人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
未分類
以前の記事
最新のコメント
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:俳句・短歌・川柳( 219 )
年配者の健康の秘訣を都都逸で:七つ八つからいろはを覚え、はの字忘れていろばかり

~年配者の健康の秘訣を都都逸で:七つ八つからいろはを覚え、はの字忘れていろばかり~

💛 七つ八つからいろはを覚え、はの字忘れていろばかり

いくつになっても異性に関心のあるほうが健康長寿の秘訣とか。見苦しいのはともかく気軽に話し合える異性の友達が二人か、3人か・・・周囲に何人かいるのは真実良い生き方らしい。
年配者の健康の秘訣を都都逸で:七つ八つからいろはを覚え、はの字忘れていろばかり_c0075701_07550153.jpg

<都都逸とは>

都々逸(どどいつ)とは、江戸末期に初代の都々逸坊扇歌(1804年-1852年)によって大成された、口語による定型詩。 七・七・七・五の音数律に従う。男女の情愛などをうたうもの。

老いてこそユーモア
著者:阿刀田 高
発行所:株式会社 幻冬舎

年配者の健康の秘訣を都都逸で:七つ八つからいろはを覚え、はの字忘れていろばかり_c0075701_05560524.jpg


by ykkyy | 2019-08-17 07:28 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ
~抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ~

セミの鳴き声が聞こえます。
蝉時雨となっています。

幼虫時代の5~6年を地中で過ごし、4回脱皮して、6~7年目の夏に地上で羽化する。
成虫の寿命は長くて1週間から1か月。

<セミは何故鳴くのか?>
オスがメスに自分の居場所を教えるため、口で泣いているのではなく、お腹を震わせて、大きな音を出している。

ミーン、ミーン、ミーン・・・ミンミンゼミ
ジリジリジリジリ・・・アブラゼミ
カナカナカナカナカナ・・・ヒグラシ
シャシャシャシャシャ・・・クマゼミ
オーシーツクツクツク・・・ツクツクボウシ
ジーチー・・・ニイニイゼミ
  
わくわくサイエンス 米村でんじろう総監修
日東書院 より

<セミの抜け殻>
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07103065.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07102414.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07101759.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07100915.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07100349.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07095724.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07094651.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07092810.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07091915.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07091205.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07090361.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07085819.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07085228.jpg

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-08-13 06:03 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は

「梅を愛でる宴席の情景を説明」



新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_06402726.jpg
『万葉集(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌を4500首以上も集めたもの。


新元号「令和」の出典となった万葉集の「梅を愛でる宴席」・太宰府市の太宰府政庁跡にある坂本八幡宮を訪れたことがないので、約200年後に建立された太宰府天満宮の5年前の参拝を思い起こす。

💛 太宰府天満宮の曲水の宴
『太宰府天満宮の梅』

≪太宰府天満宮≫
【本 殿】:菅原道真公の御霊代を祀る豪壮華な造り
 菅原道真公薨去の2年後・905(延喜5)年、味酒安行によって祠庿が建てられ、同19年に左大臣藤原仲平が勅によって社殿造営を行う。数度の炎上を経た1591(天正19)年、筑前国主小早川隆景が再建。五間社流造り、檜皮葺きで、正面には唐破風状の向拝が付く、桃山時代の豪壮華麗な様式で、右には飛梅、左には皇后梅が配されている。
c0075701_20313140.jpg

c0075701_2032161.jpg

c0075701_20312695.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20311862.jpg

c0075701_2032464.jpg

c0075701_20315639.jpg

c0075701_2031519.jpg

c0075701_20314960.jpg

<曲水の宴>
 3月第一日曜日、満開の梅の下で開かれる華やかな禊祓の神事。平安時代そのままの衣装をまとい、清水の流れに浮かべた盃が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、酒を飲み干します。

≪曲水の宴・歌人行列・・・1≫
c0075701_18153699.jpg

c0075701_18153337.jpg

c0075701_18153022.jpg

c0075701_18152719.jpg

c0075701_18151885.jpg

c0075701_18151570.jpg

c0075701_18151090.jpg

c0075701_1815628.jpg

≪曲水の宴・歌人行列・・・2≫
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_18425496.jpg

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_1842528.jpg

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_18424920.jpg

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_18424634.jpg

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_18423478.jpg

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_18422946.jpg



 
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。
c0075701_1742494.jpg

c0075701_17433298.jpg

c0075701_17425436.jpg

c0075701_17432326.jpg

c0075701_17435425.jpg

c0075701_1743899.jpg

c0075701_17434076.jpg

c0075701_1743264.jpg

c0075701_17424336.jpg

撮影:2014.3.8




【二松学舎大学の塩沢一平教授


 「令和」の典拠となった万葉集の序文というのは、あとに続く32首が詠まれた背景などを説明した文章です。

今回の序文のあとには当時、太宰府の長官だった大伴旅人の邸宅で開かれた宴席で、集まった32人が詠んだ梅にまつわるうたがつづられています。

典拠された序文は「春の初めの良い月にさわやかな風が柔らかく吹いている。その中で、梅の花が美しい女性が鏡の前でおしろいをつけているかのように白く美しく咲き、宴席は高貴な人が身につける香り袋の香りのように薫っている」という意味だということです。


