人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2020年 01月 17日 ( 5 )
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁
~朝温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁


≪朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁≫
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20264615.jpg
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20262866.jpg
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20262521.jpg
デザート:じんだんおはぎ&コーヒー
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20262101.jpg
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20261538.jpg
≪昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙≫
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20242349.jpg
≪夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁≫
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20241562.jpg
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20245856.jpg
デザート:ワイン漬け干し柿
朝:温野菜炒め・ゆで卵&具沢山味噌汁 昼:焼鳥ももタレ、厚揚げ・厚切り大根のおでん&あらびきソーセージ🍙 夜:おからと鰯のハンバーグカレー&わらびと玉葱の具沢山味噌汁_c0075701_20240797.jpg
【ヨーロッパの格言】

💛 朝食は金
💛 昼食は銀
💛 夕食は銅

あるいは、
💛 朝は王様のように
💛 昼は貴族のように
💛 夜は貧者のように
食べよ

食:夏目漱石】

💛 夜は朝食を思い、
💛 朝は昼食を思い、
💛 昼は夕食を思う。

 命は食にありと。この諺の適切なる、余の上に若くなし。
 自然はよく人間を作れり。
 余は今、食事のことのみ考えて生きている。

※:若(し)くなし:及ぶものはない(『日記』明治43年10月4日)
 文春新書 漱石「こころ」の言葉 夏目漱石 矢島裕紀彦編より
 明治43年(1910年)に旧米沢高等工業学校が創立。
:1914年に設立された私立栄養学研究所の所長(1920年より国立栄養学研究所に改組)の佐伯矩は、学校給食の実施を当時の府知事、阿部浩に提言した。その結果1919年に東京府管内の小学校で始まった給食は、パンであった。・・・・
💛 佐伯は戦時中に「人も国も食の上に立つ」(『栄養』栄養社、1942年)と述べていたとおり、食は政治であり思想なのである。
てんとう虫 2019.5 日本精神史の試金石としてのパン (文:藤原辰史)より。
<まえがき>
16世紀、鉄砲とともに伝来したパン。幕末の頃から広く流布し、今や主食にまで。日本におけるその存在を改めて思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2020-01-17 20:30 | 朝食、昼食、夕食 | Trackback | Comments(0)
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学
~横浜市の白石昭次様と息子様が重文本館をご見学~

2020.1.17 12:00~

横浜市の白石昭次様と息子様が重要文化財・旧米沢高等工業学校本館をご見学
昭次様は三渓園でガイドをなされているので、是非再度お越し下さいと誘われました。
林泉寺を拝観された後重文本館を見学され、松が岬公園に向かわれました。

横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14151811.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14151372.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14151008.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14150012.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14145610.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14144907.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14144682.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14143963.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14143559.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14142952.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14142340.jpg
 
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14141128.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14140492.jpg
横浜市の白石昭次様息子様が重文本館をご見学_c0075701_14141929.jpg

 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-17 14:23 | Trackback | Comments(1)
重文本館の朝 2020.1.17
~重文本館の朝 2020.1.17~
 明日からセンター試験。毎年、センター試験の数日前から工学部前の歩道&車道の除雪のブルトーザーとダンプが活躍しているが今年は出動できず。
雪がパラパラ降っている。受験生にとって、交通機関の乱れの心配不要となっている。
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09372391.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09371794.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09370856.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09365878.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09364668.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09363847.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09362547.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09361715.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09360655.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09355910.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09355437.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09354405.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09352232.jpg
重文本館の朝 2020.1.17_c0075701_09351769.jpg
 





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-17 09:38 | Trackback | Comments(0)
研究者を目指す若者へ
~研究者を目指す若者へ~

日本経済新聞 2020.1.16
吉野氏ノーベル賞受賞記念座談会

≪企業研究は社会の力に≫

 企業研究者の醍醐味や必要な能力は何か。ノーベル化学賞受賞者の旭化成の吉野彰名誉フェローと島津製作所の田中耕一シニアフェロー、ジャーナリストの池上彰氏が語り合った。

💛 吉野氏は自らの研究が「将来役に立つ」という自信が研究の原動力になったと指摘。

💛 田中氏は「多少背伸びして」自分を追い込むことも必要と訴えた。

≪研究者を目指す若者へ≫
池上氏:研究者を目指す若者にメッセージをお願いします。

💛 吉野氏:35歳まで力をためてほしい。35歳になったら一気に爆発させる。そのために「35歳までに自分に投資しろ」と言いたい。すると、今は何をやらなければならないかがわかってきます。
 私がリチウムイオン電池のけんきゅうをはじめたのは33歳の時。歴代のノーベル賞受賞者も研究を始めたのは30代半ば。リスクのあるテーマに挑戦して失敗しても、もう一回チャンスがあります。

