人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
帝人
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
未分類
以前の記事
最新のコメント
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:大宰府、宇佐、神社・仏閣( 113 )
曲水の宴
~曲水の宴、平安貴族の優雅な遊び~

京都の世界遺産、上賀茂神社で「曲水の宴」再現される。

庭園の小川に杯を流しながら優雅に和歌を詠む平安時代の「曲水宴(きょくすいのえん)」が、京都の世界遺産、上賀茂神社で再現されました。

曲水宴は、平安時代に貴族の間で流行し、庭園の小川に沿って座った詠み人たちが自分の前に杯が流れて来るまでに和歌を詠みます。

京都市北区の上賀茂神社では、毎年、曲水宴を再現していて、ことしもきらびやかな装束をまとった5人の歌人が境内の小川のほとりに座りました。


2019年4月14日 23時05分のNHK NEWS WEBより

曲水の宴、太宰府天満宮

新元号「令和」の出典となった万葉集の「梅を愛でる宴席」・太宰府市の太宰府政庁跡にある坂本八幡宮を訪れたことがないので、約200年後に設立された太宰府天満宮の5年前の参拝を思い起こす。


≪太宰府天満宮≫
【本 殿】:菅原道真公の御霊代を祀る豪壮華な造り
 菅原道真公薨去の2年後・905(延喜5)年、味酒安行によって祠庿が建てられ、同19年に左大臣藤原仲平が勅によって社殿造営を行う。数度の炎上を経た1591(天正19)年、筑前国主小早川隆景が再建。五間社流造り、檜皮葺きで、正面には唐破風状の向拝が付く、桃山時代の豪壮華麗な様式で、右には飛梅、左には皇后梅が配されている。
c0075701_20313140.jpg

c0075701_2032161.jpg

c0075701_20312695.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20311862.jpg

c0075701_2032464.jpg

c0075701_20315639.jpg

c0075701_2031519.jpg

c0075701_20314960.jpg

<曲水の宴>
 3月第一日曜日、満開の梅の下で開かれる華やかな禊祓の神事。平安時代そのままの衣装をまとい、清水の流れに浮かべた盃が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、酒を飲み干します。

≪曲水の宴・歌人行列・・・1≫
c0075701_18153699.jpg

c0075701_18153337.jpg

c0075701_18153022.jpg

c0075701_18152719.jpg

c0075701_18151885.jpg

c0075701_18151570.jpg

c0075701_18151090.jpg

c0075701_1815628.jpg

≪曲水の宴・歌人行列・・・2≫
c0075701_18425496.jpg

c0075701_1842528.jpg

c0075701_18424920.jpg

c0075701_18424634.jpg

c0075701_18423478.jpg

c0075701_18422946.jpg


 
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。
c0075701_1742494.jpg

c0075701_17433298.jpg

c0075701_17425436.jpg

c0075701_17432326.jpg

c0075701_17435425.jpg

c0075701_1743899.jpg

c0075701_17434076.jpg

c0075701_1743264.jpg

c0075701_17424336.jpg

撮影:2014.3.8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-04-15 07:00 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
偕楽園に入る前、常盤神社にお参り
~偕楽園に入る前、常盤神社にお参り~

偕楽園に入る前に、まず常盤神社にお参りするのが習わし

<常盤神社>
茨城県水戸市にある神社である。徳川光圀徳川斉昭を祀る。

❖ 祭神
  • 高譲味道根之命(たかゆずるうましみちね の みこと) -- 徳川光圀(水戸藩2代藩主、義公)
  • 押健男国之御楯命(おしたけおくにのみたて の みこと) -- 徳川斉昭(水戸藩9代藩主、烈公)
c0075701_21455417.jpg
c0075701_21454794.jpg
c0075701_21454109.jpg
c0075701_21453457.jpg
c0075701_21452886.jpg
c0075701_21452244.jpg
c0075701_21451706.jpg
c0075701_21450989.jpg
c0075701_21445678.jpg
c0075701_21444879.jpg
c0075701_21444165.jpg
c0075701_21443098.jpg
c0075701_21442450.jpg
c0075701_21441837.jpg
c0075701_21440439.jpg
c0075701_21435713.jpg
c0075701_21434749.jpg
撮影:2019.3.5
 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-03-15 21:50 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・13
あけましておめでとうございます

             2019年 元旦



~太宰府天満宮・・・13~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫
<神牛>
 人々の信仰を集める菅原道真公由来の神牛。
道真公が(承和12)845年・乙丑歳の誕生であり、本殿建立のの聖地が牛との神縁によって定められたことに由来し、奉納されている。自身と牛の同じ部分をお互いに撫でさすると病気全快するといわれ、神牛の頭をさすると、知恵が付くという、信仰があります。
c0075701_21592330.jpg

c0075701_21592736.jpg

c0075701_21591620.jpg

  
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

     「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:44 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・12
あけましておめでとうございます
                 2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・12~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫

