人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
帝人
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
未分類
以前の記事
最新のコメント
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:学ぶ・知るを楽しむ( 1232 )
ツキの正体:「今日はツイてる」が永続するために
~ツキの正体:「今日はツイてる」が永続するために~

≪「すぐやる人」がツキを独り占めにするのはなぜか?≫
<雀鬼流ノウハウ満載!20年不敗の理由がわかる>

◇ツキは平等に訪れず、実は「ある考え方・行動」をしている人を選んでいる。「今日はツイてる」が永続するために、その考え方・行動とは。

● 気づいたら即行動

● 考えすぎない

● 一つのことに集中しない

● 見返りを求めない

● 目標に囚われない

● 遊び心を持つ

以上、幻冬舎新書新刊「ツキの正体」桜井章一著の広告より

c0075701_105289.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-04-21 19:09 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
いい気分で過ごせる人が多い交通機関で通勤したい

~いい気分で過ごせる人が多い交通機関で通勤したい~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月21日(日)のテーマ「交通機関の空気」
新入社員に聴くと、「通勤が心配」という人が多い。時間に遅れないようにと気を配るのはストレスの要因の一つだろう。混み具合もストレスになるが、目に見えないが車内や機内に漂う空気感、つまり雰囲気が疲労とかかわる思われる。朝、混みあった車内に漂うのは、緊迫感だが夕方になると雰囲気ががらりと変わる。人々の顔に表情が戻り、肩から荷を下ろした感じの人が多くなり空気が少し和らいでくる。
 自分の気分は周囲に影響を与えている。いい気分で過ごせる人が多い交通機関で通勤したいものだ。
c0075701_14525713.jpg

【2019.4.14】
~私が「困難」と思うが、思われる方には「生きにくさになっていない」~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月14日(日)のテーマ「今、できること」

<壁は門なり、入り口なり>
c0075701_14234816.png
 透析なされている方、ストーマ・人工肛門のかたなど、
私が「困難」と思うが、思われる方には「生きにくさになっていない」ことに気づいた。
「人と比較しない、病気になる前の自分と比べない」ことにより、今できることに心の焦点を
向けている。失ったことでなく今できることに集中すると困難さの中で自分らしく生きられるのだと強く感じた。
【2019.4.7】

桜を見るたびに、心の中での記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月7日(日)のテーマ「桜と記憶」のもとは何か
c0075701_08331645.jpg

「桜の季節って、別れが多いんですね」と数日前に父親を亡くした彼女が窓の外を眺めてぽつりと言った。入学などで新しい出会いもあるが、その前には卒業がある。新しい季節の始まりの前にはそれまでの季節との別れがある。出会いや別れという忘れられない日の記憶と一緒に桜が心に刻まれるのかもしれない。
 年を重ねるほどの多くの出会いと別れを経験する。桜はそのたびに心の中で記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる。桜を見るたびに毎年、前年とは違う思いが心にうかぶのはそのためかもしれない。

【2019.3.31】
やる気のはじまりは?

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月31日(日)のテーマ「やる気」のもとは何か

c0075701_21311786.jpg
💛 行動をスタートさせる、ということがすべての「やる気のはじまり」という気がしてならない。スタートのエネルギーは、」たぶん必要性だと思う。

 スタートしていく中で、何か自分の心に興味をひかれるものができてくるものだ。
まずは行動をおこしてやってみた時に自分の心をみつめ、何か少しでも心の向く方向がでてくればやる気のもとになることがあるのではないか。



~被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月24日(日)のテーマ『被災地のペンション』
c0075701_10241342.jpg
 3.11の被災地を訪れると、確実にハードの部分が整備されていくのを実感する。被災者の方はそれぞれの方がお元気で立ち直っているように見える。「立ち直るその強さは何処から出るのですか?」とペンションを再開している吉田さんに質問した。吉田さんは遠くを見ながら「たちなおっていないんですよ。今でも仕事をしていない時、ふと窓の外を探しているんです。夫が帰って来るんじゃないかって。大事な人を亡くした人はみんなまだそう思っていると思います」。その言葉は忘れられない。「でも前に進むしかないんです。みんなそうして進んでいるんです」


【2019.3.17】

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg
 
c0075701_12423232.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-04-21 14:47 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
私が「困難」と思うが、思われる方には「生きにくさになっていない」
~私が「困難」と思うが、思われる方には「生きにくさになっていない」~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月14日(日)のテーマ「今、できること」

