人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:南極と宇宙( 452 )
新「宇宙基本計画」を策定・・・1
~新「宇宙基本計画」を策定・・・1~
新「宇宙基本計画」を策定・・・1_c0075701_17415189.jpg
 政府は2015年1月9日、宇宙開発戦略本部を開き、2024年度までの日本の宇宙政策の指針を定める新「宇宙基本計画」を決定。

★ 宇宙開発戦略本部

  宇宙基本法(平成20年法律第43号)に基づき、宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、宇宙開発戦略本部が設置されています。宇宙開発戦略本部においては、

1. 宇宙基本計画の作成及びその実施の推進に関する事務

2.その他宇宙開発利用に関する施策で重要なものの企画に関する調査審議、
その施策実施の推進及び総合調整に関する事務

  を実施しています。

★ 宇宙基本計画の経緯

<最初は、災害や環境、資源探査に活用>

 宇宙開発利用に関する政策を総合的に進めるための国家戦略を盛り込んだ計画。

2008年:宇宙基本法を施行し、首相をトップとする政府の宇宙開発戦略本部が策定している。

2009年: 最初の基本計画策定。災害や地球環境問題、国土管理や資源探査など、社会の需要にあわせて活用を推進

2012年:防衛研究を認める改正JAXA法が成立・施行
2012年:内閣府宇宙戦略室と宇宙政策委員会(長期戦略を検討)が発足

<計画見直し、研究開発中心から宇宙利用への転換&産業振興へ>

2013年:宇宙基本計画見直し、従来の研究開発中心から宇宙利用への転換や産業振興を強く打ち出し、
測位衛星や通信衛星の拡充、、衛星を打ち上げるロケット技術開発など5年間の計画を示す
2013年:国家安全保障会議(NSC)設置

2014年:国家安全保障会議(NSC)発足
2014年:9月、安部首相が宇宙基本計画の見直しを支持

2015年:新宇宙基本計画を策定

首相官邸ホームページ
日本経済新聞2015年1月10日より引用


【2015.1.7】

~科学の分野で未解明の問題?~

 科学の分野で未解明の問題として

残る謎のうち最大なものは脳と宇宙だ。


1987年ノーベル生理学・医学賞受賞
理化学研究所脳科学総合研究センター長
利根川 進 氏
 
読売新聞 2015.1.7 個の尊重 枠壊す 語る戦後70年より引用


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-07-25 06:22 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
我々と別の宇宙が存在している?
≪我々と別の宇宙が存在している?≫

我々と別の宇宙は本当にある 

物理学の最新理論


宇宙論研究者の野村泰紀教授に聞く


詳細は7月25日発売の日経サイエンス2017年9月号に掲載


 私たちが見ているこの宇宙以外にも無数の宇宙が存在し、今も次々と生まれている。宇宙は単一のユニバースではなく、多数の宇宙が存在する「マルチバース」だ──。一見SFのようだが、多くの理論物理学者たちが真剣に考え、研究している理論だ。最近マルチバースについての新たな見方を提唱した米カリフォルニア大学バークレー校の野村泰紀教授に、この理論について聞いた。

◇ 真空エネルギー

◇ 人間原理

◇ インフレーションの理論

 「近年の研究の発展で、マルチバースがどんなものか具体的に明らかになりつつある。人間はこれまで、科学を通じて自分が思っていたより小さい存在であることを学んできた。唯一の大地だと思っていたものが太陽系にいくつもある惑星の一つの表面だと知り、その太陽系も銀河にたくさんある惑星系の一つだと知り、その銀河も宇宙にたくさんある銀河の一つだと知った。マルチバースはとっぴな考えだと思う人もいるが、むしろ宇宙だけは現在我々が観測しているものしかないと思うほうが革命的な考えだ」


≪宇宙はほんとうに無から生まれたのか

我々と別の宇宙が存在している?_c0075701_1859275.jpg

 Newton3月号の特集は「宇宙はほんとうに無から生まれたのか」です。

 時間と空間が誕生した瞬間、
宇宙はほんとうに「無」から生まれたのか。


 私たちの広大な宇宙は、いったいどんなふうに生まれたのだろうか。
宇宙は、時間も空間もない“無”から誕生した?
“親宇宙”から私たちの宇宙がうまれた?
不思議満載な宇宙誕生にせまってみよう。


