人気ブログランキング |
米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
朝食、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
工学部正門の塀の新築
人望、徳
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー・横浜
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食・夕食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治、経済
城、公園&文化・観光施設、五輪、万博
地球環境
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画・テレビ
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
記念樹、建物設立
テニス、スキー、水泳、ゴルフ、スポーツ
日の出 日の入り
鎌倉 江の島 下田 熱海 伊豆半島 三浦
重文・米沢高等工業学校館長より愛をこめて
未分類
以前の記事
最新のコメント
あなたの知らない日本史を..
by omachi at 20:32
昨日(1月17日)は理事..
by シライシユウイ at 17:34
先日は、お忙しい中 見学..
by 木村 at 22:24
Здесь вы мож..
by Neoorom at 15:55
お世話になりました齋藤で..
by saito at 20:57
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 117 )   > この月の画像一覧
岡崎勝利さんが退職のご挨拶に

~岡崎勝利さんが退職のご挨拶に~

◇きょう、午前中に岡崎勝利さんが退職のご挨拶に来訪される。私は先日の送別会でご挨拶しましたので、事務局の女性3人とのお別れのご挨拶されておりました。先生は昭和39年に精密工学科技術員として勤務される。平成19年から機械システム工学科に勤務されております。工学部の研究と教育の発展にご尽力されました。平成19年に「液体を入れた積層複合殻の振動現象に関する研究」で東北大学から学位を取得されております。

《岡崎勝利先生》
岡崎勝利さんが退職のご挨拶に_c0075701_20342616.jpg


《3人の女性に囲まれて緊張気味の岡崎先生》
岡崎勝利さんが退職のご挨拶に_c0075701_20353493.jpg


by ykkyy | 2010-03-31 20:35 | 工業会トピックス | Trackback | Comments(0)
米沢市役所猪俣学園都市推進室長が市川雄太主事と来訪される

~米沢市役所猪俣学園都市推進室長が市川雄太主事と来訪される~

◇昨夕、米沢市役所 企画調整部総合政策課 課長補佐兼学園都市推進室長 猪俣 郁子氏
と米沢市役所 企画調整部総合政策課 主事 市川 雄太氏ガ来訪され、市川氏が人事異動なされ職場が変わられたとの挨拶でした。市川主事にはワーキング委員会やセカンドホーム事業で大変お世話になりました。新しい職場での益々の御活躍をご祈念申し上げました。
米沢市役所猪俣学園都市推進室長が市川雄太主事と来訪される_c0075701_12191518.jpg
 撮影:2009.8.8
by ykkyy | 2010-03-31 19:39 | 工業会トピックス | Trackback | Comments(0)
鯖と牛蒡炒めお弁当

~鯖と牛蒡炒めお弁当~

◇ 昨夜10時25分~NHK教育テレビ「歴史は眠らない・桜と日本人、平安の美と伝統」を観る。
「花といえば桜」と言われるようになったのは平安時代。桜の美を確立したのが「古今和歌集」の登場だ。奈良時代の万葉集では、花と言えば梅だった。花の代表が梅から桜に変わったのは、日本が独自の文化を確立しようとした時期と重なる。桜が散る姿に人の世のはかなさをなぞらえた歌が多く収められたのが「古今和歌集」だ。

◇桜を多く詠んだ西行の「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」。あと2週間ぐらいで米沢にも本格的な春がやってくる。桜が咲くのが楽しみだ。

《昨年の松が岬公園の桜》
鯖と牛蒡炒めお弁当_c0075701_7584740.jpg


《昨夜の望月》
鯖と牛蒡炒めお弁当_c0075701_805362.jpg


《さば缶詰と牛蒡炒め、お弁当》

メイン:さば缶詰&炒め(牛蒡、人参、ハス、ソーセージ、カボチャ)オクラ添え
サ ブ:かっぱ竹輪
漬 物:人参とキュウリの三五八漬け
サラダ:生キャベツ
ご飯の部:昆布入りご飯になつめ&梅干添え
フルーツ:りんご
鯖と牛蒡炒めお弁当_c0075701_12481715.jpg

by ykkyy | 2010-03-31 08:01 | 朝食、昼食、夕食 | Trackback | Comments(0)
ユニチャーム会長・高原 慶一朗氏に学ぶ・・・その1

