人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2020年 01月 13日 ( 8 )
文化遺産を活用した創造都市の取り組み
~文化遺産を活用した創造都市の取り組み~


文化庁 平成31年度 地域と協働した博物館創造活動支援事業
主催:山形市想像都市推進協議会 山形文化遺産活用事業実行委員会 山形大学附属博物館
後援:山形市
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_19524180.jpg
2020年 1月11日(土)13:30~16:00
会場:山形美術館 3階
   (山形市大手町1-63)
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20334362.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20333722.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20324994.jpg
タイムテーブルテーブル
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20360172.jpg
13:30~13:35
 ごあいさつ 
 山形大学理事・副学長 阿部 宏慈氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20353924.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20344638.jpg
13:35~14:05

ボローニア大学博物館の
      博物館資料の活用について
  ボーロニア大学正規教授
  ボローニア大学博物館システム総責任者
        ロベルト・バルツァーニ氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20365499.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20363290.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20391977.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20391288.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20390768.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20385530.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20385073.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20384062.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20383519.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20381973.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20381318.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20380403.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20375302.jpg
14:05~14:15
 山形国際ドキュメンタリー映画祭と
            創造都市やまがた
   山形大学理事・副学長 阿部 宏慈氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21375065.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21380397.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21374239.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21373709.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21373080.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21372574.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21371907.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21371336.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21370721.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21364995.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21364441.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21363739.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21362946.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21360858.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21354746.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21343835.jpg


14:15~14:30
  山形美術館における地域連携
山形美術館 副館長兼学芸課長 岡部 信幸氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21314102.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21313612.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21312698.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21312185.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21311454.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21310397.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21305891.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21303880.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21303247.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21302277.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21301655.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21300954.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21300087.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21295354.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21294791.jpg
14:30~14:45
    大学博物館における地域連携    
  山形大学学術研究院准教授 佐藤 琴 氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21110912.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_20482113.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21195063.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21194274.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21192772.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21191622.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21190949.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21190375.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21185741.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21185253.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21181275.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21135861.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21135354.jpg

14:45~15:00
 文化資源を活用した創造都市山形の取り組み
     山形市企画調整部長 伊藤 浩之氏
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21253185.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21251678.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21250329.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21245416.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21244938.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21244439.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21244033.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21242710.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21261663.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21241728.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21241083.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21240384.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21235353.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21234650.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21234192.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21233508.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21233151.jpg

15:10~16:00
 報告者全員によるディスカッション

座長:山形大学学術研究院教授 山本 陽史氏
 
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21222579.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21221970.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21221235.jpg
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21215656.jpg
              
【2020.1.6】        
~ボローニアと山形の活動事例を考える:講演会案内~

💛テーマ:地域と共に歩む大学博物館
    ボローニアと山形の活動事例を考える
日時:2020.1.10 15:00~

会場:山形大学 小白川キャンパス

💛 文化遺産を活用した創造都市の取組み

日時:2020.1.11 13:30~
会場:山形美術館

文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_06200046.jpg

【街づくりの神髄

文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_21575317.jpg


<地方自治体の自治とは、ボローニャの商工会議所副会頭談>

「・・・・自分は、ここで生まれて良かった、ここで恋をし、ここで子供を育て、ここで死ぬことができて幸せだった。そう思えるような街をみんなで作りあげること、それが自治なのではないかと思いますよ」 

 ボローニャ紀行 井上ひさし著 文春文庫より引用

 四国の松山市のバスに「私は卒業してもこの町に住み、お嫁さんになってこの町に住み続けたい」のキャッチコピーがペイントされていた。街づくりの神髄が凝縮されている心に響くフレーズだ。



ボローニャピッツァ
文化遺産を活用した創造都市の取り組み_c0075701_22263928.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-13 20:58 | まちづくり・地元の話題 | Trackback | Comments(0)
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える
~地域とともに歩む大学博物館~