<壁は門なり、入り口なり>
c0075701_12042461.jpg
 透析なされている方、ストーマ・人工肛門のかたなど、
私が「困難」と思うが、思われる方には「生きにくさになっていない」ことに気づいた。
「人と比較しない、病気になる前の自分と比べない」ことにより、今できることに心の焦点を
向けている。失ったことでなく今できることに集中すると困難さの中で自分らしく生きられるのだと強く感じた。
【2019.4.7】

桜を見るたびに、心の中での記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月7日(日)のテーマ「桜と記憶」のもとは何か
c0075701_08331645.jpg

「桜の季節って、別れが多いんですね」と数日前に父親を亡くした彼女が窓の外を眺めてぽつりと言った。入学などで新しい出会いもあるが、その前には卒業がある。新しい季節の始まりの前にはそれまでの季節との別れがある。出会いや別れという忘れられない日の記憶と一緒に桜が心に刻まれるのかもしれない。
 年を重ねるほどの多くの出会いと別れを経験する。桜はそのたびに心の中で記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる。桜を見るたびに毎年、前年とは違う思いが心にうかぶのはそのためかもしれない。

【2019.3.31】
やる気のはじまりは?

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月31日(日)のテーマ「やる気」のもとは何か

c0075701_21311786.jpg
💛 行動をスタートさせる、ということがすべての「やる気のはじまり」という気がしてならない。スタートのエネルギーは、」たぶん必要性だと思う。

 スタートしていく中で、何か自分の心に興味をひかれるものができてくるものだ。
まずは行動をおこしてやってみた時に自分の心をみつめ、何か少しでも心の向く方向がでてくればやる気のもとになることがあるのではないか。



~被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月24日(日)のテーマ『被災地のペンション』
c0075701_10241342.jpg
 3.11の被災地を訪れると、確実にハードの部分が整備されていくのを実感する。被災者の方はそれぞれの方がお元気で立ち直っているように見える。「立ち直るその強さは何処から出るのですか?」とペンションを再開している吉田さんに質問した。吉田さんは遠くを見ながら「たちなおっていないんですよ。今でも仕事をしていない時、ふと窓の外を探しているんです。夫が帰って来るんじゃないかって。大事な人を亡くした人はみんなまだそう思っていると思います」。その言葉は忘れられない。「でも前に進むしかないんです。みんなそうして進んでいるんです」


【2019.3.17】

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg
 
c0075701_12423232.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-04-14 12:00 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
桜を見るたびに、心の中での記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる

桜を見るたびに、心の中での記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年4月7日(日)のテーマ「桜と記憶」のもとは何か
c0075701_08331645.jpg

「桜の季節って、別れが多いんですね」と数日前に父親を亡くした彼女が窓の外を眺めてぽつりと言った。入学などで新しい出会いもあるが、その前には卒業がある。新しい季節の始まりの前にはそれまでの季節との別れがある。出会いや別れという忘れられない日の記憶と一緒に桜が心に刻まれるのかもしれない。
 年を重ねるほどの多くの出会いと別れを経験する。桜はそのたびに心の中で記憶を含んで蕾を膨らませ花を咲かせる。桜を見るたびに毎年、前年とは違う思いが心にうかぶのはそのためかもしれない。

【2019.3.31】
やる気のはじまりは?

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月31日(日)のテーマ「やる気」のもとは何か

c0075701_21311786.jpg
💛 行動をスタートさせる、ということがすべての「やる気のはじまり」という気がしてならない。スタートのエネルギーは、」たぶん必要性だと思う。

 スタートしていく中で、何か自分の心に興味をひかれるものができてくるものだ。
まずは行動をおこしてやってみた時に自分の心をみつめ、何か少しでも心の向く方向がでてくればやる気のもとになることがあるのではないか。



~被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月24日(日)のテーマ『被災地のペンション』
c0075701_10241342.jpg
 3.11の被災地を訪れると、確実にハードの部分が整備されていくのを実感する。被災者の方はそれぞれの方がお元気で立ち直っているように見える。「立ち直るその強さは何処から出るのですか?」とペンションを再開している吉田さんに質問した。吉田さんは遠くを見ながら「たちなおっていないんですよ。今でも仕事をしていない時、ふと窓の外を探しているんです。夫が帰って来るんじゃないかって。大事な人を亡くした人はみんなまだそう思っていると思います」。その言葉は忘れられない。「でも前に進むしかないんです。みんなそうして進んでいるんです」


【2019.3.17】

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg
 
c0075701_12423232.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-04-09 08:33 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
やる気のはじまりは?