~ユニチャーム会長・高原 慶一朗氏に学ぶ・・・その1~

◇私の履歴書(日本経済新聞連載)を毎朝、散歩から帰って読むのが楽しみだ。3月はユニチャーム会長・高原 慶一朗氏だ。今日が最終回になってしまった。

【のちにはみとれ】

◇子供の、人間の人格形成には母親(産みの母親でも、育ての母親でも、或いは母親代わりの父親でも、祖父母でも)の躾が如何に大事かを学ぶ。
・早生まれの小柄なガリ勉はいつの間にかいじめの対象になっていた。小学校からの下校途中にいじわるされ、泣きながら家に駆け込んでも母は慰めてくれずに、突き放して言った。「男が泣いて帰ってくるようなみっともないことはするもんやない。こう言い返しい『のちにはみとれ』と」。
・普段は優しい慈母だったが、弱気なところや甘えがでると厳しく躾けた。

● いじめられる度「のちにはみとれ」の言葉が小声から大声になった。彼等に復讐をするためでなく、人間として大きくなって見返してやる決意だった。彼等にもそれがわかり、いじめはなくなった。「のちにはみとれ」はあだなになり、私に人生そのものであると、氏は述懐されている。

《弥生も末、今朝の吾妻連峰》
ユニチャーム会長・高原 慶一朗氏に学ぶ・・・その1_c0075701_71295.jpg

ユニチャーム会長・高原 慶一朗氏に学ぶ・・・その1_c0075701_713767.jpg

by ykkyy | 2010-03-31 07:13 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
びゅうプラザ米沢駅の会津和彦・支店長が転任のご挨拶に

~びゅうプラザ米沢駅の会津和彦・支店長が転任のご挨拶に~

◇ 夕方、びゅうプラザ米沢駅の会津和彦・支店長が転任のご挨拶に来訪なされる。支店長会津様には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。新任の貝沼安造・新支店長がご一緒にご挨拶に参られました。今年は母校の100周年の記念の年なので何かとお世話になりますので宜しく御願いしますと申し上げました。 


《会津和彦・支店長様(左)と貝沼安造・新支店長様》
びゅうプラザ米沢駅の会津和彦・支店長が転任のご挨拶に_c0075701_222186.jpg

by ykkyy | 2010-03-30 22:21 | 工業会トピックス | Trackback | Comments(0)
どうする日米、「識者」から学ぶ・・・その16

~どうする日米、「識者」から学ぶ・・・その16~

◇『日米安保50年、同盟を考える ③』(日本経済新聞 2010.3.29)より
・米国と密接な同盟・協力関係にある国々に有識者に聞く
・冷戦終結後の国際環境の変化に伴い、安全保障政策で岐路に立つ国は日本以外にもある。

≪比デラサール大名誉教授から学ぶ≫

<米国とフィリッピンの関係>

◇米西戦争後の1901年からフィリッピン統治を開始。第2次世界大戦中の1時的日本軍占領を経て、比独立後もクラークとスピックを国外最大級の基地とし、ベトナム戦争でも大きな役割を担わせた。
◇米軍は1992年に撤退するも、2001年の米同時テロ後は、米軍がイスラム武装勢力掃討を理由に事実上駐留している。

<フィリッピンから米軍が撤退後の米比関係は>

◇米国から見たフィリッピンの軍事的重要度は低下したが(1時的な米軍入国を容認する)1999年批准の訪問米軍の地位協定(VFA)は継続している。

<米国はフィリッピンを対テロ戦の重要拠点と位置づけしている>

◇人口の5%の500万人のイスラム教徒を抱え、過激派が活動を続けている。米国が重視するのは当然で、VFAは武装勢力ににらみを利かせる根拠となっている。訪問であって常駐はしていないという米軍見解は実態と乖離して、見直しが必要かもしれない。

<日米関係の影響は>

◇ 日米関係は安全保障だけではないし、両国だけの問題にも留まらない。ASEANにとって、長年の信頼できる相手は日米だということを思い返してほしい。


《海の平和のためにも抑止力として日米安保が必要》
どうする日米、「識者」から学ぶ・・・その16_c0075701_2020348.jpg

by ykkyy | 2010-03-30 20:21 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
いわしの蒲焼&山菜煮お弁当

~いわしの蒲焼&山菜煮お弁当~

◇ 昨夜降って薄っすらと道路が透けて見える程度積もった道を散歩する。今朝は久し振りに長靴を履く。道路は凍結していた。花笠踊りほど優雅でないが、阿波踊り風のおどりの練習となるも転ばず。横断歩道の白線や止まれの表示の箇所が特に滑る。車の来ないのを確認して止まれの文字の上を足を置いたら、風の盆恋歌の踊りのように優雅な身体の動きとなる。