【歌人 岡野弘彦さん】


「初春のさわやかさ伝えている」


昭和天皇や皇太后さまから和歌の相談にも乗った歌人の岡野弘彦さんによりますと、新元号『令和』の典拠となった万葉集の序文は太宰府に派遣されていた大伴旅人の家で正月に宴会が開かれ、32首のうたが詠まれた時の状況が説明されたものだということです。

序文の内容は「正月の気分を表したもので、『初春の月はすがすがしく、空気は快い。風はやわらかい。梅の花は、鏡の前のおしろいのように白い花を開いていて、らんの花は、後ろにかぐわしい香りを漂わせている』という、初春のさわやかさを伝えている」ということです。

岡野さんは「万葉集のうたは、やまとことばで書かれているが、元号がやまとことばだと、長くなるので、漢文風の文章で書かれた序文から引用したことに今回の特色があるのだと思います」と話しています。

 以上、NHK NEWS WEBより



『偕楽園の梅』

💛 湖を渡る爽やかな風が柔らかく吹き、
   梅が咲いている  

新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14292146.jpg
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14291468.jpg
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14290556.jpg
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14285826.jpg
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14284960.jpg
新元号「令和」 典拠の万葉集序文は 「梅を愛でる宴席の情景を説明」太宰府天満宮の曲水の宴_c0075701_14283851.jpg
偕楽園記碑を読み、柳川枝垂を愛で、
好文亭を眺め、千波湖への偕楽橋方面へ
c0075701_15080108.jpg
c0075701_15075382.jpg
c0075701_15074698.jpg
c0075701_15074000.jpg
c0075701_15072911.jpg
c0075701_15072320.jpg
c0075701_15071452.jpg
c0075701_15070720.jpg
c0075701_15065884.jpg
c0075701_15064663.jpg
c0075701_15063551.jpg

c0075701_15062686.jpg


c0075701_15061755.jpg

柳川枝垂

c0075701_15060832.jpg
c0075701_15060123.jpg
c0075701_15055502.jpg
c0075701_15054979.jpg
c0075701_15054359.jpg
c0075701_15053789.jpg
c0075701_15053153.jpg
c0075701_15052570.jpg
c0075701_15052005.jpg
c0075701_15051582.jpg
c0075701_15050763.jpg
c0075701_15045973.jpg
c0075701_15045245.jpg
c0075701_15043987.jpg
c0075701_15041617.jpg
c0075701_15041107.jpg
c0075701_15040419.jpg
c0075701_15035115.jpg
c0075701_15034533.jpg
c0075701_15033838.jpg
c0075701_15033126.jpg
c0075701_15032111.jpg
c0075701_15031349.jpg
c0075701_15030076.jpg
c0075701_15025147.jpg
c0075701_15022024.jpg
c0075701_15021200.jpg
c0075701_15013783.jpg
大日本史完成之碑
c0075701_15012478.jpg
c0075701_15010403.jpg
c0075701_15005499.jpg
c0075701_15004860.jpg
c0075701_15003799.jpg
c0075701_15002661.jpg
c0075701_15001816.jpg
c0075701_15000842.jpg
撮影:2019.3.5





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-05-02 09:13 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
蜘蛛の巣や もの想うひと 足元に
~蜘蛛の巣や もの想うひと 足元に~

米沢の住之江橋の欄干に桜井祐一作の彫像が4体ある。そのうちの「もの想うひと」の台座と彫像の脚の間に蜘蛛の巣が張っていた。長い間、じっともの想いに耽っていると蜘蛛の巣が張り巡らされる。今まで、私は微動だもせずにもの想いに耽った事があっただろうか。

蜘蛛の巣や

もの想うひと 
足元に
蜘蛛の巣や もの想うひと 足元に_c0075701_7293845.jpg
<住之江橋の桜井祐一作彫像の展示>
撮影:2015.12.31
c0075701_12525253.jpg

c0075701_1252452.jpg

c0075701_12524018.jpg

c0075701_12523318.jpg

c0075701_1252335.jpg

c0075701_12522312.jpg

c0075701_1252615.jpg

c0075701_12515797.jpg

c0075701_12515340.jpg

c0075701_12514854.jpg

c0075701_12514138.jpgsaにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


by ykkyy | 2019-02-22 07:42 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
黄昏や 雪の灯と 如月の月
~黄昏や 雪の灯と 如月の月~