【志賀社】:精巧なつくりと変化のある屋根を持つ工芸品
 心字池の畔に建つ檜皮葺きの社。太宰府天満宮の末社として、海の神綿津見三神が奉祀されています。
室町時代の1458(長禄2)年に再建。正面に千鳥破風と一間の向唐破風造りの向拝が付く一間社入母屋造り。禅宗様、大仏様、和様を組み合わせている。国の重要文化財。
 
       太宰府天満宮のフリーぺーパーより 
c0075701_2119416.jpg

c0075701_2119124.jpg

c0075701_2119850.jpg

c0075701_21185253.jpg

c0075701_2119214.jpg

   
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:41 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・11
あけましておめでとうございます

              2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・11~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫
<参拝後、太鼓橋を渡る>
c0075701_2101192.jpg

c0075701_2104411.jpg

c0075701_210074.jpg

c0075701_2103063.jpg

c0075701_20595315.jpg


<太鼓橋・心字池>

 漢字の「心」の字を像った池に架かる御神橋は、太鼓橋、平橋、太鼓橋の三橋。手前から過去・現在・未来を現わし、三世一念の仏教思想を残したものと伝わります。朱色の欄干を持つ太鼓橋は急な勾配で、反り橋とも呼ばれ、この橋を渡ると心身とも清められると言われています。

 
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:39 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・10
あけましておめでとうございます
                2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・10~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫
【本 殿】:菅原道真公の御霊代を祀る豪壮華な造り
 菅原道真公薨去の2年後・905(延喜5)年、味酒安行によって祠庿が建てられ、同19年に左大臣藤原仲平が勅によって社殿造営を行う。数度の炎上を経た1591(天正19)年、筑前国主小早川隆景が再建。五間社流造り、檜皮葺きで、正面には唐破風状の向拝が付く、桃山時代の豪壮華麗な様式で、右には飛梅、左には皇后梅が配されている。
c0075701_20413064.jpg

c0075701_2041284.jpg

c0075701_20411876.jpg

c0075701_20411648.jpg

c0075701_20411481.jpg

c0075701_20411250.jpg


 
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:30 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・9
あけましておめでとうございます

                   2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・9~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫
【本 殿】:菅原道真公の御霊代を祀る豪壮華な造り
 菅原道真公薨去の2年後・905(延喜5)年、味酒安行によって祠庿が建てられ、同19年に左大臣藤原仲平が勅によって社殿造営を行う。数度の炎上を経た1591(天正19)年、筑前国主小早川隆景が再建。五間社流造り、檜皮葺きで、正面には唐破風状の向拝が付く、桃山時代の豪壮華麗な様式で、右には飛梅、左には皇后梅が配されている。
c0075701_20313140.jpg

c0075701_2032161.jpg

c0075701_20312695.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20321092.jpg

c0075701_20311862.jpg

c0075701_2032464.jpg

c0075701_20315639.jpg

c0075701_2031519.jpg

c0075701_20314960.jpg

 
【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:27 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・8
あけましておめでとうございます
                  2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・8~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫

<曲水の宴>
 3月第一日曜日、満開の梅の下で開かれる華やかな禊祓の神事。平安時代そのままの衣装をまとい、清水の流れに浮かべた盃が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、酒を飲み干します。

≪曲水の宴・歌人行列・・・3≫
c0075701_1848058.jpg

c0075701_18472090.jpg

c0075701_18475265.jpg

c0075701_18471279.jpg

c0075701_18474795.jpg


【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

         「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:21 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・7
あけましておめでとうございます

               2019年 元旦


~太宰府天満宮・・・7~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫

<曲水の宴>
 3月第一日曜日、満開の梅の下で開かれる華やかな禊祓の神事。平安時代そのままの衣装をまとい、清水の流れに浮かべた盃が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、酒を飲み干します。

≪曲水の宴・歌人行列・・・2≫
c0075701_18425496.jpg

c0075701_1842528.jpg

c0075701_18424920.jpg

c0075701_18424634.jpg

c0075701_18423478.jpg

c0075701_18422946.jpg




【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:17 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)
太宰府天満宮・・・6
あけましておめでとうございます
                2019年 元旦

~太宰府天満宮・・・6~

≪太宰府天満宮・境内参拝≫

<曲水の宴>
 3月第一日曜日、満開の梅の下で開かれる華やかな禊祓の神事。平安時代そのままの衣装をまとい、清水の流れに浮かべた盃が自分の前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、酒を飲み干します。

≪曲水の宴・歌人行列・・・1≫
c0075701_18153699.jpg

c0075701_18153337.jpg

c0075701_18153022.jpg

c0075701_18152719.jpg

c0075701_18151885.jpg

c0075701_18151570.jpg

c0075701_18151090.jpg

c0075701_1815628.jpg



【太宰府天満宮とは】

 天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

 太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

【成り立ち】 

 道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。

  その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。

                「太宰府天満宮」ホームページより転載 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-03 18:07 | 大宰府、宇佐、神社・仏閣 | Trackback | Comments(0)