人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
未分類
以前の記事
最新のコメント
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:教育・道徳・論語・勅語( 9 )
御茶ノ水・聖橋の名前の由来
御茶ノ水・聖橋の名前の由来

 JR御茶ノ水駅の上で神田川をまたぐ聖橋は、「2つの聖堂(湯島聖堂と、川向こうのニコライ堂)を結ぶ橋」であることからその名を得ている。

聖 橋

c0075701_9292341.jpg
ニコライ堂

日本ハリストス正教教団・東京復活大聖堂

c0075701_800100.jpg

c0075701_7595881.jpg

c0075701_7595572.jpg

c0075701_7595198.jpg

c0075701_7594960.jpg

c0075701_7594288.jpg


c0075701_872016.jpg

c0075701_871349.jpg

c0075701_87974.jpg

c0075701_8774.jpg

c0075701_87462.jpg

c0075701_87152.jpg

c0075701_86557.jpg


湯島聖堂

史跡 湯島聖堂

c0075701_20293264.jpg

c0075701_20292487.jpg

 
c0075701_202943.jpg

c0075701_20283053.jpg

c0075701_202841.jpg

c0075701_20275328.jpg

c0075701_20273192.jpg

c0075701_20272277.jpg


c0075701_20385283.jpg

c0075701_20382273.jpg

c0075701_20381377.jpg

c0075701_203854.jpg

c0075701_20373917.jpg

c0075701_2037306.jpg




2014.4.27

~御茶ノ水駅界隈を散歩して、父の学生時代を偲ぶ~

<父の学生時代を偲ぶ>
御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_1030899.jpg


御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_1030588.jpg


御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_1030294.jpg


御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_102958100.jpg


御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_10295245.jpg



<御茶ノ水駅前から遠くに明治大学を望む、

亡き父の母校・中央大学法学部は八王子に移転している。>
御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_10314888.jpg


御茶ノ水・聖橋の名前の由来_c0075701_10283075.jpg


 都会の朝、目が覚める。此処は学生の町御茶ノ水。亡き父が学生時代に過ごした御茶ノ水。当時は中央大学法学部は御茶ノ水にあり、明治大学と隣り合わせだ。父のアルバムにはニコライ堂が写っていたので、御茶ノ水と言えば、中央大学、ニコライ堂を想う。現役時代には講習会会場の山の上ホテルや主婦の友会館そして自由時間は三省堂書店、スポーツ用品店を訪れたことも想い出す。ニコライ堂は遠くから眺め、あっちこっちを食べ歩きした。天丼やとんかつ定食を選び蕎麦は私のテーブルに載ることはなかった。山の上ホテルで食べた天重はそれにしても美味しかった。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2019-08-30 07:00 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー

2019.7.29 15:00~

 進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナーが来館。
山形新聞 2019年7月5日に掲載された『提言』・共生を知る教育旅行の記事を紹介下さる。
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20582617.jpg

«提言:共生を知る教育旅行» 提言者:進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー

昨年度:台湾の高校3校
今年度:仙台市3校、千葉県八千代市1校の中学校
と総勢21名を古民家「孫太郎」で受け入れた。

💛 研修旅行の意義
 仏教で「共生・ともいき」と言う言葉があり、自他共に生きることを説いてます。
今、この考えが希薄なために起こっている社会現象が沢山あります。この考えに少しでも気づく体験がこの教育旅行の意義であり、山間部と都市部の人的交流や情報交換がお互いの心の欠乏感を満たす重要な役割を果たしていくものと確信しています。

<研修内容>
1.野外体験:記念植樹、森林散策
2.民宿先での体験

<孫太郎での共通体験:夜の勉強会>
💛 タイトル「学校で教えない話」
① 生活:幼児教育の基本
 ・挨拶、返事、後始末
 ・20・80の法則(パレートの法則)
② コミュニケーション:アイウエオ(下記の頭文字)を大切に
 ・アイコンタクト、うなずく、笑顔、オウム返し
③ 作法
 ・神様、仏様のお参りのやり方
 ・自分の名前の語源を知ること
④ 常識と非常識
 ・食生活の誤り
 ・目的と手段の履き違え
 ・原因と現象の認識不足