やる気のはじまりは?

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月31日(日)のテーマ「やる気」のもとは何か

c0075701_21311786.jpg

💛 行動をスタートさせる、ということがすべての「やる気のはじまり」という気がしてならない。スタートのエネルギーは、」たぶん必要性だと思う。

 スタートしていく中で、何か自分の心に興味をひかれるものができてくるものだ。
まずは行動をおこしてやってみた時に自分の心をみつめ、何か少しでも心の向く方向がでてくればやる気のもとになることがあるのではないか。



~被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月24日(日)のテーマ『被災地のペンション』
c0075701_10241342.jpg

 3.11の被災地を訪れると、確実にハードの部分が整備されていくのを実感する。被災者の方はそれぞれの方がお元気で立ち直っているように見える。「立ち直るその強さは何処から出るのですか?」とペンションを再開している吉田さんに質問した。吉田さんは遠くを見ながら「たちなおっていないんですよ。今でも仕事をしていない時、ふと窓の外を探しているんです。夫が帰って来るんじゃないかって。大事な人を亡くした人はみんなまだそう思っていると思います」。その言葉は忘れられない。「でも前に進むしかないんです。みんなそうして進んでいるんです」


【2019.3.17】

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg

 
c0075701_12423232.jpg

【2019.3.10】

~当たり前にあるものがないという状況を考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月10日(日)のテーマ『想定外の状況で大切なこと』
c0075701_07345707.gif

 先日、土曜日の午後、自宅マンションで停電が発生した。
いつも当たり前にあるものがないという状況や、予定していたことができない状況が、心身に与える影響にについて考えた。
 ❖ まず周囲が暗く灯がないと、意気消沈して食欲も低下する 
 ❖ その状況でできることを見つけるのが難しくなる
救いになったのは、北海道にいる地震を体験した知人がスマホで教えてくれた情報だった。東京の停電についてネットで調べてくれたり、被災時の体験や今後準備しておくと役に立つバッテリーなどを教えてくれた。
💛 想定外の状況の際、ものの支援の他、大切なのは意気消沈する不安という心のリスクを支援する情報やその状況に苦しんでいる人に対する共感だと思った。

【2019.3.3】
~励ましの言葉について考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月3日(日)のテーマ『人生とむきあう人々』

 競泳の池江璃花子選手やタレントの堀ちえみさんのがんの公表後、多くの方が「治療に専念して」とエールを贈っていた。「専念」という言葉に含まれるニュアンスが気になってしまう。
 治療は最優先にすることだが、人生のすべてを治療にしてしまうことはない。
 サバイバーの方たちのお話からわかるのは、「社会との接点」や人とのかかわりあいがいかに大切かということだ。
更に、がんにかかった人に対して「弱者」「かわいそうな人」というレッテルを張らないで欲しい。がんとの闘病は、自分の人生としっかり向き合うことを示している。
c0075701_10140171.jpg

【2019.2.24】

~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-31 21:34 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?
~被災された方の立ち直るその強さはどこから出るのか?~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月24日(日)のテーマ『被災地のペンション』
c0075701_10241342.jpg
 3.11の被災地を訪れると、確実にハードの部分が整備されていくのを実感する。被災者の方はそれぞれの方がお元気で立ち直っているように見える。「立ち直るその強さは何処から出るのですか?」とペンションを再開している吉田さんに質問した。吉田さんは遠くを見ながら「たちなおっていないんですよ。今でも仕事をしていない時、ふと窓の外を探しているんです。夫が帰って来るんじゃないかって。大事な人を亡くした人はみんなまだそう思っていると思います」。その言葉は忘れられない。「でも前に進むしかないんです。みんなそうして進んでいるんです」


