米沢より愛をこめて・・
ykkyy.exblog.jp

米沢から発信・・米沢の四季ほか
カテゴリ
全体
敬愛と感謝をこめて
大学&工業会の温故知新
エッセイ・日記
お弁当、昼食、夕食
学ぶ・知るを楽しむ
語りかける花・はな・ハナ
工業会トピックス
母校トピックス
孫育て・子育て
重要文化財・旧米沢高等工業学校名誉館長
帝人
菅原和雄氏ご寄付の近代文明機器
桜&若葉
EV・FCV(燃料電池車)、次世代乗り物
AI、フィンテック&頭・脳・心、IoT
ユーモア、アイロニー、ウィット
この世を生きる言葉の旅
俳句・短歌・川柳
社会・企業が求める人財像
青春
人情の機微
次世代を担う後輩へ
好きな言葉
米沢賛美
セレンディピティーについて
旅・温泉・海・山・高原
美味いもの
大学情報・秋入学
紅葉・黄葉
100周年記念会館建設
百周年記念会館
コミュニケーション
さくらんぼ、メロン&特産品
石碑 文学の道
創造力
お気に入りの風景
教育・道徳・論語・勅語
伊勢神宮・鳥羽・紀伊
東京名所・東京スカイツリー
大阪・神戸・広島・呉
小説を読んで
京都・奈良
大宰府、宇佐、神社・仏閣
まちづくり・地元の話題
南極と宇宙
ホテルの窓から庭からの風景
雲、雨、天気
ホテル&旅館の朝食・昼食
健康・安全
楽しことはいろいろ
政治
地球環境
城、公園&文化・観光施設
光、照明、明かり、灯かり
幸福
科学
映画
雲海線、水平線、湖水線、地平線
有機EL・ロボット・バイオ
名古屋・東海地方
教育・道徳・論語・勅語
東北の市町村
四国
グローバル化
連絡
大学・学校の建築
落語
博物館、美術館、文化財、建築物、構造物、
吉本隆明
未分類
以前の記事
最新のコメント
お忙しい中でも丁寧にご説..
by ありがとうございました! at 21:26
>ダリア園 水不足が影..
by 名無しの市民 at 03:54
山崎名誉館長様 昨日(..
by 菅野昭義 at 08:27
Whoa lots..
by Gerrylok at 03:59
山崎理事長さま、 本日..
by 樋口 at 19:43
先日はご案内頂き有難うご..
by 赤澤誠司 at 13:17
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 11:43
管理人さま  中野..
by 中野 at 16:19
わたくしたちが製作させて..
by 山口 at 20:07
懐かしくブログ拝見しまし..
by しみず公園に住んでいた者 at 21:29
検索
ブログパーツ
0円ではじめる健康法
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 04月 ( 404 )   > この月の画像一覧
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・24
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・24~

 米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>
c0075701_17205828.jpg



c0075701_17205483.jpg



c0075701_17205298.jpg



c0075701_17205063.jpg



c0075701_1720471.jpg



c0075701_17204573.jpg



c0075701_17204274.jpg




桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 20:46 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・23
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・23~

 米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_17143780.jpg



c0075701_1714354.jpg



c0075701_17143322.jpg



c0075701_17143046.jpg



c0075701_17142876.jpg



c0075701_17142663.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 20:43 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・23
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・23~

 米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_17143780.jpg



c0075701_1714354.jpg



c0075701_17143322.jpg



c0075701_17143046.jpg



c0075701_17142876.jpg



c0075701_17142663.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 20:40 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・22
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・22~

 米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_1774898.jpg



c0075701_1774720.jpg



c0075701_1774490.jpg



c0075701_1774239.jpg



c0075701_1774094.jpg



c0075701_1773760.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 20:37 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・21
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・21~

米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_16592759.jpg



c0075701_16592570.jpg



c0075701_16592190.jpg



c0075701_16591899.jpg



c0075701_16591583.jpg



c0075701_16585743.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 20:35 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・20
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・20~

 米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_1649451.jpg



c0075701_1649172.jpg



c0075701_16485970.jpg



c0075701_16485762.jpg



c0075701_16485547.jpg



c0075701_16485421.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る

<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 19:49 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・19
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・19~

米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_164278.jpg



c0075701_1642532.jpg



c0075701_1642272.jpg



c0075701_16415978.jpg



c0075701_16415796.jpg



c0075701_16415545.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 19:47 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・18
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・18~

米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>


c0075701_16292057.jpg



c0075701_1629167.jpg



c0075701_16291530.jpg



c0075701_16291313.jpg



c0075701_16291148.jpg



c0075701_1629919.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 19:45 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・17
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・17~

米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋から古城橋へ>
c0075701_16172323.jpg



c0075701_16172133.jpg



c0075701_16172043.jpg



c0075701_16171751.jpg



c0075701_16171414.jpg



c0075701_16171414.jpg



c0075701_16171157.jpg


桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 19:43 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)
春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・16
~春爛漫・角館の桜・ソメイヨシノは満開・・・16~

米沢からみちのくの小京都と呼ばれる角館へ向かう。
 角館の玉川の堤防に咲くさくらを見、桧木内川堤のさくら並木遊歩道をそぞろ歩きする。
武家屋敷の通りの枝垂れさくらは数日遅かった、と言うことはソメイヨシノは満開だった。


≪桧木内川堤のさくら並木遊歩道≫

<横町橋へ、内川橋から歩く>
c0075701_166423.jpg



c0075701_166272.jpg



c0075701_1655844.jpg



c0075701_1655624.jpg

<横町橋から古城橋へ>
c0075701_1655322.jpg



c0075701_1655147.jpg




桜咲く

桧木内川

風光る


<桜を詠んだ和歌>

世の中に 絶えて桜の なかりせば

       春の心は のどけからまし


                 在原業平

ひさかたの光のどけき春の日に 

       しづ心なく花の散るらむ

                  紀 友則

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ 

        そのきさらぎの 望月のころ

                   西行

桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと 人は言へど、

         我れは寂しも 君としあらねば

                   大伴池主

匂へどもしる人もなき桜花 

          ただひとり見て哀れとぞ思ふ

                    慶政上人

<桜を詠んだ句>

さまざまな事 思い出す 桜かな

              松尾芭蕉

よるとしや 桜のさくも 小うるさき

               小林一茶

散る桜 残る桜も 散る桜

        良寬和尚の辞世の句

手まくらの夢はかざしの桜哉  

               与謝蕪村

西行の 桜になりし 月夜かな

               正岡子規



≪花見は私たちの心のルーツを感じるときでもある≫

 新・心のサプリ:海原純子氏(心療内科医)
毎日新聞 2013.4.14 より

 日本人は桜を見るとき、花だけを見るのでなく、そこから何かを感じているのだろう。
 人生、あと何回桜を見られるのだろう。あと何回今一緒にいる家族や友人と花見ができるのだろう。こうした思い、今このひとときを大切にいとしく思う気持ちが私たちの花見にこめるのものだと感じる。
 海原純子氏は東山魁夷氏の次の著書から日本人の花を美しいと思う心のうちを引用している。

【東山魁夷著:「日本人の美を求めて」より】

 「花を美しいと思う心の底には、お互いの生命をいつくしみ、地上での短い存在の間に巡り合った喜びが、無意識のうちにも、感じられているに違いない」
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へにほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

by ykkyy | 2018-04-30 19:41 | 桜&若葉 | Trackback | Comments(0)