人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
未分類
以前の記事
最新のコメント
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 12月 06日 ( 6 )
神戸ルミナリエ 2015・・・2
~神戸ルミナリエ 2015・・・2~

 阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と都市の復興。再生への夢と希望を託し開催されている神戸ルミナリエ。
今年は入口のフロントーネから16mに渡り、日本初公開の天井高さ約15mの屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示。左右に壁が作られ「光のトンネル」が楽しめる。



山陽沿線GUIDE 「ESCORT・エスコート 12」 より引用


行きは、元町駅東口から順路入口に、誘導に沿って大丸神戸店を4分の3周して、一方通行の観覧ルートで会場へ。
帰りは、フラワーロードを三宮駅方面へ。


「神戸ルミナリエ2015」 公式ガイド より引用


<噴水広場のイルミネーションが倒壊>

12月11日(金)未明、強風の影響により、神戸ルミナリエ会場内の最も華やかなイルミネーション・噴水広場に於ける作品が倒壊など被害を受ける。

 


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20413878.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20413321.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20412970.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20412112.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20411626.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_2041148.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_204148.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_2041022.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20405251.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20404554.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20403722.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20542378.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20541247.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_2054428.jpg
神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20521819.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20514243.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20512921.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20511994.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_205154.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20485050.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・2_c0075701_20483777.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 17:20 | 光、照明、明かり、灯かり | Trackback | Comments(0)
神戸ルミナリエ 2015・・・1
~ 神戸ルミナリエ 2015・・・1~

 阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と都市の復興。再生への夢と希望を託し開催されている神戸ルミナリエ。
今年は入口のフロントーネから16mに渡り、日本初公開の天井高さ約15mの屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示。左右に壁が作られ「光のトンネル」が楽しめる。

山陽沿線GUIDE 「ESCORT・エスコート 12」 より引用


行きは、元町駅東口から順路入口に、誘導に沿って大丸神戸店を4分の3周して、一方通行の観覧ルートで会場へ。
帰りは、フラワーロードを三宮駅方面へ。


「神戸ルミナリエ2015」 公式ガイド より引用


<噴水広場のイルミネーションが倒壊>

12月11日(金)未明、強風の影響により、神戸ルミナリエ会場内の最も華やかなイルミネーション・噴水広場に於ける作品が倒壊など被害を受ける。

 


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20142273.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20141312.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2014412.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20135441.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20134621.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2013399.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20133247.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20132379.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20131868.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2013127.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20131073.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2013186.jpg

神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20125412.jpg



神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2028211.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20275713.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20274992.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20274469.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20273824.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20273185.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20271959.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2027985.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_2027042.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20265519.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20264844.jpg


神戸ルミナリエ 2015・・・1_c0075701_20264068.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 17:17 | 光、照明、明かり、灯かり | Trackback | Comments(0)
第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了
~第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了~
第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_5342238.jpg




第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_2271314.jpg

会場:南陽市中央花公園 特設会場
    (南陽市民体育館 敷地内)
期間:10月20日(土)~11月11日(日)
◆最終日の午後でしたので、「菊人形展」第100回テーマ「平清盛」菊人形場面全6景葉見ること出来ず残念。

第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_5341239.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_2271191.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_22762.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_227446.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_227044.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(23)・・・この項終了_c0075701_2265466.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 07:04 | 語りかける花・はな・ハナ | Trackback | Comments(0)
第100回 南陽の菊まつり展(22)
~第100回 南陽の菊まつり展(22)~

第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21554421.jpg


会場:南陽市中央花公園 特設会場
    (南陽市民体育館 敷地内)
期間:10月20日(土)~11月11日(日)
◆最終日の午後でしたので、「菊人形展」第100回テーマ「平清盛」菊人形場面全6景葉見ること出来ず残念。
第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21554146.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21553945.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21553610.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21553481.jpg



第100回 南陽の菊まつり展(22)_c0075701_21552973.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 07:03 | 語りかける花・はな・ハナ | Trackback | Comments(0)
司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45
司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45

子の曰わく、君子は憂えず、懼(おそ)れず、と。

曰わく、憂えず、懼れず、斯(こ)れ之を

君子と謂うべきか、と。

子曰わく、内に省みて疚(やま)しからずんば、

夫(そ)れ名にをか憂え、何をか懼れん、と。

❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。



司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_2302537.jpg


司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_2302086.jpg

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_06112766.jpg
司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_06112010.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_20122397.jpg
門人の司馬牛が、

君子とはどのような人物であるかと尋ねた。

孔子は答えた。

「何事にも憂えず、何事にも恐れないのが君子である。」と。

さらに司馬牛が尋ねた。

「それだけで君子と言えるのか。」と。

孔子は答えた。

「自分自身の心に、うしろ暗いものがなければ、

何事をも憂えたり、恐れたりすることはないのではないか。と。」


論語抄 史跡足利学校より


≪孫が暗唱した『論語抄』の中からの5章≫
平成29年論語素読博士を受領した際の暗唱テストで選んだ5章。

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_2222244.jpg


司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_2239227.jpg

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_22384852.jpg

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_22381223.jpg

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_22374419.jpg

司馬牛、君子を問う。・・・顔淵第十二、論語抄45_c0075701_2237947.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 06:23 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
青春の詩碑
~青春の詩碑~