【2019.3.17】

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg
 
c0075701_12423232.jpg

【2019.3.10】

~当たり前にあるものがないという状況を考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月10日(日)のテーマ『想定外の状況で大切なこと』
c0075701_07345707.gif
 先日、土曜日の午後、自宅マンションで停電が発生した。
いつも当たり前にあるものがないという状況や、予定していたことができない状況が、心身に与える影響にについて考えた。
 ❖ まず周囲が暗く灯がないと、意気消沈して食欲も低下する 
 ❖ その状況でできることを見つけるのが難しくなる
救いになったのは、北海道にいる地震を体験した知人がスマホで教えてくれた情報だった。東京の停電についてネットで調べてくれたり、被災時の体験や今後準備しておくと役に立つバッテリーなどを教えてくれた。
💛 想定外の状況の際、ものの支援の他、大切なのは意気消沈する不安という心のリスクを支援する情報やその状況に苦しんでいる人に対する共感だと思った。

【2019.3.3】
~励ましの言葉について考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月3日(日)のテーマ『人生とむきあう人々』

 競泳の池江璃花子選手やタレントの堀ちえみさんのがんの公表後、多くの方が「治療に専念して」とエールを贈っていた。「専念」という言葉に含まれるニュアンスが気になってしまう。
 治療は最優先にすることだが、人生のすべてを治療にしてしまうことはない。
 サバイバーの方たちのお話からわかるのは、「社会との接点」や人とのかかわりあいがいかに大切かということだ。
更に、がんにかかった人に対して「弱者」「かわいそうな人」というレッテルを張らないで欲しい。がんとの闘病は、自分の人生としっかり向き合うことを示している。
c0075701_10140171.jpg
【2019.2.24】

~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-24 12:14 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
動作を変えることによって心の状態が変化する

~動作を変えることによって心の状態が変化する~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月17日(日)のテーマ『足音と心』

 ドスンドスンと歩く、大きな音を出してドアの開閉する、コップをテーブルに音を立てて置く人の心は荒れている、心は穏やかでない。心の状態が動作に反映される。
💛 一歩一歩、足裏を意識してつま先から床に着ける、あるいは踵から床につけて歩いてみると、それぞれ気分の状態が変わるのに気づく。
💛 コップをテーブルにそっと丁寧に置く時、心が穏やかになる。
💛 椅子に座るとき、背を伸ばしてみると、気分がスーッと引き締まるのがわかる。

 動作を変えることによって心の状態をが変化するのを是非一度、ご自分の体を使って体験していただきたいと思う。
c0075701_12440408.jpg
 
c0075701_12423232.jpg

【2019.3.10】

~当たり前にあるものがないという状況を考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月10日(日)のテーマ『想定外の状況で大切なこと』
c0075701_07345707.gif
 先日、土曜日の午後、自宅マンションで停電が発生した。
いつも当たり前にあるものがないという状況や、予定していたことができない状況が、心身に与える影響にについて考えた。
 ❖ まず周囲が暗く灯がないと、意気消沈して食欲も低下する 
 ❖ その状況でできることを見つけるのが難しくなる
救いになったのは、北海道にいる地震を体験した知人がスマホで教えてくれた情報だった。東京の停電についてネットで調べてくれたり、被災時の体験や今後準備しておくと役に立つバッテリーなどを教えてくれた。
💛 想定外の状況の際、ものの支援の他、大切なのは意気消沈する不安という心のリスクを支援する情報やその状況に苦しんでいる人に対する共感だと思った。

【2019.3.3】
~励ましの言葉について考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月3日(日)のテーマ『人生とむきあう人々』

 競泳の池江璃花子選手やタレントの堀ちえみさんのがんの公表後、多くの方が「治療に専念して」とエールを贈っていた。「専念」という言葉に含まれるニュアンスが気になってしまう。
 治療は最優先にすることだが、人生のすべてを治療にしてしまうことはない。
 サバイバーの方たちのお話からわかるのは、「社会との接点」や人とのかかわりあいがいかに大切かということだ。
更に、がんにかかった人に対して「弱者」「かわいそうな人」というレッテルを張らないで欲しい。がんとの闘病は、自分の人生としっかり向き合うことを示している。
c0075701_10140171.jpg
【2019.2.24】