文化庁 平成31年度 地域と協働した博物館創造活動支援事業
主催:山形文化遺産活用事業実行委員会 山形大学附属博物館

講演会・ボローニアと山形の事例から考える

2020年 1月10日(金)15:00~17:30

会場:山形大学小白川キャンパス基盤教育1号館111教室
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19133758.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19132843.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19524180.jpg


★12:45~米国&カナダ大学生、21名を重要文化財・旧米沢高等工業学校本館を案内後、法定速度で会場に向かったので10分遅刻。
 事前にTELにて了解済み。

タイムテーブルテーブル

15:00~15:05
 ごあいさつ 山形大学理事・副学長 阿部 宏慈 氏

15:05~15:15
 ボローニア大学と山形大学交流の経緯
       山形大学学術研究院教授 山本 陽史 氏
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19170626.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19090946.jpg
15:15~15:45
 ボローニア大学博物館の博物館資料の活用について
    ボーロニア大学正規教授
    ボローニア大学博物館システム総責任者
            ロベルト・バルツァーニ氏
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19084104.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19084677.jpg
 

15:45~16:00
山形大学博物館の歴史と博物館資料の活用について
山形大学附属博物館学芸研究員・山形大学学術研究院准教授
                     佐藤 琴 氏
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19112532.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19300325.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19295165.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19294170.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19292865.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19292214.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19290347.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19214228.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19211533.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19205902.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19203801.jpg
                 

16:00~16:15
 「坤興万国全図」がつなぐイタリアと日本
山形大学附属博物館館長・山形大学学術研究院教授
                   新宮 学 氏
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19371884.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19370940.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19365798.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19365137.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19364250.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19360339.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19355726.jpg
16:15~17:30
 報告者によるディスカッション
     座長:山形大学学術研究院教授 山本 陽史 氏
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19142440.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19165866.jpg
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_19161595.jpg


【2020.1.6】

~ボローニアと山形の活動事例を考える:講演会案内~

💛テーマ:地域と共に歩む大学博物館
    ボローニアと山形の活動事例を考える
日時:2020.1.10 15:00~

会場:山形大学 小白川キャンパス

💛 文化遺産を活用した創造都市の取組み

日時:2020.1.11 13:30~
会場:山形美術館

地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_06200046.jpg

【街づくりの神髄

地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_21575317.jpg


<地方自治体の自治とは、ボローニャの商工会議所副会頭談>

「・・・・自分は、ここで生まれて良かった、ここで恋をし、ここで子供を育て、ここで死ぬことができて幸せだった。そう思えるような街をみんなで作りあげること、それが自治なのではないかと思いますよ」 

 ボローニャ紀行 井上ひさし著 文春文庫より引用

 四国の松山市のバスに「私は卒業してもこの町に住み、お嫁さんになってこの町に住み続けたい」のキャッチコピーがペイントされていた。街づくりの神髄が凝縮されている心に響くフレーズだ。



ボローニャピッツァ
地域とともに歩む大学博物館・ボローニアと山形の事例から考える_c0075701_22263928.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-13 19:55 | 博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、 | Trackback | Comments(0)
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼
~朝トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼


≪朝:トースト、おはぎ&味噌汁≫
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18380680.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18374908.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18375547.jpg
≪昼:焼鳥ももタレ≫
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18433978.jpg
≪夜:くら寿司の天丼≫
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18361118.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18360432.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18355187.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18315916.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18315013.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18313756.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18313214.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18312414.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18311802.jpg
朝:トースト、おはぎ&味噌汁 昼:焼鳥ももタレ 夜:くら寿司の天丼_c0075701_18311201.jpg
【ヨーロッパの格言】