● 『働く』とは『はたを楽にしていく』ことと、山本七平氏は著書「勤勉の哲学」で述べられている。
『食べる』事は、『働く』ために身体にエネルギーと各器官のメンテナンスに必要な栄養を与えることになる。私は今まで余りにも身体に過剰な栄養とエネルギーを与えすぎたのかもしれない。問題は、食欲を掌る脳に教え込む事が出来ないで居た。脳を活性化するには、もっと栄養を与えなければ、今、ドラ焼きを食べたがっているので、食べさせなければ・・・・・何か変な論理となってしまった。まずは、昼ごはんを食べえよう。

◇ 昼ご飯は、来客等で13時30分過ぎになる。

◇ 朝は冬、昼は春、夜は?の天候です。

≪いわしの蒲焼&山菜煮、お弁当≫
メイン:いわしの蒲焼&山菜の煮物(ワラビ、アザミ、人参、竹輪、糸コン)
サラダ:キャベツ、ミニトマト
漬 物:人参ときゅうりの三五八漬
フルーツ:りんご
ご飯の部:5分付き昆布入りご飯に海苔と鮭フレークふりかけ
いわしの蒲焼&山菜煮お弁当_c0075701_15344664.jpg


by ykkyy | 2010-03-30 08:21 | エッセイ・日記 | Trackback | Comments(0)
働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その2


~働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その2~

 古事記には天照大神は機織りをしていたと言う記述がある。日本では古来より神様も働いていたのである。

 「お天道様に申し訳ない」という、これまで多くの日本人の根底を支えていた言葉と意識は、おそらく、この天照大神の逸話と無縁ではない。

 江戸初期、武士から出家し禅僧になった鈴木正三は、仕事に追われて仏道修行が出来ない人々に、わざわざ仏行などしなくていい、自分の仕事に精を出すことが、そのまま仏行になる、と説いた。

 仕事を単なる苦役として捉えるのではなく、仕事に勤め勤しむことを通じて、自分を磨き高めてゆく、そして『はたを楽にしていく』という考えである。

 世界に誇るべきこの勤勉の哲学の美風を伝えたい。


勤勉の哲学 山本七平著 より

働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その2_c0075701_6454079.jpg

by ykkyy | 2010-03-30 06:45 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その1

~働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その1~

◇アダムとイブは神が創ったエデンの園で、あらゆる果実の木を与えられ、何不自由なく暮らしていた。その中に、この木の実だけは絶対に食べてはいけないと言われていた禁断の身があった。それを二人が食べて、エデンの園を追放される。

◇ そのとき、神は二人に、「お前たちは一生苦しんで、地から食べ物をとり、額に汗してパンを食べ、ついに土に帰るだろう」と宣告する。

◇旧約聖書にあるこの有名な話は、西洋人の仕事に対する考え方を如実に物語っている。
 働くことは彼らにとって、罪を犯したことの罰なのである。
 
◇「労働」のことを英語で「labor」,フランス語では「travail」。辞書を引くと、「苦役」「拷問の時に使う道具」の意がある。
 ひるがえって、日本はどうか。

 勤勉の哲学 山本七平著 より

働くと言うこと「勤勉の哲学」・・・その1_c0075701_20172044.jpg

by ykkyy | 2010-03-29 20:17 | 学ぶ・知るを楽しむ | Trackback | Comments(0)
ぎゅっと健康、お弁当

~ぎゅっと健康、お弁当~

◇今日も、小雪が降ったり、止んだり、青空が見えたり、曇天になったり、繰り返している。〇〇の心と秋の空と言われているが、最近の米沢の天候は、秋の空の変化以上の七変化の空だ。

《昨夜降った雪が薄っすらとベンチを白く塗り替えている》
ぎゅっと健康、お弁当_c0075701_12561654.jpg


《雪が恋の中のベンチは、化粧せず》
ぎゅっと健康、お弁当_c0075701_12564058.jpg


≪ぎゅっと健康、お弁当≫

メイン:ひじき煮(ひじき、人参、牛蒡、油揚げ、竹輪、高野豆腐、糸コン)
サ ブ:2本のウィンナー・ソーセージ、人参の三五八漬、きゅうり
サラダ:キャベツ、ミニトマト1個、りんごの甘露煮(味噌になり、熟しすぎたりんごが材料)
ご飯の部:昆布入り5分つきご飯に、梅干、なつめ、生姜味噌漬け添え
ぎゅっと健康ドリンク:ヤクルト、紫蘇・赤シソエキス(赤シソ葉約20枚分の赤シソエキスを配合)
ぎゅっと健康、お弁当_c0075701_12573314.jpg

by ykkyy | 2010-03-29 12:58 | 朝食、昼食、夕食 | Trackback | Comments(0)