💛 教育旅行を受け入れることで逆に教えられる事も多く、教育とは何かを考える良いチャンスを頂きました。
  教えることはさほど難しくありませんが育むことは難しく、他人でなくその人自身でしかできないものだと改めて思いました。
  自分の生きている姿勢(姿の勢い)を見せることが相手の育みのきっかけにつながる気がします。


【2019.4.20】

~古民家・孫太郎での花見の宴に参加~

循環バスで御廟入り口で下車し、一升瓶と一眼レフを両手に古民家孫太郎迄散策、間もなく到着という時に米沢駅発12時15分の小野川行きのバスに追い越される。

2019.4.20 昼下がり


進藤俊彦氏オーナーの古民家・孫太郎で花見の宴
進藤俊彦氏の肩書
❖ 米沢市都市計画審議会 委員
❖ ブランドデザイナー養成講座「関橋塾」主宰
❖ 新素材工業化事業 地域コーディネーター
❖ GREEN BOX WORLD Repmember
❖ 伊達家 上杉家 家臣

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19271236.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19220817.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19221416.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20293116.jpg
古民家・孫太郎のお宝
❖ 三十六歌仙の屏風
藤原公任の『三十六人撰』に載っている平安時代の和歌の名人36人の総称
❖ 狩野永徳?の屏風
❖ 裏地が紅花で染められた着物
❖ 座卓、矢印形状で組み合わされている
❖ 桐たんす等
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20411824.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20411046.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20410403.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20405777.jpg

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20310290.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20305729.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20404235.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20403131.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20402175.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20425838.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20425233.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20400063.jpg

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19244425.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19243594.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19242968.jpg



共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19242104.jpg


世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平


共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19520452.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19514816.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19513939.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19512937.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19512423.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19512013.jpg
有限会社・家具のヤマヒョウ 取締役会長 井上兵次様ご夫妻

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19511554.jpg

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19511045.jpg
呑百笑燦塾 代表取締役 井上 太様ご夫妻
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19505850.jpg

須貝智郎シンガーソング・ファーマーが熱唱!

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19505062.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19504392.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19503981.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19404459.jpg
安部与一右衛門・社団法人・米沢工業会常務理事が花見の宴に相応しい謡曲 鞍馬天狗を謡う

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19403658.jpg

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19403244.jpg
進藤夫人を囲んで、井上兄弟婦人
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19402768.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19402330.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19401633.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19401121.jpg
有名なブロガーがハーモニカを披露

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19400878.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19393265.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20251001.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20250109.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20245544.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19392559.jpg

井戸将悟米沢市副市長も参加、道の駅米沢オープン1周年記念に参列された後駆けつけて下さる

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19391529.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19300486.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19295945.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19295428.jpg

共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19291291.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19290648.jpg

ご馳走
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20465798.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20465129.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20464424.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20464031.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20463066.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_20474251.jpg
共生を知る教育旅行、進藤俊彦 古民家「孫太郎」オーナー_c0075701_19275229.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-07-29 21:02 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
厩焚けたり
厩焚けたり、

子、朝より退きて曰く、

人を傷(そこ)なえりや、と、

馬を問わず。


❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
厩焚けたり_c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

厩焚けたり_c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
厩焚けたり_c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。



厩焚けたり_c0075701_2302537.jpg


厩焚けたり_c0075701_2302086.jpg

厩焚けたり_c0075701_06112766.jpg
厩焚けたり_c0075701_06112010.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

厩焚けたり_c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

厩焚けたり_c0075701_20122397.jpg
ある時、孔子の家の馬屋が焼けた。

役所から帰った孔子は尋ねた。

「人に怪我はなかったか」と。

その場では馬については尋ねなかった。

(孔子は人間を第一に考える人であった)

論語抄 史跡足利学校より


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-03-04 15:28 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
憤せざれば啓ぜず
子曰わく、

憤せざれば啓ぜず、

悱せざれば発せず。

一隅を挙ぐるに、

隅を以て反さざれば、

則ち復たびせざるなり。

❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
憤せざれば啓ぜず_c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

憤せざれば啓ぜず_c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
憤せざれば啓ぜず_c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。



憤せざれば啓ぜず_c0075701_06115766.jpg
憤せざれば啓ぜず_c0075701_06112766.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