💛 朝食は金
💛 昼食は銀
💛 夕食は銅

あるいは、
💛 朝は王様のように
💛 昼は貴族のように
💛 夜は貧者のように
食べよ

食:夏目漱石】

💛 夜は朝食を思い、
💛 朝は昼食を思い、
💛 昼は夕食を思う。

 命は食にありと。この諺の適切なる、余の上に若くなし。
 自然はよく人間を作れり。
 余は今、食事のことのみ考えて生きている。

※:若(し)くなし:及ぶものはない(『日記』明治43年10月4日)
 文春新書 漱石「こころ」の言葉 夏目漱石 矢島裕紀彦編より
 明治43年(1910年)に旧米沢高等工業学校が創立。
:1914年に設立された私立栄養学研究所の所長(1920年より国立栄養学研究所に改組)の佐伯矩は、学校給食の実施を当時の府知事、阿部浩に提言した。その結果1919年に東京府管内の小学校で始まった給食は、パンであった。・・・・
💛 佐伯は戦時中に「人も国も食の上に立つ」(『栄養』栄養社、1942年)と述べていたとおり、食は政治であり思想なのである。
てんとう虫 2019.5 日本精神史の試金石としてのパン (文:藤原辰史)より。
<まえがき>
16世紀、鉄砲とともに伝来したパン。幕末の頃から広く流布し、今や主食にまで。日本におけるその存在を改めて思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2020-01-13 18:40 | 朝食、昼食、夕食 | Trackback | Comments(0)
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~

2010.1.10 10:30~
鎌倉市長谷から横山享氏が重要文化財・旧米沢高等工業学校本館を見学される。
実家が上杉神社の向かいにあり、幼少の頃に本館を眺められていたとの事でした。
お帰りになるとき、鎌倉市長谷の甘縄神明宮隣でCafe雨ニモマケズ(土、日だけ営業)を経営されているとの事。更に不動産業を都内で手広く経営なされておりるとのこと。
世界各国40か国以上をを旅しておられるとの事。私も鎌倉&江の島が大好きなので話が弾みました。
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13051760.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13051384.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13050867.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13050314.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13045721.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13045331.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13044651.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13044264.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13043399.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13042520.jpg
~鎌倉市長谷のCafe雨ニモマケズのオーナー米沢出身の横山享氏が重文本館を見学~_c0075701_13042086.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-13 13:06 | Trackback | Comments(0)
重文本館の朝 2020.1.13
~重文本館の朝 2020.1.13~

朝、駐車場で東山禎夫教授と挨拶を交わす。高校生&大学生対象のセミナー・研修との事。
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10371409.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10370898.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10370276.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10365377.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10364785.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10363900.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10363316.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10362825.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10362273.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10361470.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10360733.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10360000.jpg
重文本館の朝 2020.1.13_c0075701_10355512.jpg



by ykkyy | 2020-01-13 10:38 | Trackback | Comments(0)
台東区立 上野中学校のスローガン
~台東区立 上野中学校のスローガン~

東京文化財研究所の向かいに、台東区立 上野中学校がある。
校門前からスローガンを見つけ撮影する。
台東区立 上野中学校のスローガン_c0075701_09215911.jpg
台東区立 上野中学校のスローガン_c0075701_09215530.jpg
う:歌声の響く学校

え:笑顔の行き交う学校

の:望みのふくらむ学校

cf。米沢市立第一中学校の校訓

【 張自由之快翼 負責任之重荷 】


自由の快翼を張り、責任の重荷を負う

安倍 能成 氏

◇ 母校米沢市立第一中学校には、安倍能成先生の筆による『自由の快翼』の扁額が掲げられている。グランドのバックネットには「自由の快翼 責任の重荷」の看板が。校庭には、石碑が建立されている。

台東区立 上野中学校のスローガン_c0075701_06234049.jpg
台東区立 上野中学校のスローガン_c0075701_06233773.jpg
台東区立 上野中学校のスローガン_c0075701_06233069.jpg




《「張自由之快翼負責任之重荷」の石碑》

この世を生きる言葉の旅・・・その4_c0075701_6155722.jpg


この世を生きる言葉の旅・・・その4_c0075701_6171562.jpg



◇ 安倍能成氏(1883~1966)は哲学者であり、教育者であり夏目漱石の門下生である。

◇ 旧制一高の校長、太平洋戦争後の文部大臣を務め、学習院院長(学習院大学長)を歴任。

◇ 始業式や終業式の行事での訓示は
  ◆ 質素であれ
  ◆ 時間を守れ
  ◆ 嘘をつくな  

     であったと伝えられている。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2020-01-13 09:30 | 孫育て・子育て | Trackback | Comments(0)
雰囲気でものを伝えるコミュニケーション
~雰囲気でものを伝えるコミュニケーション