~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-17 12:36 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
当たり前にあるものがないという状況を考える
~当たり前にあるものがないという状況を考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月10日(日)のテーマ『想定外の状況で大切なこと』
c0075701_07345707.gif
 先日、土曜日の午後、自宅マンションで停電が発生した。
いつも当たり前にあるものがないという状況や、予定していたことができない状況が、心身に与える影響にについて考えた。
 ❖ まず周囲が暗く灯がないと、意気消沈して食欲も低下する 
 ❖ その状況でできることを見つけるのが難しくなる
救いになったのは、北海道にいる地震を体験した知人がスマホで教えてくれた情報だった。東京の停電についてネットで調べてくれたり、被災時の体験や今後準備しておくと役に立つバッテリーなどを教えてくれた。
💛 想定外の状況の際、ものの支援の他、大切なのは意気消沈する不安という心のリスクを支援する情報やその状況に苦しんでいる人に対する共感だと思った。

【2019.3.3】
~励ましの言葉について考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月3日(日)のテーマ『人生とむきあう人々』

 競泳の池江璃花子選手やタレントの堀ちえみさんのがんの公表後、多くの方が「治療に専念して」とエールを贈っていた。「専念」という言葉に含まれるニュアンスが気になってしまう。
 治療は最優先にすることだが、人生のすべてを治療にしてしまうことはない。
 サバイバーの方たちのお話からわかるのは、「社会との接点」や人とのかかわりあいがいかに大切かということだ。
更に、がんにかかった人に対して「弱者」「かわいそうな人」というレッテルを張らないで欲しい。がんとの闘病は、自分の人生としっかり向き合うことを示している。
c0075701_10140171.jpg
【2019.2.24】

~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-10 07:31 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
励ましのことばについて考える
~励ましの言葉について考える~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年3月3日(日)のテーマ『人生とむきあう人々』
 競泳の池江璃花子選手やタレントの堀ちえみさんのがんの公表後、多くの方が「治療に専念して」とエールを贈っていた。「専念」という言葉に含まれるニュアンスが気になってしまう。
 治療は最優先にすることだが、人生のすべてを治療にしてしまうことはない。
 サバイバーの方たちのお話からわかるのは、「社会との接点」や人とのかかわりあいがいかに大切かということだ。
更に、がんにかかった人に対して「弱者」「かわいそうな人」というレッテルを張らないで欲しい。がんとの闘病は、自分の人生としっかり向き合うことを示している。
c0075701_10140171.jpg
【2019.2.24】

~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-06 12:27 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
雑踏の中でホッとできる空間を
~雑踏の中でホッとできる空間を~

毎週楽しみにしている、毎日新聞の「日曜クラブ」、日本医大特任教授・心療内科医の海原純子さんの「新、心のサプリ」・2019年2月24日(日)のテーマ『駅構内のトイレに生花の豊かさ』

 小田急線の新宿駅の洗面所は、トイレの空き情報がパネルに表示されている。入り口には毎週、数種類の花のアレンジメントが飾られている。洗面台のそばにもお皿に生花の花びら数枚が飾られている。「ちょっとした気遣い」という雰囲気で花を飾るのがいいな、と思う。通勤で日常おそらく多くの人々が行きかう公共機関の中でこうした気遣いを発見すると、そのことの背後に見えてくる人たちの姿が心を和ませてくれる。
 雑踏の中で少しでもホッとできる空間を、と思い付いた人や、その計画にゴーサインを出した人などを思い浮かべ、そうしたことに費用をさけることの豊かさを思った。

cf.
【2017.2.25】

“気持ち”が変える! もの作り最前線> 
「わくわく」「ドキドキ」「ホッとする」…。
こうした人の気持ちに注目した、世界でも珍しいものづくりの研究が始まっています。どんな方法でアプローチしようとしているのでしょうか。気持ちを解析する研究の最前線に迫りました。

💛「ホッとする」を追求したバスルーム開発

◆粒の大きなシャワーを開発

◆使う人が「ホッと」できる浴室です。高級なセラミック素材の壁を使用するなどして上質感を高めた浴室を開発。そのうえで行ったのが「視線」の研究です


💛ドライバーの“わくわく”を見える化


 研究チームのリーダーでマツダ技術研究所の農沢隆秀さんは「ドライバーがポジティブな心理状態で楽しい運転をイメージできるような車を開発をしていきたい」と意欲を語ります。


💛力仕事の現場でも“気持ち”にアプローチ


 力仕事の現場でも働く人の“気持ち”に寄り添った重機の開発が始まっています。建設機械メーカーがショベルカーの開発でキーワードにかかげたのが「サクサク感」。



NHK NEWS WEB ニュース より

c0075701_21312597.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-02-24 21:27 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)