重文本館の玄関を施錠し、外に出ると、東の空に丸い月が梢の上方に浮かんでいる。
 黄昏や 雪の灯と 如月の月
季語がダブリ、月も2つ?ですが ハイ!俳句です!
黄昏や 雪の灯と 如月の月_c0075701_18591621.jpg
黄昏や 雪の灯と 如月の月_c0075701_18591088.jpg
黄昏や 雪の灯と 如月の月_c0075701_18585870.jpg
黄昏や 雪の灯と 如月の月_c0075701_18585185.jpg
黄昏や 雪の灯と 如月の月_c0075701_18584281.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-02-18 19:00 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
季節を読み取る
~季節を読み取る~

季節を読み取る_c0075701_10151364.jpg
 
風を読み

気配を感じ取り

兆しに目を向けて

季節を読み取るのは

結構楽しいものです。


 ー日本には七十二もの豊かな季節がありますー
 より引用

 著者:広田 千悦子 

 発行所:アース・すたー・エンターテイメント
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-02-12 17:49 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ
~抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ~

セミの鳴き声が聞こえます。
蝉時雨となっています。

幼虫時代の5~6年を地中で過ごし、4回脱皮して、6~7年目の夏に地上で羽化する。
成虫の寿命は長くて1週間から1か月。

<セミは何故鳴くのか?>
オスがメスに自分の居場所を教えるため、口で泣いているのではなく、お腹を震わせて、大きな音を出している。

ミーン、ミーン、ミーン・・・ミンミンゼミ
ジリジリジリジリ・・・アブラゼミ
カナカナカナカナカナ・・・ヒグラシ
シャシャシャシャシャ・・・クマゼミ
オーシーツクツクツク・・・ツクツクボウシ
ジーチー・・・ニイニイゼミ
  
わくわくサイエンス 米村でんじろう総監修
日東書院 より

<セミの抜け殻>
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07103065.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07102414.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07101759.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07100915.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07100349.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07095724.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07094651.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07092810.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07091915.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07091205.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07090361.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07085819.jpg
抜け殻や 地中6年 蝉しぐれ_c0075701_07085228.jpg

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-08-12 16:30 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか
雪がとけ 雫がつららに 春まぢか



雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_10570649.jpg
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_12132970.jpg
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_12132359.jpg
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_12131641.jpg
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_12130884.jpg
雪が融け 雫が氷柱に 春まぢか_c0075701_12130233.jpg
雪がとけ

雫がつららに 

春まぢか


屋根の雪が解けて氷柱になるころは、1年で一番寒いときだが、その氷柱が融けて春近し。

氷が融けて、水になるのではなく、春になる。

 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-02-08 12:14 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
鬼は外 陽射し明るく 春が見え
鬼は外 陽射し明るく 春が見え 

鬼は外 陽射し明るく 春が見え_c0075701_19354258.jpg
鬼は外 陽射し明るく 春が見え_c0075701_19360288.jpg
鬼は外 陽射し明るく 春が見え_c0075701_19353534.jpg

鬼は外

陽射し明るく 

春が見え 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-02-03 19:36 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)
師の教え 想う学び舎 窓の雪
~師の教え 想う学び舎 窓の雪~

 2018.1.26 
 
 窓雪3日、重要文化財・旧米沢高等工業学校本館は雪に埋もれている。昨日は、悪寒がして窓雪3日を撮影できなかった。
 今朝は窓雪というより、
窓の棧雪?になっていた。窓雪の間に「の」ををつけ「窓の雪」となると、「学問に努力すること,苦学することのたとえ」とのことを初めて知る。「蛍の光、窓の雪」は、旺文社の「蛍雪時代」は購読していたので、蛍雪は理解していた。蛍と雪はセットで苦学の意味と理解していたが雪単体で苦学とは?
 単体での「窓の雪」の意味は知らなかった。
「学問に努力すること,苦学すること」を実行していなかったことを公開する。公開でなく後悔かもしれない。

我が学生時代を想うと、気恥ずかしですが。ここで一句

師の教え

想う学び舎

窓の雪


<study>

Teacher's teaching、

thinking school 、

window of
snow (diligent learning)





<重要文化財・旧米沢高等工業学校本館>
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_13343313.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_13342671.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_13341739.jpg
<窓雪?窓の桟雪?>
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11311876.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11311369.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11311061.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11310590.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11305917.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11305593.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11305127.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11304544.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11304031.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11303750.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11302875.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11302447.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11302093.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11301661.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11301141.jpg
師の教え 想う学び舎 窓の雪_c0075701_11300737.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-01-26 12:02 | 俳句・短歌・川柳 | Trackback | Comments(0)