毎週楽しみにしている毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大の特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新・心のサプリ」・令和2年2020.1.12のテーマは「本当のイエス」を言う。

 日本は、言葉でものを伝えるだけでなく、雰囲気でものを伝えるコミュニケーションをする。この高コンテキストと呼ばれるコミュニケーションの特殊性のために人は「言葉通り」にものをとらえない。これが忖度につながる。本当はノーだけれど、イエスと言ったり、心の中では思ってもいないのにほめて見たりすることでストレスをため込んでいる人がどんなに多いことだろう。・・・・・・
本当のイエスを、言うことは時には、相手の要求に対し、「それはできない」と、ノーと断ることになる。

💛 昨日のブログに記載しましたが、25年前頃に社内報の巻頭言に「明日は雪灯籠まつりというのに、雪の降らない米沢で」という題で寄稿したことが蘇る。日本でのコミュニケーションと欧米のコミュケーションを映画を題材に、意識して正確な言葉を使うようにしましょう!との内容であった。
 今は、全ての場面ではないが、雰囲気でものを伝えるコミュニケーションが大切だと思うようになった。私の欠点の一つですが、自分の心にないことを言葉にすることが出来ない。どうしたらよいか悩んでおります。
雰囲気でものを伝えるコミュニケーション_c0075701_07394409.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2020-01-13 07:32 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
~青春の詩碑~ 積雪の比較
~青春の詩碑~

<青春の詩碑> 積雪の比較
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_13221237.jpg
撮影:2020.1.12 
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_09160329.jpg
撮影:2019.1.11
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_21595479.jpg
撮影:2018.1.11
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_5365947.jpg

撮影:2017.1.12
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_10322542.jpg
撮影:2013.1.12

【2020.1.13ニュース】

最大で2億円 科学論文公開で研究者が料金支払うケース増 京大

科学論文を公開するため、研究者が雑誌の出版社に料金を支払うケースが増えていて、京都大学が学内の状況を調べたところ、昨年度の投稿料は最大でおよそ2億円だったことが分かりました。専門家は、研究費を圧迫しているおそれがあり、国内全体の状況を調べる必要があると指摘しています。

科学雑誌はこれまで主に購読料を支払って読む形式だったため、研究者が論文を投稿する際に料金は生じませんでしたが、近年は誰でも無料で読めるように公開する一方で、投稿した研究者から投稿料を受け取るオープンアクセスと呼ばれる方式が増えています。

こうした中、京都大学が、所属する研究者を対象にオープンアクセスの利用状況を調べたところ、昨年度、オープンアクセスで投稿した論文は最大で1400本、投稿料は最大で1億9000万円だったことが分かりました。

投稿料の平均はおよそ13万6000円となっていて、前の年度と比べて、論文数は20%余り増加し、投稿料の総額もおよそ18%増加したということです。

科学雑誌の現状に詳しい国立情報学研究所の安達淳副所長は「信頼性の高い調査としては初めて行われたものといえる。投稿料の負担によって研究費を圧迫しているおそれがあり、国内全体の状況を早急に調べて対応を検討する必要がある」と指摘しています。


<詳細はNHKニュースをご覧下さい>



【2019.1.13ニュース】

東京の都心で初雪を観測

低気圧の影響で関東甲信は雨や雪が降っていて、気象庁は、12日午前、東京の都心で初雪を観測したと発表しました。13日にかけて関東甲信の山沿いで積雪となるおそれがあり、東京23区などでは積もらない見込みですが、最新の情報に注意してください。