憤せざれば啓ぜず_c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

憤せざれば啓ぜず_c0075701_20122397.jpg

孔子が言った。

私は、学問に対して、

奮い立つほどの情熱を持たないものには、

教え導くことはしない。

また、わかっていながら、それを口に出せないで、

もどかしく思うほど積極性を示さない者のも、

教えることはしない。

 さらに、例えて言えば、

四角の一隅について教えてやった場合、それを基にして、

それを更に自分なりに押し広めた

他の三つの隅についてまで、

自分から進んで返答して来ないようでは、

重ねて教えることはしないだろう。



論語抄 史跡足利学校より




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2019-01-21 06:59 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
子、四つを以て敎う
子、

四つを以て敎う、

文・行・忠・信。


❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
子、四つを以て敎う_c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

子、四つを以て敎う_c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
子、四つを以て敎う_c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。


≪学校門をバックに及第証を掲げる孫≫
足利学校 全国論語研究会の素読吟味(※)にて及第
※:論語の暗唱テスト
2014年 小学1年生 1回目及第
2015年 
小学2年生 富士山登頂
2016年 小学3年生 2回目及第(下記写真)
2017年 小学4年生 3回目及第(下記写真)により論語博士を受領

<2回目及第>

子、四つを以て敎う_c0075701_2302537.jpg


子、四つを以て敎う_c0075701_2302086.jpg
<3回目及第し、晴れて論語博士>
博士証書は後日、東部小学校で校長?より受領
子、四つを以て敎う_c0075701_06115766.jpg
子、四つを以て敎う_c0075701_06112766.jpg
子、四つを以て敎う_c0075701_06112010.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

子、四つを以て敎う_c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

子、四つを以て敎う_c0075701_20122397.jpg


孔子は、

主として四つのことを教えた。

一つは文(学問)、

二つは行(実践)、

三つには、忠(誠実)、

四つには、信(信義)である。


論語抄 史跡足利学校より



≪素読吟味(論語の暗唱テスト)を

孫が受験≫
子、四つを以て敎う_c0075701_2283837.jpg
史跡足利学校発行の『論語抄』の中から5章を暗唱していただきます。できた方には「及第証」を差し上げます。
また、素読吟味を3度以上及第(合格)した方には、「論語素読博士」の称号を授与します。
1.実施日:平成28年8月11日(木)午前10時~
2.会 場:史跡足利学校 書院
3.対 象:小学生・中学生

≪孫が暗唱した『論語抄』の中からの5章≫
平成29年論語素読博士を受領した際の暗唱テストで選んだ5章。

子、四つを以て敎う_c0075701_2222244.jpg


子、四つを以て敎う_c0075701_2239227.jpg

子、四つを以て敎う_c0075701_22384852.jpg

子、四つを以て敎う_c0075701_22381223.jpg

子、四つを以て敎う_c0075701_22374419.jpg

子、四つを以て敎う_c0075701_2237947.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-02-11 08:54 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
賢を見ては斉しからんことを思い
子曰わく、

賢を見ては

斉(ひと)しからんことを思い、

賢を見ては内に自ら省みる。

❝足利学校の歴史❞

 諸説がありますが、歴史が明らかになるのは、上杉憲実(室町時代)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、痒主(学長)制度を設けるなどして学校を再建したころからです。
 鎌倉建長寺住持の、玉隠永璵は、長亨元(1487)年の詩文の中で「足利の学校には諸国から学徒が集り学問に励み、それに感化されて、野山に働く人々も漢詩を口ずさみつつ仕事にいそしみ、足利はまことに風雅の一都会である」と賛美しております。
 また天文十八(1549)年にはフランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介され「学徒三千」といわれるほどになりました。

   
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_925067.jpg

            

         <入徳門>

足利学校に入る最初の門で、
寛文8年(1668)の創建ですが、
天保2年(1831)鑁阿寺安養院の火災により焼失、
同11年(1840)頃修築。その後明治の中頃に
移転修築したと伝えられています。

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_20113836.jpg

          
<孔子像>
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_20113959.jpg
          <学校門>

足利学校に入る2番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
足利学校のシンボルとして、
江戸、明治、大正、昭和そして平成へと
継承されています。


≪学校門をバックに及第証を掲げる孫≫
足利学校 全国論語研究会の素読吟味(※)にて及第
※:論語の暗唱テスト
2014年 小学1年生 1回目及第
2015年 
小学2年生 富士山登頂
2016年 小学3年生 2回目及第(下記写真)
2017年 小学4年生 3回目及第(下記写真)により論語博士を受領