 
 宇宙誕生の瞬間を解き明かしたとき、
私たち人類は、
大きな知の革命をむかえることになるだろう。

興味のある方は是非、Newton2013年3月号をご覧下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-07-25 05:54 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
我々と別の宇宙がある?
≪我々と別の宇宙がある?≫

我々と別の宇宙は本当にある 物理学の最新理論
宇宙論研究者の野村泰紀教授に聞く


詳細は25日発売の日経サイエンス2017年9月号に掲載


 私たちが見ているこの宇宙以外にも無数の宇宙が存在し、今も次々と生まれている。宇宙は単一のユニバースではなく、多数の宇宙が存在する「マルチバース」だ──。一見SFのようだが、多くの理論物理学者たちが真剣に考え、研究している理論だ。最近マルチバースについての新たな見方を提唱した米カリフォルニア大学バークレー校の野村泰紀教授に、この理論について聞いた。

◇ 真空エネルギー

◇ 人間原理

◇ インフレーションの理論

 「近年の研究の発展で、マルチバースがどんなものか具体的に明らかになりつつある。人間はこれまで、科学を通じて自分が思っていたより小さい存在であることを学んできた。唯一の大地だと思っていたものが太陽系にいくつもある惑星の一つの表面だと知り、その太陽系も銀河にたくさんある惑星系の一つだと知り、その銀河も宇宙にたくさんある銀河の一つだと知った。マルチバースはとっぴな考えだと思う人もいるが、むしろ宇宙だけは現在我々が観測しているものしかないと思うほうが革命的な考えだ」


≪宇宙はほんとうに無から生まれたのか

我々と別の宇宙がある?_c0075701_1859275.jpg

 Newton3月号の特集は「宇宙はほんとうに無から生まれたのか」です。

 時間と空間が誕生した瞬間、
宇宙はほんとうに「無」から生まれたのか。


 私たちの広大な宇宙は、いったいどんなふうに生まれたのだろうか。
宇宙は、時間も空間もない“無”から誕生した?
“親宇宙”から私たちの宇宙がうまれた?
不思議満載な宇宙誕生にせまってみよう。


 
 宇宙誕生の瞬間を解き明かしたとき、
私たち人類は、
大きな知の革命をむかえることになるだろう。

興味のある方は是非、Newton2013年3月号をご覧下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2017-07-31 06:23 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4

~平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4~

日 時:2016.1.13(金)17:00~18:30 
会 場:東京第一ホテル米沢
平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_20434036.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_20433835.jpg

主 催:米沢電機工業会
<賀詞交歓>
平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_21112569.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_2111222.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_21111953.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_21111576.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_21111356.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_21111161.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_2111878.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_2111674.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_2111440.jpg

平成29年米沢電機工業会賀詞交歓会・・・4_c0075701_2111167.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2017-01-13 21:12 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
新「宇宙基本計画」を策定・・・2

~新「宇宙基本計画」を策定・・・2~
新「宇宙基本計画」を策定・・・2_c0075701_1740245.jpg


 政府は9日、宇宙開発戦略本部を開き、2024年度までの日本の宇宙政策の指針を定める新「宇宙基本計画」を決定。

★ 目的&目標 

<宇宙システムの目的>
 
 宇宙システムを安保目的により直接利用できるように体制を整備  
(人工衛星を使った船舶の監視&情報収集など)

<宇宙産業の目標>

 ◇ 今後10年間で衛星などを最大45基打ち上げる

 ◇ 宇宙関連産業を官民合わせて5兆円規模とする


≪新「宇宙基本計画」の主な項目≫

<安保利用の拡大>

◆ 宇宙システムを外交・安保、自衛隊の部隊運用に活用できるよう整備

◆ 23年度までに「準天頂衛星」を7基に。安保での有効活用検討

◆ 秘匿性の高い防衛衛星通信網を3基体制

◆ 情報収集衛星の基数増と機能強化

◆ 必要な法案を16年の通常国会に提出


<日米協力の強化>

◆ 宇宙ゴミの監視強化

◆ GPSが故障・攻撃で無力化した場合は相互に補完


<産業育成>

◆ 10年間で衛星など最大45基を打ち上げる運用計画を明示

◆ 新型基幹ロケットを開発

◆ 関連産業を官民合わせ6兆円規模



日本経済新聞 2015年1月10日 1面 より引用



【2015.1.7】

~科学の分野で未解明の問題?~



 科学の分野で未解明の問題として

残る謎のうち最大なものは脳と宇宙だ。



1987年ノーベル生理学・医学賞受賞
理化学研究所脳科学総合研究センター長
利根川 進 氏
 
読売新聞 2015.1.7 個の尊重 枠壊す 語る戦後70年より引用


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2015-01-12 17:18 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
新「宇宙基本計画」を策定・・・1