気象庁によりますと、伊豆諸島付近にある低気圧の影響で関東南部を中心に雨や雪が降っているところがあります。

気象庁は「きょう午前10時40分ごろ東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。

東京の都心の初雪は、平年より9日遅く、昨シーズンより12日遅くなっています。

<詳細はNHKニュースをご覧下さい>

【2018.1.13ニュース】

頑張れ受験生 きょうから大学入試センター試験 余裕もって会場へ

ことしの大学入試センター試験は13日と14日の2日間、全国695の会場で行われ、去年より6704人多い58万2671人が受験する見通しです。

初日の13日は午前9時半から地理歴史・公民の試験が始まり、そのあと、国語、外国語、英語のリスニング試験が行われます。

大手予備校によりますと受験生が志願する学部は、雇用情勢の改善などを背景に経済学部や法学部など文系の学部に人気が集まっているということです。

13日は西日本から北日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る見通しで、大学入試センターは受験生に対して時間に余裕をもって試験会場に向かうよう呼びかけています。

さらに、雪の影響などで交通機関に遅れが出た場合は受験票に書かれた試験会場の電話番号を見て、連絡してほしいと話しています。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2017.1.13ニュース】

<週末にかけ局地的に大雪 早めの対策を>

 気象庁によりますと、北日本の上空に強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まっているため、北日本の日本海側の山沿いを中心に雪が降り続いています。

 大学入試センター試験が行われる14日の土曜日と15日の日曜日にかけては、東日本と西日本の上空にも寒気が流れ込む見込みで、東海や近畿、中国、四国などの山沿いを中心に局地的に大雪となり、平地でも雪が積もるおそれがあります。

13日夕方までに降る雪の量は、いずれも多いところで、新潟県で80センチ、東北の日本海側で70センチ、北陸と東海で60センチ、関東北部と長野県で40センチ、北海道の日本海側と近畿北部の山沿いで30センチ、中国地方の山沿いで20センチと予想されています。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2016.1.13ニュース】

<NY原油市場 一時30ドル割り込む>

 12日のニューヨーク原油市場は、OPEC=石油輸出国機構が緊急の総会を開くのではないかという観測からいったんは原油の先物に買い注文が入りましたが、その後は、中国経済の減速で需要が低迷するという見方などから再び売り注文が相次ぎました。
その結果、国際的な原油取引の指標となるWTIの先物価格は、一時、1バレル=30ドルの大台を割り込んで29ドル台後半に値下がりし、2003年12月以来およそ12年1か月ぶりの安値水準を更新しました

<12日ニュース:株価終値 6営業日連続値下がり>

 連休明けの12日の東京株式市場は中国経済の先行きに対する懸念や原油の先物価格の急落を背景に全面安の展開になり、日経平均株価は、500円近く値下がりしました。これで年明けから6営業日連続の下落となり、値下がり幅は、合わせて1800円以上になりました。


【2015.1.13ニュース】

<円安で海外の生産を国内に移す動き>

 新興国市場の拡大や円高などに対応するため日本メーカーが生産の海外移転を進めてきたなかで、キヤノンは、現在の円安水準は続くとみて、主力のデジタルカメラなど付加価値が高い新製品では今後、生産を国内に切り替えていく方針を打ち出しました。

 一方でインフラ関連など海外事業が主力になっている日立製作所や三菱電機は引き続き現地生産を拡大するとしているなど、各社の間では生産の国内回帰は限られた動きになっているのが現状です。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2014.1.13ニュース】

<日本海側で雪 冷え込み厳しく>
 冬型の気圧配置と寒気の影響で、北日本の日本海側などで断続的に雪が降り、各地で冷え込みが厳しくなっています。気象庁は、交通への影響や雪崩などに注意するよう呼びかけています。
 気象庁によりますと、冬型の気圧配置が強まり、上空に強い寒気が流れ込んでいるため、北日本や北陸を中心に、日本海側の各地で断続的に雪が降っています。
 14日朝までに降る雪の量は、北日本の日本海側や北陸の多いところで40センチ前後と予想されています。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_13405876.jpg


  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
~青春の詩碑~ 積雪の比較_c0075701_17173480.jpg


 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the star like things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman
             
     
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-13 06:59 | 青春 | Trackback | Comments(0)