<2回目及第>

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2302537.jpg


賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2302086.jpg
<3回目及第し、晴れて論語博士>
博士証書は後日、東部小学校で校長?より受領
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_06115766.jpg
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_06112766.jpg
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_06112010.jpg

<杏壇門>
足利学校に入る3番目の門で、
寛文8年(1668)の創建。
明治25年(1892)に、町の大火飛び火により屋根門扉が焼け、同三十年代に再建。

杏壇:孔子が弟子たちを教えたところに、杏の木が植えられていたことに由来しています。

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_238888.jpg
<孔子坐像>

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_20122397.jpg
 
  孔子
言った。

 優れた人物を見たら、

自分も、その人物と同じようにありたいと思い、

劣った人を見たら、

自分にも、その人と同じような所はないか、

反省してみることだ。

論語抄 史跡足利学校より


≪素読吟味(論語の暗唱テスト)を

孫が受験≫
賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2283837.jpg
史跡足利学校発行の『論語抄』の中から5章を暗唱していただきます。できた方には「及第証」を差し上げます。
また、素読吟味を3度以上及第(合格)した方には、「論語素読博士」の称号を授与します。
1.実施日:平成28年8月11日(木)午前10時~
2.会 場:史跡足利学校 書院
3.対 象:小学生・中学生

≪孫が暗唱した『論語抄』の中からの5章≫

平成29年論語素読博士を受領した際の暗唱テストで選んだ5章。

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2222244.jpg


賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2239227.jpg

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_22384852.jpg

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_22381223.jpg

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_22374419.jpg

賢を見ては斉しからんことを思い_c0075701_2237947.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2018-02-06 19:42 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
史跡 湯島聖堂・・・6
~史跡 湯島聖堂・・・6~

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9175764.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9161070.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9151760.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9145874.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9144830.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9143912.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9135699.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9134694.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9133396.jpg

史跡 湯島聖堂・・・6_c0075701_9132213.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-01-17 07:04 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
川の上(ほとり)に在りて曰く
、川の上(ほとり)に在りて曰く、

逝くものは斯くの如きかな。

昼夜を舎(お)かず。
 
川の上(ほとり)に在りて曰く_c0075701_20113836.jpg


川の上(ほとり)に在りて曰く_c0075701_20113959.jpg

川の上(ほとり)に在りて曰く_c0075701_20122397.jpg
 孔子が、川の岸辺に立って言った。

昼も夜も、一瞬もとどまることなく流れ続ける、

この川のように学問もまた、そうでなければならない。

論語抄 史跡足利学校より

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-01-10 08:34 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)
8月限定「足利学校くいず」に当選

~8月限定「足利学校くいず」に当選~


 おめでとうございます♪

 8月限定「足利学校くいず」に参加・ご応募いただき、ありがとうございました。
 厳正な抽選の結果、あなたが当選いたしましたので、景品をお送りします。
・・・・
のお手紙と景品の「論語義疏」を頂きました。
有難うございました。
8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_189447.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_1894130.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_1893732.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_1893557.jpg


 
【2016.8.11】

~日本最古の学校 史跡足利學校へ・7~
8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_195840.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_195059.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_194671.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_193096.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_19192.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_191673.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_1977.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_19558.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_19253.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_185330.jpg




~日本最古の学校 史跡足利學校へ・3 ~

 孫が足利学校論語検定・素読吟味(論語の暗唱テスト)受検すると言うので、足利市の 足利市生涯学習センターそして、足利学校を参観する。
 8月11日(木)・山の日、5:45出発、足利學校到着9:15で所要時間は3時間30分。東北自動車道は今日が帰省客のピークで下り車線は時折渋滞していた。帰りは渋滞に巻き込まれることを覚悟で高速に入る前に水と食料を購入。高速道から普通道へ、普通道から高速へ、更に須賀川から再び普通道へと渋滞情報を確認しながら走行する。帰りは14:00出発で20:00自宅着。所要時間は6時間。

≪素読吟味(論語の暗唱テスト)に孫が合格≫
一昨年に続き2回目(昨年は受験せず)
8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2221186.jpg


≪学校門をバックに及第証を掲げる≫
8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2302537.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2302086.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2301745.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2301389.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_2301086.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_230541.jpg

8月限定「足利学校くいず」に当選_c0075701_230362.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
by ykkyy | 2016-10-26 18:11 | 教育・道徳・論語・勅語 | Trackback | Comments(0)