人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:セレンディピティーについて( 134 )
セレンディピティーへの道・・・その35:創造性の教育
~セレンディピティーへの道・・・その35:創造性の教育~

◇吉田松陰は「師が弟子を生かす教育ではなく、師が弟子の中に生きる教育」を松下村塾で実践させたのである。これこそ、個性を尊重した、人間存在の創造性の教育である。
    
時実利彦著  人間であること 岩波新書より

セレンディピティーへの道・・・その35:創造性の教育_c0075701_5461590.jpg

by ykkyy | 2009-05-29 05:43 | セレンディピティーについて | Trackback | Comments(0)
セレンディピティーへの道・・・その30
~セレンディピティーへの道・・・その30~

【ノーベル賞受賞者白川英樹さんのセレンディピティー・・・その3】

◇ 「僕があの当時やってたのは、触媒を使ってポリアセチレンができる反応のメカニズムを調べる研究だった。たまたまその途中、ある間違いでフィルムができた。普通だったら間違いとして捨ててしまうのだけれど、僕はそのフィルムに興味を持った。

◇ そこでいろんなフィルムを作って物性を測定して、もともとの目的は達成されたけれど、それに付随して、電気が通るかもしれないという研究も始まって、それが花開いた。

◇つまり、目的とすることではないことで大発明、大発見をする、そのことをセレンディピティーと言うんです」「偶然に出会った人が旺盛な好奇心や深い認知力と洞察力などに富んでいる」場合のセレンディピティーの実例であった。
 
http://wwwjic-gifu.orjp/np/newspaper/kikaku/nobe/nobe2.htmより引用

セレンディピティーへの道・・・その30_c0075701_754789.jpg

by ykkyy | 2009-05-20 07:54 | セレンディピティーについて | Trackback | Comments(0)
セレンディピティーへの道・・・その29
~セレンディピティーへの道・・・その29~

【ノーベル賞受賞者白川英樹さんのセレンディピティー・・・その2】

《白川英樹さんのセレンディピティー》
 
◇ 1967(昭和42)年の「9月ごろ」と、白川さんは振り返る。

◇ポリアセチレンを合成する実験に挑んだ外国人研究生が「失敗しました」と報告に来た。
見ると、溶液表面にぽろぞうきんのような膜が張っていた。よく調べると膜状になったポリアセチレンそのもので、金属光沢もあった。

◇ 原因は研究生がメモを間違え1000倍濃い触媒で反応させたためらしいが、白川さんはそのぼろぞうきんを見て、「しめた。電気が通るかもしれない」と思った。

http://wwwjic-gifu.orjp/np/newspaper/kikaku/nobe/nobe2.htmより引用


■研究生に、どんな小さな失敗も報告するように、しつけ、教育され、研究生がその通り行うように研究室モデルを構築され、実行していたことが大きな発見に繋がったと私は思う。ビジネスの世界でも、研究の世界でも「当たり前の事を、当たり前にする」ことが重要である事には、変わりはない。

■先入観を排除すること、意識して失敗?を行うこと。積極的な失敗の勧めか?

■思い切ってやってみる、チャレンジ精神が重要か?

■ セレンディピティーに出会うには、●目的外の偶然見逃さないこと。●脇道を楽しむ余裕を身に付け、思ぬ偶然や予期せぬ失敗に興味を持つ。を常に自分の感性・第6感として研ぎ澄ましておくことが最も重要であるが。


セレンディピティーへの道・・・その29_c0075701_6101522.jpg

◇日劇やSKDのラインダンスの様に、上記の写真の左が見える方が(旺盛な好奇心や深い認知力と洞察力?)、研究者に向いているのか?いないのか?私はわかりません。
by ykkyy | 2009-05-19 06:10 | セレンディピティーについて | Trackback | Comments(0)
セレンディピティー2:ノーベル化学賞受賞(2001年)野依良治理化学研究所長
~ノーベル化学賞受賞(2001年)野依良治理化学研究所長が語るセレンディピティー~

【ノーベル化学賞受賞(2001)野依良治理化学研究所長が語るセレンディピティー】

◇予想外の結果から真の意義や価値を発見することが何より大切で、現象が発するメッセージに謙虚に耳を傾ける必要がある。
◇最初に立てた目標に突き進むには大切だ。世間では目標に向かって最短距離を走る研究者が「出来る人材」と評価されやすい。だが、その生き方は、様々な可能性を消し去ってしまうのではないか。
◇大発見が「不確実性」に依存していることは歴史が照明している。
◇これはビジネスの世界にも当てはまるはずだ。

■ パスツール(仏 化学者)は語る:「幸運は用意された心のみに宿る」

2007.7.26(木)
by ykkyy | 2007-07-26 00:36 | セレンディピティーについて | Trackback | Comments(0)