~新「宇宙基本計画」を策定・・・1~
新「宇宙基本計画」を策定・・・1_c0075701_17415189.jpg


 政府は9日、宇宙開発戦略本部を開き、2024年度までの日本の宇宙政策の指針を定める新「宇宙基本計画」を決定。

★ 宇宙開発戦略本部

  宇宙基本法(平成20年法律第43号)に基づき、宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、宇宙開発戦略本部が設置されています。宇宙開発戦略本部においては、

1. 宇宙基本計画の作成及びその実施の推進に関する事務

2.その他宇宙開発利用に関する施策で重要なものの企画に関する調査審議、
その施策実施の推進及び総合調整に関する事務

  を実施しています。

★ 宇宙基本計画の経緯

<最初は、災害や環境、資源探査に活用>

 宇宙開発利用に関する政策を総合的に進めるための国家戦略を盛り込んだ計画。

2008年:宇宙基本法を施行し、首相をトップとする政府の宇宙開発戦略本部が策定している。

2009年: 最初の基本計画策定。災害や地球環境問題、国土管理や資源探査など、社会の需要にあわせて活用を推進

2012年:防衛研究を認める改正JAXA法が成立・施行
2012年:内閣府宇宙戦略室と宇宙政策委員会(長期戦略を検討)が発足

<計画見直し、研究開発中心から宇宙利用への転換&産業振興へ>

2013年:宇宙基本計画見直し、従来の研究開発中心から宇宙利用への転換や産業振興を強く打ち出し、
測位衛星や通信衛星の拡充、、衛星を打ち上げるロケット技術開発など5年間の計画を示す
2013年:国家安全保障会議(NSC)設置

2014年:国家安全保障会議(NSC)発足
2014年:9月、安部首相が宇宙基本計画の見直しを支持

2015年:新宇宙基本計画を策定

首相官邸ホームページ
日本経済新聞1月10日より引用



【2015.1.7】

~科学の分野で未解明の問題?~



 科学の分野で未解明の問題として

残る謎のうち最大なものは脳と宇宙だ。



1987年ノーベル生理学・医学賞受賞
理化学研究所脳科学総合研究センター長
利根川 進 氏
 
読売新聞 2015.1.7 個の尊重 枠壊す 語る戦後70年より引用


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2015-01-12 15:37 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
「私の南極と宇宙」・・・その447

~「私の南極と宇宙」・・・その447~

昭和39年電気工学科卒業 芦田 成生氏寄稿
氏は、第11次・14次南極越冬隊ロケット打ち上げ実験隊に参加なされました。 
「私の南極と宇宙」(その1~446まで掲載済み)。
引き続いて宇宙開発の関わりを掲載致します。

「私の南極と宇宙」・・・その447_c0075701_22283131.jpg

 
 「ETS-Ⅲ」は打ち上がってから直ぐにコマンドを打つ必要があるため、増田の追跡中にコマンドを打ち終わらない場合は勝浦で続きを送信する必要があった。増田の運用を把握するため射場通信回線(OIS)を追跡系通信回線に接続してもらった。9月3日14時に無事打ち上げられた。その後の追跡管制も良好であった。この衛星は1周105分で回ってくるのと、データをテープレコーダーに収納しているので受信が大変であった。取れたデータは巻き戻して筑波に伝送するのだが、伝送速度が遅いため時間がかかってしまい、送信が終わるころには次の周回運用準備をしなくてはいけなくて運用者泣かせの衛星であった。
(筆者注)ETS-Ⅲは日本で製作された初めての3軸衛星である。3軸姿勢制御機器の動作確認、パドル式太陽電池展開機能の確認、能動式熱制御方式(構成バドルの中にヒートパイプを通し、積極的に熱制御する)の確認が主な目的であった。


 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by ykkyy | 2014-12-03 16:43 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
「私の南極と宇宙」・・・その446