<青春の詩碑> 
青春の詩碑_c0075701_6345392.jpg

【2019.12.6ニュース】
山口 岩国 国の名勝 錦帯橋で大規模工事始まる

国の名勝に指定されている山口県岩国市の「錦帯橋」で、平成16年以来となる安全性を保つための大規模な工事が始まりました。今月中旬には橋が作業用のシートに覆われ、全景が見られなくなります。

山口県岩国市にある「錦帯橋」は江戸時代の工法でつくられ、5つの木造の橋が連なる構造になっていて、中央の3つは美しいアーチ状をしていて、国の名勝に指定されています。

橋の安全性を保つため、岩国市は定期的に橋の補強や修復を行っていて、2日からは5つの橋すべてを対象にした大規模な工事を始めました。

2日の工事では作業員17人が木材の状態を調べたり、防腐剤を塗ったりするための足場を組み立てる作業にあたっていました。

5つの橋すべてで工事が行われるのは平成16年以来だということで、来年3月中旬にかけて橋の強度の確認や木材の防腐処理、それに金物の塗装などが行われます。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>
【2017.12.6ニュース】

将棋 羽生棋聖が前人未到の「永世七冠」達成

将棋の羽生善治棋聖が竜王戦の七番勝負を制して通算7期目となる竜王のタイトルを獲得し、永世竜王の資格を得ました。これで現在7つある将棋の永世称号の資格をすべて獲得し、前人未到の「永世七冠」達成を果たしました。

羽生さんは竜王のタイトルを奪還するとともに永世竜王の資格を獲得し、7つの永世称号をすべて獲得するという前人未到の永世七冠達成を果たしました。

さらに、通算獲得タイトル数を99期として、同じく前人未到の大記録となる100期の大台に王手をかけました。
自身も永世棋聖の資格を持つ、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は、「前人未到の偉大な記録に改めて敬意を表します。どんな厳しい環境、状況下におかれてもそれを受け入れ、戦い続ける姿勢には畏敬の念にたえません。これからも体調にご留意され、ますますのご活躍を祈念いたします」とコメントしています。

永世名人の資格を持つ、谷川浩司九段は、「永世称号は一つだけでも大変なのに、七つすべてとは信じられません。羽生さんの飽くなき好奇心、探究心が、47才になっても若手と最新型でぶつかり合う姿勢につながっているのでしょう。相手の得意形に飛び込み、相手もよい内容の将棋を指す中で、結果を出し続けるのがすごいと思います。心よりおよろこび申し上げます」とコメントしています。


<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>
【2016.12.6ニュース】

<首相 真珠湾訪問で米新政権発足後も日米関係維持を>

 安倍総理大臣は今月下旬にハワイを訪れ、現職の総理大臣として初めて真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊することにしています。安倍総理大臣としては、今回の訪問を、トランプ新政権発足後も安定的な日米関係を維持することにつなげたい考えです。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2015.12.6ニュース】

<仙台 地下鉄東西線 予定どおり開業>

 仙台市で2つ目となる地下鉄の路線で、東日本大震災で工事が一時中断されながら、計画どおり9年で完成した、仙台市地下鉄東西線が、6日、開業しました。

 津波の被害を受けた沿岸部の荒井駅から、仙台駅を経て、西側にある八木山動物公園駅まで、およそ14キロの区間を結ぶ路線で、総事業費およそ2300億円をかけて建設されました。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2014.12.6ニュース】
<「オリオン」無人試験機 今夜改めて打ち上げへ>

 火星に人類を送り込むためアメリカが開発を進めている次世代の宇宙船「オリオン」の無人の試験機は、日本時間の4日夜、打ち上げられる予定でしたが、風の影響などを理由に打ち上げが延期され、NASA=アメリカ航空宇宙局は5日夜、改めて打ち上げを行うことにしています。

【2013.12.6ニュース】
<日本の「和食」無形文化遺産に登録決定>
 世界各地の伝統文化などを保護するユネスコは、日本の「和食」の食文化が世代を越えて受け継がれているなどとして、無形文化遺産に登録することを決め、今後、「和食」の食文化をどう保護するかが課題となります。

ユネスコ=国連教育科学文化機関は4日にアゼルバイジャンの首都バクーで委員会を開き、日本の「和食」の食文化を無形文化遺産に登録するかどうか審議しました。
その結果、「和食」の食文化が、正月に見られるように新鮮な食材を使ったおせち料理を囲んで、家族で食事を取るなど、世代を越えて受け継がれ、地域の結びつきを強めているなどとして、無形文化遺産に登録することを決めました。
日本の無形文化遺産の登録は、歌舞伎や能楽などに次いで22件目となります。
 <詳細はNHKニュースをご覧下さい)>
青春の詩碑_c0075701_13405876.jpg


  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
青春の詩碑_c0075701_17173480.jpg


 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the star like things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman
             
     
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-12-06 05:56 | 青春 | Trackback | Comments(0)