💛 田中氏:コミュニケーションやプレゼンの能力を高めることです。研究を理解してもらえるし、自ら手掛けた製品を買ってもらえます。分野の異なる人に上手く自分の研究を伝えることが様々な過程で必要になります。理系の人、特に企業への道を考える人は能力を高めたり学んだりする機会を増やしてもらえたらと思います。

研究者を目指す若者へ_c0075701_07000766.jpg
<出席者>
❖ 吉野 彰:2019年ノーベル化学賞を受賞。旭化成名誉フェロー
ノーベル賞の選考委員会は情報社会を支え、
地球温暖化の解決にもつながる成果と高く評価。
1972年京都大学大学院工学研究科石油化学専攻(修士課程)修了し、旭化成に入社。
80年代に、特殊な炭素材料を使い、繰り返し充放電できるリチウムイオン電池の基本構造を確立。

❖ 田中 耕一:2002年ノーベル化学賞を日本企業に在籍する研究者で初めて受賞。
島津製作所のシニアフェロー
1983年に東北大学工学部を卒業し、島津製作所入社。
80年代後半に取り組んだたんぱく質の質量分析技術が評価される。

❖ 池上 彰:ジャーナリスト。13年に伊丹十三賞、16年に菊池寛賞を受賞。
1973年に慶応義塾大学経済学部を卒業してNHKに入局。報道記者や番組キャスターを務め、「週刊こどもニュース」を経て、2005年にフリーとして独立。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2020-01-17 08:18 | 次世代を担う後輩へ | Trackback | Comments(0)
青春の詩碑
~青春の詩碑~

<青春の詩碑> 

青春の詩碑_c0075701_10004523.jpg
撮影:2020.1.16
青春の詩碑_c0075701_10261957.jpg

撮影:2019.1.16
青春の詩碑_c0075701_6214518.jpg


撮影:2017.1.16
青春の詩碑_c0075701_655932.jpg


撮影:2013.1.16
【2020.1.17ニュース】

震災の体験「悲惨さを乗り越え 今では前向きに捉える」約6割
 子どもの頃に阪神・淡路大震災を経験した人にNHKがアンケートを行ったところ、震災の体験を今では前向きに捉えている人がおよそ6割に上ったことが分かりました。被災の程度が大きい人ほど「近所の大人」や「学校の先生」など家族以外の支えが心境の変化につながる傾向がみられ、専門家は、被災した子どもの支援に多くの大人が関わる重要性を指摘しています。
 平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の発生当時に小学生や中学生で現在も兵庫県内の12の自治体に暮らす31歳から40歳の5000人にアンケートを配布し、591人から回答を得ました。

アンケートでは震災からの25年を振り返って今の気持ちや考えについて尋ねました。「震災の悲惨さを乗り越え、今では前向きに捉えている」という気持ちについては「まったくそう思う」が21.8%、「どちらかといえばそう思う」が37.0%に上り、およそ6割の人が「前向きに捉えている」と回答しました。

こうした心境が変化したきっかけについて複数回答で尋ねたところ「家族の支え」が36.9%、「時間の経過」が33.0%、「友人の支え」が15.1%などとなりました。

さらに結果を分析したところ、自宅が全壊したり親しい人が亡くなったりするなど被災の程度が大きい人ほど、「近所の大人」や「学校の先生」など家族以外の大人の支えを、心境の変化の理由にあげた人の割合が高くなる傾向にあることが分かりました。

また、心境の変化としては、「自分も誰かの役に立ちたい」という気持ちが強まった人とやや強まった人が57.5%、「助け合うことの大切さに気づけた」という気持ちが強まった人とやや強まった人が58.5%にのぼり、震災をきっかけに成長した子どもたちの姿が浮かび上がりました。


< 詳細はNHKニュースをご覧下さい>

【2019.1.17ニュース】

芥川賞 直木賞 受賞者が喜び語る

芥川賞を受賞した上田岳弘さんと町屋良平さん、それに直木賞に選ばれた真藤順丈さんが記者会見を開き、受賞した喜びや現在の心境を語りました。

芥川賞の受賞者のひとり、上田岳弘さんは緊張した面持ちで記者会見の会場に到着し、「よかったです」と一言、喜びを口にしました。

受賞の連絡は歌舞伎を観ながら待っていたということで、電話を受けたときには「受賞したな、受賞だ!」と感じたと話しました。

また、選考委員からは「大きな世界観と日常をつなげる手際のよさが受賞につながった」と評価されたことについて、「私の作品では同じモチーフが違う作品で出てきて、また同じかと言われることもあるが、前の作品で出した表現を次に書いたらどうなるだろうと試行錯誤しながら書いているので、それが手際のよさにつながったのでは」と自己分析していました。