~「私の南極と宇宙」・・・その446~

昭和39年電気工学科卒業 芦田 成生氏寄稿
氏は、第11次・14次南極越冬隊ロケット打ち上げ実験隊に参加なされました。 
「私の南極と宇宙」(その1~445まで掲載済み)。
引き続いて宇宙開発の関わりを掲載致します。

「私の南極と宇宙」・・・その446_c0075701_22283131.jpg

 
 勝浦での追跡の仕事は、既に軌道上にある衛星運用であるが、9月に打ち上げが予定されていた「技術試験衛星「きく4号」(ETS-Ⅲ)」の教育、訓練が始まっていた。実時間も含めた数回のリハーサルがあった。追跡に来て16勤(夜勤をして連続16時間勤務)を初めて経験した。この衛星は打ち上げが遅れてN―Ⅰロケット最終号機(7号機)であった。
(筆者注)ETS-ⅢはフライトナンバーではN-9Fである。開発が遅れていたので、N―Ⅱ型が先に打ち上げられフライトナンバーが遅くなった。
 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by ykkyy | 2014-06-13 22:31 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
「私の南極と宇宙」・・・その445

~「私の南極と宇宙」・・・その445~

昭和39年電気工学科卒業 芦田 成生氏寄稿
氏は、第11次・14次南極越冬隊ロケット打ち上げ実験隊に参加なされました。 
「私の南極と宇宙」(その1~444まで掲載済み)。
引き続いて宇宙開発の関わりを掲載致します。

<ハレー彗星>
「私の南極と宇宙」・・・その445_c0075701_21565613.jpg


 

辞令が出る前に仕事の内容を知るために、見学の出張に出してくれた。昭和57年7月20日付で勝浦追跡管制所運用第二課長の辞令を受けた。所長は識名氏、運用第一課長は田辺氏であった。田辺氏は種子島の増田に居たので十分面識があった。20日の赴任の日、千葉駅から特急に乗り、席を探しながら車内を歩いていると、宇宙科学研究所の林教授、市川、藁科氏が乗っていた。所に着いてからゆっくり話を聞くと、後日打ち上げる「ハレー彗星探査機」の打ち上げ時の追跡を勝浦で行って欲しいとのことだった。設備担当者と相談の結果問題は無いと結論が出た。
 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


by ykkyy | 2014-06-10 21:58 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)
「私の南極と宇宙」・・・その444

~「私の南極と宇宙」・・・その444~

昭和39年電気工学科卒業 芦田 成生氏寄稿
氏は、第11次・14次南極越冬隊ロケット打ち上げ実験隊に参加なされました。 
「私の南極と宇宙」(その1~443まで掲載済み)。
引き続いて宇宙開発の関わりを掲載致します。

<ひまわり2号(GMS-2)>
「私の南極と宇宙」・・・その444_c0075701_18374749.jpg


 
 このシリーズではN―Ⅱロケット2号機「ひまわり2号(GMS-2)」が昭和56年8月11日に打ち上げられた。
昭和57年は私のH―Ⅰロケットの設計・試験が終わりに近づき、試作機を製作する工程に差し掛かりつつあった。多分春ころだと思うが、MHI名古屋(名航)に出かけていた時に、本社からN-Ⅱロケットの2段目にNTTがロゴマークを描きたいと言ってきているので場所を選定して欲しいとの依頼があった。MHIの担当者と現物を見ながら、場所を決めた。H-Ⅰロケットの仕事もほぼ片が付き、そろそろロケット設計グループからどこか別の部門に転出してもOKと手を挙げた。種子島の第二課長でと話は進んだが、当時の所長は頑固な人で、自分と親しくしている者しか駄目だと断られた。7月初旬に追跡管制部から勝浦追跡管制所の課長の後任が決まらないので出向先に戻れない。後釜にどうかとの話が飛び込んできた。当時の人事権は、担当理事と部長が握っていたので、ロケット部門から追跡部門に移るには理事同士の合意が必要であった。部門を移ることは将来ロケット関係部門に復帰出来ないかもであった。しかし、私はアンテナでロケットを追跡した経験もあり、衛星に関する知識も十分であったので、話は簡単に通った。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


by ykkyy | 2014-06-09 18:38 | 南極と宇宙 | Trackback | Comments(0)