年、楽しみに来ていますが、ことしは涼しく、秋が来たなと感じます」と話していました。

サンマを提供した「宮古水産物商業協同組合」の島香尚組合長は「ことしのサンマは大きく脂ものっています。宮古のおいしいサンマを味わってほしいです」と話していました。


<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2017.9.10ニュース】

富士山の登山道閉鎖 夏山シーズン終わる

富士山はこれから雪が本格的に降る季節を迎えるため、10日で登山道が閉鎖となり、ことしの夏山シーズンが終わりました。

初めて富士山に登ったという大阪の73歳の男性は「けさ、ご来光を見てお鉢巡りもしてきました。閉山前に登ることができてよかったです。80歳になったら再びチャレンジしようと思います」と話していました。
また、30年ぶりに登ったという神奈川の男性は「山頂付近は景色もよく、きょう登ることができてよかったです」と話していました。


【2016.9.10ニュース】

<厚労省 「36協定」のあり方見直し検討開始>

 長時間労働を防ぐため、厚生労働省は、労使の合意があれば上限なく時間外労働が認められる、いわゆる「36協定」のあり方を見直すための検討を始めました。
 
 「36協定」現状は

 労働基準法では、「36協定」を届け出れば、上限なく時間外労働が認められるため、長時間労働への歯止めがないという指摘があります。
厚生労働省が平成25年度に行った調査によりますと、「36協定」を結んでいる事業所のうち、月45時間を超える時間外労働を認める特別条項をつけている事業所は40.5%に上っていました。
このうち2割以上の事業所が、いわゆる過労死ラインと呼ばれる月80時間を超える時間外労働を認めていて、中には月100時間を超える事業所もありました。
 

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 



【2015.9.10ニュース】

<栃木県に大雨特別警報 最大級の警戒を>

気象庁によりますと、台風18号から変わった低気圧の影響で、湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、関東から東北南部にかけてきのう午後から帯状の発達した雨雲が南北にかかり続けています。
午前6時までの1時間には茨城県のつくば市で38.5ミリ、筑西市門井で38ミリ、栃木県真岡市で37ミリの激しい雨が降りました。

栃木県では10日の明け方にかけて非常に激しい雨が降り続き、この24時間の雨量が多いところで500ミリを超えて、平年の9月1か月の雨量の2倍に達するなど、各地で記録的な大雨となっています。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 
 

【2014.9.10ニュース】

<アップル 腕時計型の情報端末を発表>

 アップルは9日、本社があるカリフォルニア州のクパチーノで新製品の発表会を開きました。
このうち、腕時計型の情報端末「アップルウオッチ」は、アップルにとって初めての身に付けて操作するウエアラブル端末で、スマートフォンのiPhoneと連携して通話やメールのやり取り、それに音楽を聞くことができます。
また、心拍数の測定や運動やカロリーの消費などの情報を記録することができ、端末を読み取り器に近づけるだけで支払いができるサービスも導入しています。

【2013.9.10ニュース】


<イプシロン 14日打ち上げへ>
 予定時刻の直前になって打ち上げを中止した新型の国産ロケット、イプシロンについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、次の打ち上げ日を今月14日とすることを決めました。
 

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)> 
 
  
青春の詩碑_c0075701_13405876.jpg

  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
青春の詩碑_c0075701_17173480.jpg

 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the starlike things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-09-10 05:10 | 青春 | Trackback | Comments(0)