さらに、小説を書くことの意味について聞かれると、「小説に限らず芸術全般でも、これは意味があるのかということを続けていくことによって、人間であることが担保されていくと思う。だめな飛行機のように、価値があるかどうかわからないものを積み重ねていくことが人間存在の根本になり、おもしろいかどうか分からないことを続けていくことに価値があると思います」と作品に絡めて語っていました。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2018.1.17ニュース】

阪神・淡路大震災からきょうで23年

 23年前の17日、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、建物の倒壊や火災などが相次ぎ、その後の災害関連死も含めて合わせて6434人が亡くなりました。

 震災から23年がたち、住まいを失った人のために整備された復興住宅では、入居者およそ3万2000人のうち、65歳以上の高齢者が去年11月の時点で51.8%を占め、高齢化が進んでいます。

 一方で、高齢者の健康状態などを専門のスタッフが確認する見守り活動は、財源としていた兵庫県などの復興基金がまもなく底をつく見通しとなり、各自治体による支援がどのような形で継続できるのか、転換期を迎えています。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2017.1.17ニュース】

<阪神・淡路大震災から22年 黙とうし犠牲者悼む>

 22年前の17日に発生した阪神・淡路大震災では、最大震度7の揺れが襲い、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で22年となり、神戸市など大きな被害を受けた地域では、遺族などが、地震が起きた午前5時46分に黙とうし、犠牲者を悼みました。

【2016.1.17ニュース】

<阪神・淡路大震災から21年 各地で追悼続く>

 6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から、17日で21年になり、神戸市など被災した地域では、犠牲者を追悼する行事が行われています。

 このうち神戸市中央区では、正午前から犠牲者を追悼し、震災の記憶や教訓を語り継ぐため、兵庫県などが主催する「ひょうご安全の日のつどい」が開かれています。
会場には、県内の自治体関係者をはじめ、東日本大震災の被災者など、300人余りが出席し、正午に合わせて黙とうを行い、亡くなった人たちに祈りをささげました。

< 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2015.1.17ニュース】

<阪神・淡路大震災20年 各地で黙とう>

 震災から20年のことしは例年より多くの遺族や市民が会場を訪れ、地震が起きた午前5時46分に全員で黙とうをささげて犠牲になった人たちを追悼しました。
17日は正午前から兵庫県公館で天皇皇后両陛下も出席されて県などが主催する追悼式典が行われます。
20年前の17日、神戸市を中心に震度7の激しい揺れが襲い、6434人が死亡、およそ25万棟の住宅が全半壊しました。
その後、およそ16兆円を投じて復興事業が進められ、この20年で、被災した地域の人口や経済指標はおおむね震災前の水準まで回復しました。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

【2014.1.17ニュース】

<阪神・淡路大震災19年 犠牲者に黙とう>
 6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で19年になり、被害を受けた地域では地震が起きた午前5時46分に合わせて犠牲者に黙とうをささげました。

 このうち神戸市中央区の東遊園地には震災で家族や友人を亡くした人たちなどが集まり、地震が起きた日の「1.17」の形に並べられた竹の灯ろうに火をともしました。
そして、地震が起きた午前5時46分に合わせて犠牲者を追悼し黙とうをささげました。

 17日は東日本大震災が起きた日の「3.11」の形に並べた灯ろうも用意され、発生時刻の午後2時46分にも黙とうを行い被災地の1日も早い復興を願うことになっています。

 < 詳細はNHKニュースをご覧下さい)>

青春の詩碑_c0075701_13405876.jpg


  

 青  春
      原作 サミュエル・ウルマン
      邦訳 岡 田 義 夫


青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、
事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、 失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、
悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、
この時こそ人は全くに老いて、
神の憐れみを乞うる他はなくなる。

 
青春の詩碑_c0075701_17173480.jpg


 
    “ YOUTH ”


 Youth is not a time of life ― it is a state of
mind ; it is a temper of the will, a quality of
the imagination, a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

 Nobody grows old by merely living a number of years ;
people grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry, doubt, self‐distrust,fear and despair
― these are the long, long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every
being's heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the star like things
and thoughts, the undaunted challenge of events,
the unfailing childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your
doubt ; as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your
despair.

So long as your heart receives messages of beauty,
cheer, courage, grandeur and power from the earth,
from man and from the Infinite, so long you are young. 

When the wires are all down and all the central
place of your heart is covered with the snows of
pessimism and the ice of cynicism, then you are
grown old indeed and may God have mercy on your
soul.
                                                                                      Samuel Ullman
             
     
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2020-01-17 06:52 | 青春 | Trackback | Comments(0)